スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンプ、散る・・・! 宇宙戦隊キュウレンジャー 第16話感想

20170528_213153.jpg




宇宙戦隊キュウレンジャー 第16話「スティンガー、兄との再会」 の感想です。






チャンプゥゥゥーーー(泣)!!


20170528_212914.jpg
20170528_212835.jpg
20170528_213013.jpg
20170528_213059.jpg




前回の東映プロダクションノートで「物語のラストには、今世紀最大級の衝撃が待っています」と予告されていたので覚悟はしてたけど、それでもこの展開はキツすぎる・・・。 ここまで凄絶なメンバー途中退場は、ワタシ的には超電子バイオマンのイエロー死亡以来じゃなかろうか(古い)。

「兄貴しかいないなんて言うんじゃねえ・・・。吾輩がいるじゃねえか、相棒!」

死の間際にチャンプがスティンガーにかけた言葉にオッサンワイ、泪が止まらない。

20170528_213125.jpg




コイツ。コイツよ。もうコイツが全部悪い。弟の純真な心を嘲笑い、チャンプを破壊したスコルピオ!いくら仮面ライダー鎧武の時に弟にさんざんひどい目にあわされたからって、ひどすぎるよニーサン!顔怖いよニーサン!でも毒脚キック悔しいけどすげえかっこいいよニーサン!

20170528_212106.jpg




おかげでスティンガーは信じていた兄に裏切られ、自分のせいでチャンプを失い、アルゴ船のことまでバラしてしまって、もうメンタルボロボロ。ショウ司令の「少し頭を冷やせ!」の一喝が泣けた。ショウ自身も自分の過失でビッグベアを失った過去があるもんなあ。それにしてもスティンガー、ほんとこの先一歩間違えればアナキンみたくダークサイド堕ちしそうなんだが大丈夫なのか。ただいま研修中の小太郎くんが後々スティンガーを救う鍵となるんだろうか。

20170528_211819.jpg
20170528_213321.jpg




でもスコルピオが最初から力こそ正義な自己中兄貴だったのか、といわれるとなんとも言えないんだよなー。スティンガーと別れた時は本気で宇宙のために、弟のためにジャークマター打倒を目指してたのが、ドン・アルマゲに捕らえられ洗脳されたことで今の性格になった可能性もある(そうなるとスティンガーがますます可哀想・・・) それにドン・アルマゲに脅されて自分の同胞を滅ぼしたこと、それにチャンプの生みの親であるアントン博士がジャークマターの人間だったことなど、フェイクの中に真実が含まれてそうな部分もあるのが気になるトコロ。

20170528_212046.jpg
20170530_211028.jpg




兄の口笛に乗せて、歌う弟。この時までは平和だったんやけどなあ・・・。それにしてもスティンガー、歌うまいな。それもそのはずでスティンガーを演じている岸洋佑くんはもともと音楽活動をメインに活動していた人で、しかも東映公式サイトによると、このシーンで披露した歌は岸くん自身が作曲したものだそうな。今回のスティンガーの演技も素晴らしかったし、才能与えすぎじゃないか神様。

20170528_211730.jpg




あーん、マーダッコちゃんが死んだ!と思ったらエロダコとなって三度目の復活!声優さん大変だな(笑) 見た目はあんななのに、動きでセクシーに見せちゃうスーツアクターさんの演技もナイス。それにしてもマーダッコやラプターちゃんといい、キュウレンジャーは生身の人間よりも着ぐるみの方がエロいというのはどういうことだ(おいハミィちゃんの立場は)。 子供と一部の大人に特殊な性癖を植え付けてどうしたいんだ。けしからん。もっとやれ!

20170528_211123.jpg
20170528_211247.jpg




ともあれチャンプとスティンガーは再び戦線離脱。こんな重い展開からのEDのキュータマダンスはなかなか感情のやり場に困りましたが(笑) メンバーの離脱や別々のグループに分かれての同時進行など、メンバーの多さを生かしたドラマ作りが増えてきて、キュウレンジャーならではの個性や魅力がかなり出てきてイイ感じです。またスティンガー以外にも、ラッキーやナーガ、スパーダも重い過去を背負ってそうで、今後もヘビーな展開が待ってそうで楽しみでもあり、胃が痛くもあり。

20170528_213436.jpg




今回カッコいいワイヤーアクション(?)を見せていたバランスとガルが、次回はメインを張るようです。なんかシシレッドがまた変なフォームになってたけど、どうなることやら。

20170528_212444.jpg
20170528_212527.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

この回は、何回見てもキツかった… 

こんばんは。ラブリカオバハンです。
この回はかなり衝撃的だったので、エグゼイド記事のコメントの後に書き込みしようかと思ったら、知恵熱出て頭がショートしておりました。


この回を3回見返しましたが、見れば見るほど、心がどんよりする回でしたね…
血を分けた兄弟で、こんな仕打ちある!?とばかりに、トドメはチャンプがやられるとは…

レンジャーが途中退場の展開なんてありなの!?と思ったら、過去にもあったとウツロメさんの解説があり、子供の番組やのに結構ハードなんやなぁと、思わずにはいられず。

チャンプの仇を取りに行く!とスティンガーが行こうとした時のショウロンポー総司令の「頭を冷やせ!」は、本当にグッとくるものがありましたね。
子供の頃の私が見たら、ショウロンポー総司令の意見に対して「何で!?」とモヤモヤしそうですが、良いおばさんになると彼の言葉の深さに突き刺さるのも、自分がその分歳をとったんだなぁとか、子供番組だからこその別の見方も、私にはありました。


ウツロメさんはラプターちゃん派ですが、私はショウロンポー総司令が好きですね。
おふざけ感たっぷりで総司令ぽくないけど、ここぞという時は心を突く台詞を言う所に、ショウロンポー総司令の齢の重ね方を感じる。
でも、ショウロンポー総司令はビッグベア総司令いてこそのキャラ確立とか思うと、深い設定ですね。
後は、マーダッコもいいキャラ出してますね〜!
最初のSMマーダッコも良かったけど、不二子ちゃんマーダッコもなかなか!

キューレンジャーも、これから見逃せませんね!

Re: この回は、何回見てもキツかった… 

> ラブリカオバハン様

コメントありがとうございます!

この回は本当に衝撃でしたね。
どちらかというとコメディよりだったキュウレンジャーで、まさかこんな展開が!とビックリしました。
いまやスティンガーとスコルピオが、キュウレンのダークサイド担当になっちゃいました。

ラプターちゃんは好きですが(笑)、ショウ司令も好きですよー。
普段おちゃらけてつかみどころがないけど、いざというときにはしっかり締める。
シティーハンターの冴羽獠や、パトレイバーの後藤隊長など、昔からそういうキャラに弱いんです。
この回のショウの「少し頭を冷やせ!」が実は自分が一番涙腺にきたシーンでした。
ほかにもチャンプやガル、バランスも、みんな着ぐるみじゃなく1人のキャラとして見ちゃってます。
もちろんマーダッコも(关)
キュウレンジャーはみんなキャラが立ってて楽しいですね。




ギャップ萌えというやつですね。 

シティハンターの冴羽りょう(漢字の変換が見つけられなかった)は、私も好きでしたね〜!
ギャップ萌えってやつですね。
冴羽りょうのどストレートにスケベ心を表現したのをテレビアニメで見たときは、幼心の私がかなり衝撃を受けたからという理由もありますが(笑)
キューレンジャーはあんなに登場人物がいるのに、キャラが立たせるのが凄いですよね!
最初は着ぐるみキャラに違和感があったけど、それも気にならないくらい見入ってしまいますね!
着ぐるみの中の人の動きと声優さんの声で、絶妙なまでにキャラ立ちさせてるからでしょうね〜。
戦隊の着ぐるみといえば、キューレンジャーのスーツアクターさん達の動きもカッコ良くて好きなんですよ!
特に、OPの戦闘シーン。特にガルは、狼ぽっさが良く表されてて良い!

戦隊物は色んな要素を別の角度から見て楽しめるので、一回の回を何回見ても楽しめますね。

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1346-13b60c88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。