仮面ライダーオーズ 最終話(48話) 感想

ついに本日8/28に最終回を迎えた、仮面ライダーオーズ。

まさに文句無しの、感動と涙の完結編でした。

それでは1年間楽しませてくれた感謝を込めて、まいりましょう。

最終話「明日のメダルとパンツと掴む腕」!



P1010248.jpg




続きを読む
スポンサーサイト

仮面ライダーオーズ 第47話 感想

いよいよ明日8/28に最終回を迎える仮面ライダーオーズ。

前記事から引き続き、今回は第47回 「赤いヒビと満足と映司の器」。

暴走してグリードとなった映司と戦うアンク。
アンクの必殺火炎攻撃を映司にくらわそうとするが、
そのとき、これまで映司と共に戦ってきた思い出、
そして映司の「ありがとう」が脳裏に浮かび、
攻撃を躊躇してしまう。

「なにがありがとうだ!
 オマエをオーズにするんじゃなかった!」

2011082751.jpg


「力が欲しいなら、こんな程度で暴走してんじゃねえ映司!!」
アンクの至近距離からの攻撃で映司を吹き飛ばす。

2011082752.jpg




続きを読む

仮面ライダーオーズ 第46話 感想

いよいよ明日8/28日で最終回を迎える仮面ライダーオーズ。

最終回目前なので、関西でようやく放送された第46話と47話を
まとめて振り返っておこうっと。

まずは名シーンの連続だった、第46話「映司グリードとWバースとアンクの謎」


ガメルに吹き飛ばされ、街の用水場から海まで流された映司(流されすぎw)。

2011082701.jpg


体内に巣食う紫のメダルによって、着々とグリード化が
進んでいくことに、ただただ映司は恐怖する・・・。

2011082702.jpg



続きを読む

仮面ライダーオーズ 第45話 感想

高校野球の中継に阻まれ(泣)、ここ関西地区では関東より2週遅れの放送となった
仮面ライダーオーズ。ようやく放送再開です。

なお関西地区で未放送の第46話、47話は
ABCテレビで8/23(火)午前10時から2話連続放送予定なので、
関西の皆様、忘れずに録画の準備を!


てなわけで仮面ライダーオーズ 第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」

コアメダルを奪われて不利な状況に追い込まれた映司たちは、
逆にグリードに奇襲をかけ、メダルを奪い返すことを企むが・・・

落とし穴がよく似合うウヴァさん(笑)。

P1010069.jpg



続きを読む

仮面ライダーオーズ 第44話 感想

仮面ライダーオーズ 第44話「全員集合と完全復活と君の欲」。

己の完全復活のためにグリード側へと寝返ったアンクとの戦いで、満身創痍の映司。
そこに鴻上会長が現れる。

2011-07-31 19.43.17


続きを読む

仮面ライダーオーズ 第41話 感想

20110710_221635.jpg



いよいよ最終回まで残り2ヶ月となった、仮面ライダーオーズ。
次回作のフォーゼに話題を奪われ気味だけど、オーズの方もここにきて終盤に突入し、
まずます盛り上がりを見せ始めてます。

このところゴーカイジャーの記事を書いた時点で力尽きてしまい、オーズの記事が
なかなか書けなかったけど、この1年オレをおおいに楽しませてくれたオーズですから、
せめてクライマックスだけはしっかり付き合っていきたいと思う所存。

ていうわけで本日の仮面ライダーオーズ 第41話 「兄妹と救出と映司去る」

物語冒頭、アンクがついにもう一人のロスト=アンクに吸収されてしまう。
映司はなんとかアンクを助けようと、プトティラコンボに変身し、
ロスト=アンクと戦うが、結局逃げられてしまう。
アンクを吸収したものの、体内で抵抗を止めないアンクに苛立つロスト=アンク。
まだアンクは生きているが、このままでは完全に吸収されてしまうのは時間の問題。

一方、アンクが消えたことで、これまでアンクが憑依していた泉信吾が意識を取り戻し、
ついに妹:比奈と兄:信吾が再会し、映司の目的は無事果たされる。
兄妹の仲睦まじい光景を見て喜ぶも、映司の心は晴れない。
本当にアンクをあのままにしていいのか・・・。

吸収される前、アンクはコアメダルを映司に託した。
アンクは最後の最後に映司を信用したのだ。ならば自分は。

そしてついに映司は、決意する。
これ以上戦いに巻き込まないよう、比奈と信吾、そしてクスクシエから姿を消し、
アンクを助けに行くことを。

夜明け、たった一人でロスト=アンクの元に向かう映司の前に、後藤さんが登場。

映司:「グリードのアンクを助ける戦いに、後藤さんを巻き込めない」
後藤:「オレはお前を助けるために戦う。そうしないと伊達さんに怒られるからな・・・」

カッ、カッコイイぞ、後藤さんのくせに!(失礼)

今までヘタレヘタレと馬鹿にされてきた(ハイ、ワタシもバカにしてましたw)後藤さんも、
バースに変身してからはすっかり男前になっちゃって、このオーズの物語を通して
一番成長したのがこの後藤さんだよなーと再認識。

そしてロスト=アンクの元へたどり着いた二人、しかしその前に現れたアンキロサウルスヤミー、
さらに映司と同じ紫のメダルを体内に持つドクター真木が現れて・・・というところで
今回は幕。


いやー、すごいね!
とにかく最初から最後までテンションが半端ないです。

果たしてアンクは復活するのか。
映司とドクター真木の紫のメダルが干渉したとき何が起きるのか。
もうニューコンボは登場しないのか(真木の紫メダルが残ってるから、期待しちゃうんだけど)。
ガザリ、メズール、ガメル、そしてウヴァたちグリードの運命は?
そして鴻上会長はこの先どう動くのか?

残り6、7話でこれらの伏線がどう回収されていくのか。
ここからのオーズは急展開の連続っぽいので、もう見逃せませんよ!



仮面ライダーオーズ 第39話 感想

20110626_224136.jpg




仮面ライダーオーズ 第39話「悪夢と監視カメラとアンクの逆襲」

最近ちょっと影が薄めだったアンクの分身:ロスト=アンクが久々に登場。
「ぼくはどこー?」とか言って泣いてたかつてのロスト=アンクですが、
ここにきて成長し、ずいぶん賢くなったみたいで自分の身体を取り戻すため、
いよいよアンク(=真吾)との決戦を狙っている様子。

そんなシリアスな展開になりそうな今回でしたが、
町内の監視と戦う知世子姉さんのハイテンションぶりや、
仮面ライダーバース:後藤さんの新しい相棒になった鴻上会長の
秘書:里中ちゃんとの噛み合わないやり取りなど、コミカルなパートも
多く、演出のテンポの良さもあいまって楽しい回でした。

今回のMVP(笑)は、なんといってもバースの相棒となった里中ちゃんでしょう。
ラストでタータンチェック&フリフリスカートというまことにキュートな服装で
銃をガンガン撃ちまくりバースを援護する里中ちゃん、カッコよすぎる・・・!

そういえばいつかの回で、里中ちゃんが銃を撃ちまくって敵を一掃しちゃった
こともあったし、普段は今ドキのやる気ナッシングなギャルの里中ちゃん、
実はかなり高い戦闘能力の持ち主なのかも。
彼女の過去や鴻上ファウンデーションに入った経緯なども気になるトコロ。

ついでに言えば、真木ハカセとグリードたちが組んでいよいよ世界の崩壊をを企んでる中、
鴻上会長だけがまだその本性を現してないのも気になります。
いったい会長がメダルを集め、オーズに強力する真の目的は何か?
でもなんか、会長がラスボスになるような気もしないんだよなあ・・・。

まだまだ謎の多い仮面ライダーオーズですが、いよいよ残すところ2ヶ月。
あと2ヶ月で本当にこのハナシがまとまるのか、ちょっと不安な今日この頃ですが、
ここまできたら一蓮托生、最後まで見届けますよー!



仮面ライダーオーズ 第36話 感想

20110529_185246.jpg



仮面ライダーオーズ 第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」

今回のトピックは、3つ。

○メズール&ガメル、復活!
まずはなんといっても第16話で爆散・消滅してしまったグリード、
メズールとガメルが20話ぶりの復活!

これでカザリ、ロスト=アンク、真木のチームに加え、
ウヴァ、メズール、ガメルの連合軍と戦うことになった仮面ライダーオーズとバース、
絶対絶命か・・・

と思ったら、せっかくメズールとガメルを復活させたウヴァがあっさり裏切られて消滅。
ガザリ達とメズール&ガメルが組み、これまで入り乱れていた敵対関係が、
ライダーVSガザリ連合軍というシンプルな図式になりました。

もっともウヴァはコアメダル1枚の姿でまだ生きてるようですが・・・。
案外、物語の終盤でウヴァが意外な活躍を見せる伏線なのかもしれません。


○アンク、信吾に憑依するのをためらう
あと結構重要なシーンのような気がしたのが、
今回の序盤で比奈の兄:信吾が目覚めた時、比奈を気遣う信吾を見たアンクが
信吾に憑依するのをやめてしまったこと。
これまでのアンクなら、何の躊躇も無く信吾に憑依してたはずなのに。
アンクの中で、比奈、そして信吾に対してなにか淡い感情のようなものが
芽生え出しているんでしょうね。
(まあ、結局その後にアンクは信吾に憑依しちゃうんだけど)


○伊達さん、着々と死亡フラグが・・・
そして仮面ライダーバースの伊達さん。
前回、頭に受けた銃弾のせいで生命の危機にあることが明かされましたが、
今回の伊達さんと後藤さんのやり取り、そして来週の回で伊達さんが
1億円稼ごうとする理由が明かされようとしているトコロを見ると、
死んじゃうかどうかはわかりませんが、着々と退場しちゃう予感がしてなりません。


さて一体この先どうなることやら。ドキドキしながら次回を待つとしましょう!