スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『配られたカードで勝負するしかないのさ』の精神

20170225_1834.jpg




続きを読む
スポンサーサイト

アニメーションで知るモノの仕組み

20150314001.jpg



続きを読む

【面白記事】「これなんのために作ったんだよ…」っていうAA貼ってけ

20131002_204353.jpg



「これなんのために作ったんだよ…」っていうAA貼ってけ (暇人\(^O^)/速報)




本当にひさびさに声を出して笑ってしまった・・・こんなどーしようもないAAの寄せ集めで・・・悔しい、でもやっぱり笑っちゃうっ!ビクンビクン!

これが普通のイラストだったら「ふーん」で終わっちゃうけど、AA職人がエディタで時間と労力をかけてコツコツと作りあげたこれらの超シュールなAAを見るにつけ、一体その情熱の源泉はどこから来るんだよ・・・・・と人間の神秘に思いを馳せずにはいられません。まあ、ただ単にヒマだったんだろうけどさ。

でもアスキーアートって、ネットが生み出した最も偉大な発明にして文化の1つだと、けっこう本気で思ってたりもする。




ロボトミーとか電脳化とかで思ったことなど

20130720_211202.jpg


続きを読む

鳥山明とマキシマムザホルモン、画狂人と狂犬達との素敵な出会い

鳥山明がマキシマムザホルモンに書いた

イラストが羨ましすぎる件wwww(キニ速)




鳥山明がマキシマムザホルモンのファンであったこと。

ドラゴンボールのフリーザをことを歌ったホルモンの曲「F」がこのサインで鳥山明に公認されちゃったこと。

そして何よりも、下書き無しサインペン一発書きでもう見てるだけでワクワクしちゃうようなイラストをサラリと描いちゃう鳥山明の画力の凄まじさ!

確かにここ近年に鳥山明が描いたドラクエ新作やドラゴンボール完全版の表紙イラストとか見ると、キャラの主線の勢いが無くなって全盛期と比べるとなんとも魅力に欠けた絵になってたんだけど、こういうペン画を見るとやっぱり鳥山先生まじハンパねエ!と脱帽してしまう。子供の頃にこの人の描いたマンガをジャンプで当たり前にように読めたことは、すごく贅沢な体験だったんだなあ。

ホルモンファンとしても、鳥山明ファンとしても、すごく嬉しい気分になれたニュースでした (*´▽`*)






マキシマムザホルモン「F」の歌詞付きMAD動画。よく発売できたなコレとも思うけど(笑)、歌詞や音にドラゴンボールへのラブ&リスペクトがちゃんと感じられるのは見事。たぶん鳥山センセもこの曲がきっかけでホルモンを知り、ファンになったんだろうな。




『家電メーカーが赤字になっちゃうのが一目で理解できる画像』の破壊力がヤバイ

【経済】 シャープ、東京の自社ビル売却(RIDE THE WAVE)


全世界的な経済不況と、韓国や中国といったアジア勢の台頭のおかげで、シャープだけでなくかなり追い詰められている日本の家電産業。普段は政治&経済に興味無しなワタシもいちおう電機系の会社で労働している以上けっして人事で無く、たいした能力も無いワタシが果たして不況のあおりでクビになったらどうすんべやと不安もつのりがち。

いったいなんでこんなコトになっちゃったかという原因は色々あるんだろうけど、上のシャープ関連の記事で見つけた1枚の画像がその要因の1つを非常に的確に表していて思わず膝を打った。


【家電メーカーが赤字になっちゃうのが一目で理解できる画像】

20120815-3-1.jpg



・・・うん、まあ、そういうことなんだよな。



【面白記事】 やる夫・シッダールタが目覚めた人になるようです

20120812_224621.jpg



やる夫・シッダールタが目覚めた人になるようです
(「それにつけても金のほしさよ」様より)

※AA(アスキーアート)がメインの記事のため、PCでの閲覧がオススメ。スマホだとAAが崩れて見れなくなっちゃうかも・・・



続きを読む

グーグル眼鏡の発展はエロが握っている!?

20120715_201816.jpg



以前に当ブログでも取り上げた、話題のウェアラブル・コンピュータ「グーグル眼鏡(Google Glasses)」。メガネ型のPCというまさに未来を感じさせるカッコいいデバイスですが、一方で具体的にどういう用途で使うのか今ひとつイメージがわかないのも事実。しかし最近のギズモードの記事にこんな気になるタイトルが!

グーグル眼鏡、1番注目しているのはポルノ業界らしい。...つまり、そういうことです。(ギズモード ジャパン)



そうか、その手があったかっ(迫真)!
メガネに映し出されるエロ動画、そこにはエロ以外に視界を遮るものは何も無い!目の前で乱れる女優たち、目の前で揺れるおっぱい!その臨場感たるやハンパないはず!PCやDVDなど、デバイスが世間に広く普及はするにはエロの力が不可欠であることは歴史が証明している!ヤバい、こりゃグーグル眼鏡くるぞ!くるぞ!くるぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

などとひとり息巻きながら記事を読み始めたら


>ポルノ製作会社のPink Visualのクエンティン・ボイヤー氏が語ったところによりますと、
>「高画質な動画を、手を使わずにより簡単に撮影者の視点で撮れるわけですよ。」



・・・・・・・・あれ、そっち・・・・?
・・・・・・・・製作者側がラクでからってこと・・・・・?
うわあああああ、なんかオラ、猛烈に恥ずかしくなってきたゾ!

ていうかそういうエロ視聴目的なら、すでにヘッドマウントディスプレイがあるわけだからそっち使えってハナシですよねサーセン。でも逆にいうとGoogle眼鏡っていまんとこ「かなり軽量なヘッドマウントディスプレイ」かこの話にもあるような「メガネ型のカメラ」くらいの使用用途しかイメージできないんだよねえ。ていうかメガネ型のカメラなんてその気になれば盗撮とか色々悪いコトにも使えちゃいそうなんですケド・・・。Google眼鏡、もしかしたら使う側のモラルが問われるデバイスなのかも。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。