映画 「守護天使」 感想

20090629_235507.jpg


守護天使、見てきました。

2007年公開の「キサラギ」で一躍話題になった、佐藤祐市監督の最新作、
それがこの「守護天使」。

キサラギはとても好きな作品だったので、今回の守護天使も期待して
見に行きました。

期待通り!
面白かったです。

<あらすじ>
鬼嫁にいびられ、1日500円のおこづかいだけが唯一の楽しみな
冴えないサラリーマンの須賀(カンニング竹山)が、ある日自分を助けてくれた
心優しい女子高生に一目惚れしてしまう。

名も知らぬ彼女の事が知りたくて、元ヒキコモリの佐々木(興真司郎)とともに
彼女の手がかりを調べていくうち、ネットを通して彼女が何者かに狙われていることを
知る。

彼女の身を案じ、毎日彼女をこっそり見守ろうとする須賀だが、
周囲からは変質者やストーカー扱いされて、前途多難。
しかしついに彼女が本当に何者かによって拉致されてしまう。
そのことを知った須賀は、幼馴染のチンピラ、村岡(佐々木蔵之介)に
助けを求め、ヒキコモリと共に3人で彼女の救出に向かうが・・・
というお話。




続きを読む
スポンサーサイト

シンケンジャー 第十九幕 感想

20090628_121955_convert_20090628122035.jpg


シンケンジャー 第十九幕「侍心手習中(さむらいごころてならいちゅう)」見ました。

流之介と源太、シンケンジャー2大濃いキャラ同士のお話。



続きを読む

エヴァンゲリオン新劇場版:破 感想

20090628_082142.jpg

見てきましたよ。

「エヴァンゲリオン新劇場版:破。」

午前11時頃に映画館に行ったらどの回も満席で、空席があるのが最終の午後21時の回しか無い!
しかも館内の売店にはエヴァグッズを買おうとする観客の長蛇の列で、
パンフ1冊買うのに30分以上並んで待たされる始末。
こちらの想像をはるかに超える盛り上がりっぷりでした。

では、以下感想を。


(注:ネタバレ含みます!)

続きを読む

トランスフォーマー リベンジ 感想

transformers


トランスフォーマー リベンジ 観てきました。

面白かったです。
2時間半の間、全く退屈しませんでした。

とにかく膨大な金と物量で攻めに攻めまくったハリウッド超大作。

今回はトランスフォーマー70体以上出しまっせー!
エジプトでロケもしてまっせー!
CGのクオリティなんて前作以上でっせぇー!


料理に例えるなら、
松坂牛のステーキ500gに
特濃のチーズとバターとクリームをドバドバかけたその上から
肉が見えなくなるくらい金箔をふりかけて、さあ食え。
といわれたような、そんな映画です。


続きを読む

小明のお兄ちゃんの顔を見てみたい 第15回 感想

20090624_222404_convert_20090624222513.jpg

「あかるん、けいおんの澪ちゃんになりた~い!」

 ・・・なんてことを言うので、けいおん!風のあかるんを描いてみた。

駄目ですか。駄目ですね。すみません。


そんなわけで、Gyaoジョッキー 6/22放送分の、
「小明のお兄ちゃんの顔を見てみたい」 第15回 見ました。
(6/22放送分のアーカイブは、6/29にUP予定)


続きを読む

コーヒーをいれてくれる少女ロボ 「雛」 

雛ロボ


いま話題になってますね。

コーヒーを淹れてくれる女の子ロボット、「雛」さん。


コーヒーをいれてくれる少女ロボ『雛』、その進化(動画)  (WIRED VISIONより)


とにかく動きが可愛い!

もちろんこれだけのクオリティのロボットを作り上げた作者の技術も驚きだけど、
何よりロボットらしさを残しつつ、ちゃんと可愛らしさも感じられる
動きの表現が素晴らしい。
作者、アニメーションのセンスがある人だと思う。

こんなロボットが、家にいたらいいですね。
ちょこまか動き回って、不器用だけど一生懸命家事をしてくれるような。

姿かたちが人間にしか見えないような精巧なロボットより、
むしろこういった機械っぽさが残っているロボットの方が、
人間も一緒にいて安心するように思う。

ボーズの○○タイムが好きなんだ

BOSEの○○タイムの新作DVDが発売されて、ホクホク顔のワタクシ。


俺たちのゲーム番組 BOSEの○○タイム 【剣】 」 (ポニーキャニオン 5040円)
20090621_024927.jpg


「ファミ通WAVEDVD」というゲーム系DVD付月刊誌に収録されているコンテンツで、
7年半も続いている長寿連載番組が、このBOSEの○○タイム。


スチャダラパーのMCボーズ、元ファミ通編集者でライターのローリング内沢、
ファミ通WAVEDVD編集長のルパン小島の3人が、
毎回1つのテーマに沿って新旧さまざまなゲームを遊ぶという内容。





続きを読む

BOSE 明日に向かって捨てろ!!

20090620_132912.jpg

(双葉社:1500円)


日本のHIPHOP黎明期から活動しているラップグループ、スチャダラパー。

本書はスチャダラパーのMCであるBOSE(ボーズ)氏による、「モノを捨てていく」ドキュメント本。
BOSEとインタビュアーの永田氏との対談形式で、二人のやり取りが軽妙で、面白い一冊です。


普段からなかなか部屋を片付けられないBOSEさん。
そんな自分を変えるため、部屋に溢れるCD、本、グッズ、服、ビデオといった
モノを一つ一つ取り上げ、なぜそれが捨てられないのか、それを捨てるには
どうしていけばいいのかを、インタビュアーの永田さんとともに考えていきます。

続きを読む