【漫画・アニメ】 強いババァのかっこよさは異常

萌え萌えでロリロリで巨乳な美少女ももちろんいいモノだけれど、
若くて可愛いだけが女じゃないぜ、ブラザー!

というわけでマンガやアニメで登場した、強くてカッコイイババアの
みなさんを語る!みんな俺についてこーい!


○ 幻海(冨樫義博「幽☆遊☆白書」)

20110130_183156.jpg

20110130_185058.jpg

20110130_182903.jpg


主人公:浦飯幽助の師匠にして霊光波動拳の継承者、幻海。
中学の頃リアルタイムで「幽遊」読んでたので、小柄な老婆が
妖怪たちをバッタバッタとなぎ倒す幻海の印象は、今も強く残ってる。




続きを読む
スポンサーサイト

仮面ライダーオーズ 第20回 感想

20110130_160650.jpg


・・・と、いうわけで、ついに待望の新フォーム:タカ・クジャク・コンドルの
鳥系コンボ「タジャドル」が登場した仮面ライダーオーズ 第20回 「囮と資格と炎のコンボ」

すでに雑誌や映画などでPRされていたタジャドルですが、
自由に空を飛びまわるその姿はやはりカッコイイ。
映司が足を痛めていても、空を飛べるなら問題なし、というわけで
苦戦していたライオンクラゲーヤミーもあっさり撃破。
やっぱり強い!

そのほか今回の見所といえば、

・アンクさん、比奈ちゃんを鎖で縛る+海上に吊るす変態プレイを発動。
 その前に映司をつき落として無理やり囮にしたりと、最近は人間にオチョくられて
 ばかりだったアンクも、今回は自分のコアメダルがからんでいるせいか
 久々にその冷酷さを魅せつける。
 
・そんなアンクに囮にされて足をケガしちゃった映司だが、
 それでも「俺はアンクを信用する」と言う。
 そしてアンクも「生きていれば映司は必ず来る」と言い、
 二人はヤミーの前で再会し、共闘する。
 これまではもう少し打算的な関係だった映司とアンクも、
 ここにきて少し「信頼関係」のようなものに変化してきたのかな?
 ベタだけど、やっぱりこういうシーンはグッときますね。
 まさに小林靖子サマの脚本演出の真骨頂という気がします。

・そしてこれまで鴻上会長のノーテンキ秘書だと思ってた里中ちゃんが、
 ヤミー相手にまさかまさかの大立ち回り。
 オーズにメダルを渡すために黒ジャケットを着込んでバイクを乗り回し、
 クラゲヤミーを派手なガンアクションでなぎ倒す!
 全然キャラが違うぞ里中ちゃん!いやカッコイイからいいんだけど。

・そんな里中ちゃんが活躍を見せる一方、今週の後藤さんは
 伊達に渡されたバースバスターを撃とうとするも発射後の衝撃で
 吹き飛ばされてしまい、伊達に「まだまだ鍛え方が足りないな」と言われ
 (´・ω・`)ショボーン。
 回が進むにつれてどんどん後藤さんの存在意義がなくなっていく・・・大丈夫か?


20110130_161340.jpg



「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」 観てきた!

20110125_233939.jpg


毎年恒例となった2大スーパー戦隊の共演シリーズ、今回は
現在絶賛(?)放映中のゴセイジャーとシンケンジャーの銀幕版が
ついに公開。

幼少の頃から20年を経て、すっかりオッサンになった私が
再び夢中にさせられたのが、この「侍戦隊シンケンジャー」。

このシンケンジャーがきっかけで、過去の戦隊シリーズや平成ライダーを
追いかけ始め、いまやすっかり特撮にハマってしまいました。
まさか三十路で特撮オタになるなんて、オレだって思ってなかったよママン!

35年に渡るスーパー戦隊シリーズの歴史に残る傑作との呼び名も高い
シンケンジャーも、ついにこの銀幕版で見納め。
ワタクシいても立ってもいられず、日曜の昼下がり、映画館ロビー前ににあふれる
幸せそうな家族連れの皆様をサイコクラッシャーアタックで跳ね除け、早速観てまいりました。





Vシネ以来、久しぶり再会となるシンケンジャーの面々、
丈瑠、流ノ介、茉子、千明、ことは、源太。

みんな放映時と変わらない、いつものファッション、いつものキャラで
登場してくれたので、懐かしいやら嬉しいやら。

今回の目玉は、なんといってもブレドランの策略で外道に堕ちた丈瑠が変身する、
黒羽織の"外道シンケンレッド"。
その強力な炎の力と圧倒的な強さもあいまってすごくカッコイイ。

そしてクライマックスの外道シンケンレッドとゴセイレッドとの戦いは
まさに劇場版の真骨頂といった感じで迫力十分。
隣に座ってたうるさい男の子も、この時ばかりは口をあんぐり開けておとなしく
見ていたくらい(笑)。


あともうひとつの目玉は、2月から新放送の「海賊戦隊ゴーカイジャー」が
この銀幕版でついにお披露目。

レンジャーキーを作動させると、5人がゴーオンジャーやゲキレンジャーなど
過去の戦隊のレッドに変身!
すっ、すげえ!噂では聞いてたけど、本当に過去の戦隊に変身しやがった!
それぞれのレッドの能力や必殺技で骨のシタリたちを一気に撃破したゴ-カイジャー。
トータル5分程度の登場でしたが、もうインパクトは十分。
放送が楽しみです。

ストーリーも演出も安定してて、あっという間の90分。
テレビではちょっと退屈気味のゴセイジャーも、この劇場版では
ちゃんとカッコよかったぞ。

そしてエンディング、夕暮れの中、手を振って去っていくシンケンジャーたちの姿に、
「ああ、これでシンケンジャーは完全に終わるんだ・・・」と思わずホロリ。
本当に楽しかったよ。ありがとう。

シンケンジャーよ、永遠なれ!


映画 「ソーシャル・ネットワーク」 感想

20110125_002928.jpg



フェイスブック(Facebook)

個人情報を登録し、他の登録者とネット上でコミュニケーションを取り合える。
全世界で5億人の利用者がいる。
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。
2010年の売上予測:1300憶円。

本作「ソーシャル・ネットワーク」はフェイスブックを設立し、
若干26歳で億万長者となった天才プログラマー:マーク・ザッカーバーグの物語。

彼女にフラれたマークは、腹いせにハーバード大学のシステムをハッキング。
女学生の顔写真を勝手にサイトにUPして美人コンテストを開催し、一晩で
空前のアクセス数を稼いでしまう。

結局バレて女学生から総スカンをくらうも、このことがきっかけで大学生同士
が交流をはかりやすくするためのツール、フェイスブックの構想がマークの中に生まれる。

はじめは学生同士のコミュニティサイトに過ぎなかったのが、
やがて一般公開されるやいなや利用者が急増し、あっという間に大企業へと成長した
フェイスブック。
しかし巨大な富と名声を手にいれたマークに突如、かつての仲間たちの裏切りが襲う・・・。





ネットビジネスという地味な話にも関わらず、最初から最後まで全く退屈せず、
2時間夢中で観てしまいました。

フェイスブックを立ち上げるまでの過去のエピソードがテンポ良いこと。
裁判所でのかつての仲間とマークのやり取りの緊張感。

そして何よりもマークを初めとする、登場人物の人間くさいキャラクタ-が魅力的。

マークは独善的で自分勝手、ウィンクルボス兄弟は嫌味なインテリマッチョ、
エドゥアルドは恩着せがましい凡人、ショーン・パーカーは誇大妄想狂でヤク中。

ていうか本作で登場する人物は、どいつもこいつもイヤな奴ばかりです(笑)。
でも彼らの欲望や嫉妬は人間誰もが常日頃持っている感情であり、それゆえについ
彼らの気持ちもわかってしまうのです。
(ワタシ的には特にショーン・パーカーがカッコよくて好きです)。


ただ映画の最後は、「え、ここで終わり?」といったブツ切り感はありました。

そりゃそうだ。
だってマークはまだ26歳。人生これからだし、会社は相変わらず順風満帆。
生き馬の目を抜くITビジネス業界でフェイスブックがこの先どうなるのか、
そしてマークがITビジネスの歴史でどんな存在となるのか、
現時点でまだ全然結論が出ていない。
正直、マークを映画で取り上げるのは10年早かったんじゃないか、という気もします。

ただ、この映画が結果的にフェイスブックのイイ宣伝になっているのも事実。
日本ではなかなか流行らないフェイスブックだけど、この映画をきっかけに今年以降、
日本でも大いに盛り上がりそうな予感がします。

監督は「セブン」、「パニック・ルーム」、そしてや我が心の映画「ファイトクラブ」を
手がけたデビット・フィンチャー。
映画館に行くまで彼が監督はとはつゆ知らず、こんな人間ドラマも撮れるのかと感服しました。


「ソーシャル・ネットワーク」、噂通りの面白さでした。オススメです。



仮面ライダーオーズ 第19回 感想

20110123_213006.jpg


仮面ライダーオーズ 第19話「赤いメダルと刑事と裏切り」

後藤さん、ついに鴻上ファウンデーションのバイク隊隊長から、
クスクシエのバイトに降格。元警察出身のエリートなのに。

オマエ一体何がしたいんだと、視聴者を煙に巻いている感がある後藤さん。
ギャルソン服もコスプレもサマになっておりますが、きっと本人も自分が
何をどうしたらいいのかわかってない状態で、ますます不憫になってきました。
後藤さんがライダーとして目覚める日は近いのか?

また今回は、いつも仏頂面な変態紳士:真木博士が、なぜかギャグ要員として
描かれていたのがえらく新鮮。
クールキャラだったあの真木が、鳥のフンを引っ掛けられたり、大事な人形を
おでんにポチャリされたりと、一体どうしたんだというくらいのドタバタぶり。
これまで真木があまりにも不気味キャラすぎたので、視聴者の子供が
怖がっているという苦情でもきたのかな?
なんか真木の好感度を無理やり上げようとしている気がしたのだけど(笑)。

一方、後半ではパワーワップしたガザリが大暴れ。
前回は大活躍したバースも、ガザリの前ではまるで形無し、ボコボコにされて
ビルから転落、あっさりフェードアウト。

メズールの水棲生物とガザリの猫系生物が混じったライオンクラゲヤミーが
登場したり、敵も確実にパワーアップしている様子。

メダルをガザリに全て奪われ、絶体絶命の映司とアンクですが、
次回はついにオーズの新コンボ、タジャドルが登場。
あの真っ赤なフォームはあちこちの雑誌で既出だけど、やっぱり本編で動くところを
早く見たいですね。楽しみ。



ウツロメブックマーク#3 (2ちゃんねるまとめ集)

ウツロメが最近読んで面白かった2ちゃんえるの記事まとめ。

○ラノベ編集者だけどもうやめたい(ハムスター速報)

10代を中心に人気のライトノベル。
ヒットすればマンガ化・アニメ化・ゲーム化と大儲けのライトノベルだけど、
そのヒットさせるまでが大変。
ライトノベルのリアルな製作現場の様子が垣間見えて面白い。


○辛い日常を生きるためのちょっとしたアイデアスレ (アルファルファモザイク)


落ち込んだときに元気出すための、女の子たちのちょっとしたアイデアをまとめたもの。
ほのぼのしていて、この記事見てるだけでちょっと元気出る。
ちなみにワタシの場合は、

・考えてることをとにかく書く
  →メモ程度で十分。頭の中の思考を文字という形にするだけでそれなりにスッキリできる
・風呂につかって酒を一気飲みして寝る
  →睡眠に勝る元気回復法は無い!とにかく寝ろ!寝るんだ!頭の中をデフラグするんだ!
・寝る前に鉄分のサプリを飲む
  →低血圧のヒトだと、鉄分を取ることで朝の目覚めが良くなるよ。マジで。


○ディズニーランドの閉館後、帰らなかったらどうなるの?(VIPPERな俺)


奴が・・・奴がやってくる・・・・!
「ハハッ!ここに獲物がいたよ!」


○結局人生ってセロトニンが分泌しやすいかそうじゃないかだけで決まると思う(URUSAI DAMAWRE)


セロトニンは心を落ち着かせ、鬱を抑える脳内物質。
結局、規則正しい生活、栄養のある食事、ストレスのない環境が大事なんだけど、
現代社会ではそんな当たり前の生活が一番難しいという皮肉。


○頭が柔らかくなる問題解こうぜ(働くモノニュース)

いわゆる知能クイズ系のまとめスレ。暇潰しに最適。
ワタシの場合、こういう問題を見ると頭が柔らかくなるというより、変な熱がでます。


○だまし絵の魅力(暇人速報)

自分の目がおかしくなりそうで、怖いながらも面白いだまし絵の数々。
特に気にいったのは記事の243の動画「Amazing Dragon Ilusion」。
仕掛けがわかったときはちょっと感動した。


○【動画あり】歯科ロボットがキスしたくなるほど美少女でリアルすぎる件

どう見ても鳥居みゆきをモデルにしたとしか思えない、美しすぎる歯科ロボット。
他にも不気味な4足歩行ロボット「Big Dog」や、音楽に合わせて踊るドール、
そしてみんな大好きオリエントドールもあるよ。
俺が生きてる間に美少女メイドロボは完成するのだろうか・・・。



アニメ 「放浪息子」 第1回 感想

20110122_141453.jpg



関西地区では1週遅れて放送が始まった、志村貴子原作のアニメ「放浪息子」。

個人的に楽しみにしてた「フラクタル」がなんかイマイチだなーと思いつつ、
続けて放送されたこの「放浪息子」をなんとなく見始めた。

「おんなのこって、なんでできてる?」

静かなピアノの調べとともにはじまった、そんな意味深なモノローグ。
続いて画面に広がったのは、4月、春の朝、桜散る町の中、登校する中学生たちの風景。

水彩で描かれたような淡い色彩。
霞のかかった幻想的な風景。

そんな美しい映像に、もう一発で魅了されてしまいました。


女の子になりたい男の子・二鳥修一。
男の子になりたい女の子・高槻よしの。

第1回はそんな二人を軸に、修一を想うさおり、修一の友人:誠、
なんの悩みもなく着たい服を着る千鶴などなど、
今後の物語に関わる人物の紹介が中心でした。

中学生といえば、第2次性徴期ド真ん中。
男の子は声が変わりヒゲも生え、女の子は胸が膨らみ生理もはじまるお年頃。
女の子になりたい、男の子になりたいと願う二人も、この先いやおう無しに
自分の身体の変化に直面し、身体の心のジェンダーの乖離に悩むことになるのでしょう。

そのことは第1回のラストで、しっかり暗示されてましたし。

この「放浪息子」、ワタシはまだ原作は未読です。
ちょっと迷ったけど、このアニメに関してはアニメが終わるまで原作は読まないでおこうと想います。
先の展開がわからないままで見るほうが、あえて面白いように思えたので。

関西地区ではフジテレビ枠で毎週火曜深夜26時05分から放送中。

今回の第1回は、フジテレビ on Demandで無料で見れますよ。
興味のあるかたはぜひ。

フジテレビ on Demand
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/anime/ser5143/


後半のよしのの叫びとともに夜桜がパーッと散る描写は
本当に綺麗で圧巻です。

銀河鉄道999のラーメン

マンガで登場する美味しそうな食べ物:マイベスト1は、
「銀河鉄道999」のラーメンだったりする。

20110118_234945.jpg


・・・・じゅるり (´ρ`)

子供の頃から今でも読むたびに、ラーメン食べたくなる。

「銀河鉄道999」に登場するラーメンは、チャーシューにメンマ、ネギ、ナルトに
卵入りという、古き良き正統派の中華そば。

卵が入っているところがなんだか嬉しい。

昨今流行りの脂たっぷり具材大盛りなラーメンが受け付けなくなってきた今日この頃、
こういう懐かしの中華そばがとてもうまそうに見えるんだよなあ。


作品中もメーテルや鉄郎がラーメンをおいしそうに食べるシーンが
随所に登場して、松本先生のラーメンに対する深い愛情が伝わってきます。

20110119_001144.jpg


20110119_003244.jpg


ワタシは自分でラーメンを作ると必ず卵を入れるのだけど、間違いなく
この999の影響を受けてます。

ああ、もうだめだ。
ちょっとラーメン作ってきます。
もちろん卵入りでね(*´д`*)ハァハァ