ひとつの大きな物語の終焉 『ハンターハンター』31&32巻の感想

2012-12-31 01


12月末に立て続けに発売された、ハンターハンター31巻と32巻。来年1月公開の映画のPRも兼ねた2巻同時刊行だけど、まあファンとしては年末年始にアルカ編と会長選挙編をまとめて一気に読めるのでありがたやありがたや。


続きを読む
スポンサーサイト

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission44 感想!

2012-12-30 02



12/23(日)に放映された特命戦隊ゴーバスターズ Mission44「聖夜・使命果たすとき」の感想です。
続きを読む

『ハイスコアガール』は、『ピコピコ少年』と一緒に読め!ゲーム少年の理想と現実に泣け!

「わたモテ」に続き、こちらも現在話題沸騰中の押切蓮介「ハイスコアガール」の3巻が発売。

2012-12-30 01



1990年初頭のカプコン&SNK&セガによる格ゲー全盛時代を背景に、ゲーム好きのボーイ&ガールが初々しくも甘酸っぱい初恋模様を繰り広げるこの「ハイスコアガール」。3巻ではついにハルオと大野さんが急接近!・・・かと思いきやラストでまたしても別れの予感。読んでてヤキモキさせてくれます。

で、この『ハイスコアガール』のもとになったのが同じく押切センセイの描いたエッセイマンガ『ピコピコ少年』。以前にテレビブロスのインタビューで押切センセイが「『ピコピコ少年』が僕の実体験に基づく現実(陰)で、『ハイスコアガール』が読者の皆様に与える妄想(陽)です」と言っていた通り、『ハイスコアガール』と『ピコピコ少年』を合わせて読むと、押切センセイが少年の頃抱えていた理想と現実がかいま見えて面白い。

勉強はダメで女の子には全くモテない、いつもゲーム好きな友人(童貞)とともに行動し、ゲームに理解を示さずにガミガミと厳しい母親や教師たちから逃げ回り・・・。『ピコピコ少年』で綴られるそうしたエピソードが『ハイスコアガール』では一転、ゲーム好きな美少女、部屋で一緒にゲームをプレイしてくれる同級生の女の子、イケメンの男友達、そして可愛らしい母親が描かれており、「嗚呼!あの時こんな女の子や友人がいたら!」という押切センセイの心の叫びが聞こえてきそうだ。・・・否、それは決して押切センセイだけの夢じゃない。あの時ゲームに夢中になった僕ら”ピコピコ少年たち”の夢でもあったわけだよこんチクショウ(泣)!

そうしたゲーム少年たちの夢、ファンタジーである『ハイスコアガール』。次からいよいよ高校生編に入るわけで、ちょっと展開が早すぎる気もするけれど(もっと中学生編をじっくりやっても良かったような・・・)、これからももっとヤキモキさせてくれそうな展開を心から期待。

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』3巻と、今後の行方

20121229_222608.jpg



谷川ニコ著「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の3巻がついに発売。

20121230_114928.jpg


ネットを中心に話題になっていまや発行部数は累計100万部を突破し、ついにアニメ化も決定とノリにノッテるこのマンガ。友達も彼氏もいないコミュ障少女の日常マンガがここまで人気というのもスゴイ話ではあるけれど、理想のジブンと現実の自分の落差に直面し、「違う!ワタシの人生がこんなミジメでつまらないハズがない!」となんとか理想のジブンに近づけようとするも空回り、一向に埋まらない溝に七転八倒するもこっちの姿は、きっと誰しも思春期の頃に体験するテーマで、そこがみんなの共感を呼ぶんだろう。もっともこうした七転八倒をこじらせてしまったワタシのような人間にとっては共感どころかトラウマを呼び起こしかえって悶え苦しむことになるので、最近はこのマンガを読むのがかえってコワくなってきたくらいサー(´Д`; )

自分の席を他の人にとられた時の居場所の無さ、文化祭でみんなが盛り上がるなか自分だけやることがなくて途方にくれるあの感じ、充実した日々を送ってるように見える友達や弟を見て自分だけとりのこされていくような不安などなど、この3巻でも相変わらず僕たちのトラウマメモリーを次々呼び起こしてくれるけれど、一方で2巻まではまだ強かった自虐的なコメディ要素がこの3巻では薄められ、むしろよりリアルな寂しさを想起させる描写が増えていて、笑うというよりしんみりとしてしまった。

3巻まではもこっち一人だけがメインだったけど、さすがにいつまでももこっち一人だけでは物語もマンネリになってくるだろうし、そろそろ新展開が必要になってくる。おそらく3巻の文化祭編で初登場した委員長が、新展開のキーになるのかな?ただ、だからといって「ついに、もこっちに友達ができた!」という展開にしちゃたら、このマンガの魅力が一気に無くなってしまうのも事実なわけで、このへん作者にとってはかなり悩ましいトコロなんじゃなかろーか。絶好調の「わたモテ」だけど、今後の人気を占う上でこれからの展開が正念場となるのは間違いない。谷川センセイ、頑張れ!




『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission42 感想!

2012-12-09 08



特命戦隊ゴーバスターズ Mission42「突撃!メガゾードの中へ」の感想です。



続きを読む

ハンタ-×ハンター、『クラピカ追憶編』で久々のジャンプ復活!

20121203_201750.jpg



久々に、ハンターハンターがキタァァァァ!ヾ(*´∀`*)ノ





続きを読む
Author by ウツロメ / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /