スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトの決意、そして別れ・・・ 烈車戦隊トッキュウジャー 第45話感想

20150125001.jpg



烈車戦隊トッキュウジャー 第45駅「君が去ったホーム」の感想です。






闇のトッキュウ1号へと変身したライトは、皇帝ゼットと激しい戦いを繰り広げる。ゼットは自分と同じになってしまったライトに苛立ちをぶつけるかのように、「オマエ・・・もう闇から戻れねえぜ」とライトに告げる。その時、グリッタの力でキャッスルターミナルが地中深く沈み、ライト達の故郷:昴ケ浜は再び元の平和な街に戻る。5人のことを誰も覚えていないまま・・・。

20150125002.jpg
20150125003.jpg



そしてついに総裁の口から、ライトが闇の力を得た理由が明かされる。それは昴ケ浜が闇に飲まれた時、ライトのイマジネーションとゼットの闇が混ざり合ったためだった。それゆえゼットはキラキラを求めるようになり、ライトは成長とともに闇の力を持ってしまったのだ。「オマエはもう闇から戻れない」、ゼットの言葉が頭から離れないライトは決意する。それは闇の影響を受けていないトカッチたち4人を子供に戻し、自分1人だけでシャドーと戦う事だった・・・。

20150125004.jpg
20150125005.jpg
20150125007.jpg



というわけで、

靖子にゃんが、またやってくれました(泣)

どうして毎回レッドを追いつめますか。赤になんか恨みでもありますか。しかも中身はまだ10歳の子供なのに! まあライトが闇の力を持った時点でこういう展開になるだろうなーとは予感してましたが、それでも今回の別れのシーンは見事に涙腺決壊。お気楽バカのくせに仲間のために1人で戦うことを選んだライトの気持。ひとり去っていくライトを追いかけるトカッチ、ミオ、ヒカリ、カグラ。そして追いかける4人を必死に止めるアキラくんの背中・・・。と、ここまで泣かせておきながら、その直後に4人からライトの記憶が消えたシーンを見せちゃうこの残酷さ。靖子にゃん、やはり恐るべし。

そしてライトだけでなく、ゼットもまた1つの決意を固める。グリッタの「キラキラは自分で自分の中に灯すもの。人の灯したキラキラは、けして陛下のものにはなりません。」 という言葉に対し、「かもな。オレの手に入らないから、テメエはキラキラなんだろう」と語るゼット。思えばゼットにライトのイマジネーションが混じったからこそ、その影響でアキラやグリッタが生まれ、シュバルツも最後にキラキラを手に入れた(シャドーが最初から最後まで組織的にバラバラだったのも、闇と相反するキラキラが混ざってたからか)。

20150125008.jpg


周囲はキラキラを手に入れてるのに、自分だけが欲しいものが手に入らない。手に入れることが許されない。なら、全て消してやる。人間も、世界も、キラキラも。ついにゼットは言ってしまう。

「オレは最初から、闇でしかねえ・・・」

20150125009.jpg



仲間と別れ、世界を闇か守るため、一人でキャッスルターミナルへ乗り込んだライトは、再び闇のトッキュウ1号へと変身する。しかしその姿は完全に黒一色で、冒頭ではまだ残っていたキラキラはもはや無い・・・。ライトは完全に闇へと堕ちてしまうのか。いよいよ残り2回となったトッキュウジャーですが、先の展開が全然読めません(笑)。まあ4人は最後にはちゃんと帰って来てくれるでしょうけど。

20150125010.jpg



チケットくんはパペットじゃなかった!

20150125011.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1017-4a53484c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。