スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『こぶしファクトリー』の衝撃

20150228002.jpg





アンジュルムの『大器晩成/乙女の逆襲』を実際にCDで聴いてみると迫力がヤバイとか、ハロプロ研修生の1stアルバム『Let's say "Hello!"』に込められたつんく♂の熱量がスゴイとかの話でも書こうかなと思ってたら、『こぶしファクトリー』の超ド級インパクトに魂ごと全部持って行かれたでござる。

ハロプロ新ユニットは「こぶしファクトリー」(ナタリーニュース)





こぶしファクトリー・・・・・。アイドルグループというよりは、ムサいオッサンたちが汗まみれで日々オッスオッスとドツき合ってる道場のような語感。漫画家のうすた京介も嫉妬するネーミングセンス。一応こぶしという花の名前をかけてるらしいけど、そんなマイナーな植物より誰もがにぎりこぶしの方をイメージするよねえ?今週のハロ!ステ#106で放映されてたメンバーへの新ユニット名発表でも、やっぱりみんな「えっ、こぶ・・・えっ?」って感じだったし。もうひとつの"ファクトリー"という言葉には、3月で活動停止するBerryz工房の”工房"魂を受け継ぐという意味が込められているらしく、それを聴いた浜ちゃんはじめみんな感動の涙を浮かべてましたが、心の中では「こぶし」さえ、こぶしさえなければ・・・・・ッ!という感情が渦巻いたりしてなかったんでしょうか。

20150228_163808.jpg
20150228_163853.jpg



ただ名前なんてものは最初は変に感じても、その後の活動次第で案外定着してしまうもの。ワタシなぞ発表の次の日には、これはこれで普通にアリだなとすっかり慣れてしまいました。そんな自分に一抹の不安も覚えますが、ただせっかくこぶしファクトリーという色んな意味で面白いグループ名になったからには、下手なクール路線よりも、いっそBerryzが持っていたあの明るいおバカ路線をこぶファク(略称はこれでいいの?)には突き進んで欲しいものです。今のハロプロに足りないのはまさにそこだと思うので。

さて、このこぶファクでは誰を推そうかしら。今回のハロ!ステの動画を観てると、"れなこ"こと小川麗奈ちゃんの美貌についつい惹かれてしまうのですが・・・。

20150228_171453.jpg



だがオレは、あえてリーダーの藤丼(ふじどん)こと藤井梨央ちゃんを推すぜ!なぜって?ヤツは変態だからさ!

20150110205036.png



彼女については、かねてから℃-ute:矢島舞美への度が過ぎる偏愛エピソードの数々が聞こえており、しかも一見おバカに見えて実はかなり勉強もできるらしく、頭の良い変態とかいちばんタチが悪いなかなか良いキャラじゃないですか。すでに何かやらかしてくれそうな雰囲気を感じさせてくれるふじどんに期待しつつ、これからのこぶファクの行く末を見守っていこうと思います。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

道重卒業ともう一つの横アリ 

お久しぶりですウツロメさん、NHRです。
今日は今更ではありますが横アリさゆ卒コンのことを書こうと思います。
あの横アリ卒コンは私などが感想を書くのをはばかられるぐらいなコンでしたがあえて書きたいと思います。
そう、11月26日の雨の日、おそらく矢島舞美がどこかで出てくるのだろうなというのを予感しながら会場に入りました。
まず、ボックス席の上の席に着きOAのJ=Jと9人になった当時のスマイレージです、ここで9人スマが見れたのはかなり貴重な出来事だったと思います。
そして彼女たちのパフォの後しばらくして、本公演の開始です、結論から書けば構成、パフォーマンス等どれもが素晴らしいコンでした、そしてそれらを横アリの素晴らしい音響がさらに盛り上げているといった感じがしました、ここで本題に戻りますが開始後ヒット曲のたたみかけとステージを所狭しと回るメンたちを見ていて息つく間もありませんでした、その後12期メンと新リーダーと新サブリーダー発表、そしてれいなと中澤さんと予想通りの舞美さん登場がありました、しかし、途中アクシデントが発生しますさゆが脚をつって動けなくなりました、ですがそれに気づいたフクちゃんがさゆのところに駆けつけます、俗にいう「フクムラダッシュ」です(この前にも飯窪さんがスタートをしようとした「イイクボスタート」もあるのですが。)、私はこれを見て今の娘。メンは頼もしくなったな、これならさゆがいなくても大丈夫だなと思いました、しかし同時にさゆが卒業するという寂しさも大きくなってきました。
そしてアンコール、卒業セレモニーとあの名スピーチ、さらにはサユージア、最後まで道重さゆみを体現したまさに伝説の卒コンでした。
さらに、このコンでは私にとってもう一つの横アリと言えるものがあります、それは私の席が関係者用ボックス席の上でれいなが座っているところのちょうど真上でラベやビタスイが座っているボックスの真上でもあったということです、しかもそのボックスの右横のボックスには真野ちゃん、きっかと当時のスマ、娘。12期等がおり、さらに右の観客席には研修生、れいなのボックスの左横のボックスには愛ちゃん、保田さん、中澤さん、ガキさん、石川さん、小春、麻琴、ミキティー庄司夫妻と息子さん、里田さん田中まー君夫妻等がおられました、そしてさらに左横のボックスにはベリと℃メンがおられました、しかしこんな場所でも梨沙子と雅とももちがすぐにわかるというのはさすがとしかいいようがありません、そういうことからおかげでコンへの集中がしにくい時もありました、ちなみにこちらで一番印象に残ったのはさゆのスピーチ中にミキティー庄司夫妻の息子さんが泣き出してうるさかったことです。
そして終了後は横アリを出て、高速バスで帰途につきました。
後日DVDとブルーレイが出ましたがこちらの完成度も高く、売れ行きもかなり良いようです、またこのブルーレイは音声が48kHz/24bitのリニアPCMのハイレゾで収録されているので音も良いです。(DVDのほうはわからないですが。)
また、さゆ卒後の娘。も好調で年越しCDTVスペシャル出演、プリキュアとのタイアップ決定、スカパー音楽祭出演、12期野中美希のテレビ出演等とどんどん仕事が決まっていきます、さらにこれは私事なのですが私はFCで春コンの5月の大阪公演に2公演に申し込んだのですが1公演で落選しました、今まではこんなことはまれでした、どうもこの春コンのFC先行は競争率がかなり高くなっておりこんなところからも娘。の人気の向上がうかがえます、しかもハロ全体も好調です。
今年のハロは例年にも増してかなり楽しみです。
追伸、こぶしファクトリーは人選、命名等から正直かなり期待できます、それどころか期待感しかありません。

Re: 道重卒業ともう一つの横アリ 

> NHRさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます!

さゆの卒コンからはや3ヶ月が経とうとしてますが、まだ昨日のことのように印象に残ってます。
さゆの足がつるハプニングがあってからはハラハラし通しだったので、なおさら記憶に残ってるのかもしれません。

卒コンではハロコンか!?と思うくらいメンバー総出演でしたね。去年のスマはメンバー追加&改名と怒涛の展開で不安もありましたが、武道館で9人のスマを初めて見たときに「あ、この娘たちは大丈夫だ」と確信しました。実際、アンジュルムとなって現在一番勢いのあるグループになりましたね。感慨深いです。

OBや有名人もたくさん来てたそうですが、ワタシの2階席からは小さいシルエットしか見えず・・・。
ミキティの子供の泣き声とか、すごく貴重な体験しましたね(笑)
フクムラダッシュを始め、残るメンバーの成長をも強く感じさせてくれた、素晴らしい卒コンでした。

新ユニットのカンガルやこぶしファクトリーも、予想以上に面白そうで期待してます。
とりあえずベリ最終コンのライブビューイングと、3月のひなフェスには何とか行きたいと思ってるのですが。
今年もハロプロから目が離せません。


トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1031-489d0c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。