スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仮面ライダー3号』観てきた!

20150322_195602.jpg





2015/3/21より公開された『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を初日に観てきました。

予想以上に面白かった!



⚪︎仮面ライダー3号がとにかくカッコイイ!

20150322_175416.jpg



1号&2号を踏まえたデザインでありながら、色褪せた暗めのカラーリングと、手足についた鎖と枷。全身から只者ならぬ雰囲気を漂わせた3号が、冒頭でいきなり1号と2号を一気に屠り、その後も己の肉体のみで平成ライダーを次々蹴散らしていく。しかも勝利こそが全てと、時には相手のライダーに馬乗りになってガンガン殴り続け(お子様に見せていいのかコレ・・・)、なんか困ったりムカついたら、すぐに愛機:トライサイクロンのマシンガンを撃ちまくって敵味方関係なくブッ飛ばす!すげえや3号マジ外道!だがそこに痺れる憧れる!

自らの手で1号&2号を殺したことへの贖罪の意識を持ちながら、勝つことに対しては狂気じみた執着を見せる3号は、まさに"ダークヒーロー"。そんな複雑な内面を持つ3号=黒井響一郎を演じるのは、ミッチーこと及川光博。その年齢不詳さとクールな外見が、黒井のミステリアスなキャラクターにピッタリで、ほんとに適役だったと思います。個人的にミッチーはちょっと苦手な感じだったのですが、本作で一気に好きになりました。



⚪︎倉田てつを様がスゴイ!

もちろん3号だけじゃなく、ドライブやマッハはもちろん、過去のライダー作品から数々のゲストが登場。個人的に特に思い入れのある、『電王』の侑斗が昔と変わらぬ姿を見せてくれたのは嬉しかったのですが。

しかし、やはりなんといっても南光太郎こと、倉田てつを様が素晴らしかった!

なんかもう気迫が違う。目ヂカラがすごい(笑) スクリーンに登場しただけで、場の雰囲気がギュッと引き締まる。ドライブを危機から逃がすために傷ついた体を奮い立たせ、生身で(!)、怪人からの攻撃を受けて散るその姿に、「仮面ライダーの生き様」を見たような気がしました。



⚪︎ご、剛くん!?

最後の最後で、剛くんが!剛くんがあああああ(白目)!
なんだよ、一体どういうこと?とビックリしてたら、続きは近日配信予定の『仮面ライダー4号』で真相を明らかにするとのこと。うわー、あざとい商売しやがる!どうしようかなあ。4号のデザイン、あんま好きじゃないんだよなあ・・・(ライダーに唇の造形は似合わない!)

20150322_185521.jpg



⚪︎シュリケンジャーも良し!

それにしても3号のキャラといい、作品全体に漂う陰鬱な雰囲気といい、本作はかなりビターな大人向けのように思えました。東映もそのことを意識したのか、終盤のバトルでは子供向けにド派手なバトルをということで、巨大ロボが登場!しかもシュリケンジャーも参戦!正直、「本作にシュリケンジャーが出るのは、さすがに場違いダロ・・・」とちょっと冷めた目で見てたのですが、その後にシュリケンジンとトライドロンがまさかの合体!もうあの合体を見れただけで、ああOK!シュリケンジャーOK!グッジョブ!と心の中でサムズアップしました(笑) 



⚪︎3号がまた観たい!

舞台挨拶で「20年後は死神博士をやりたい」と語った及川ミッチーですが、この作品だけで3号が終わってしまうのは、あまりに勿体無さすぎる!ていうか、今後のライダー劇場板のレギュラーにして欲しいくらい。スピンオフでもなんでもいいから、これからもミッチーの黒井響一郎と、仮面ライダー3号が登場するのを切に望んでおります。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

はじめまして 

はじめまして!いつも楽しく読ませていただいてます。

私も土曜日に観てきました!!
公開前から3号のデザインに興奮してたのですが、やはりかっこよかったですね。たたずまいがもう!

そして私も個人的にゼロノスに思い入れがあり。
ゼロノスの変身音がなった時は、泣いてしまいました。いい大人が(´Д`;)
まさかあの音をまた聞けるなんて!まさかまた戦っているゼロノスを見れるなんて!
後ろの男の子がゼロライナーに向けて「クライナー!!」って叫んだ時には「違う…違うんだよ。ゼロライナーなんだよ」と、悲しくなりましたが…
ちびっこ達には電車=トッキュウジャーなんですもんね…

Re: はじめまして 

>水さん

コメントありがとうございます!
いつもブログを見てくださって感謝です( ^ω^)

侑斗は本当に昔のイメージそのままでしたね。
最後の侑斗とデネブのじゃれあいには、思わずジーンとしてしまいました。
本作での出番がけっこう多かったのも嬉しかったです。
演じる中村優一さんが再び俳優に復帰しての初仕事がこのゼロノスだったというのも、感慨深い・・・。
まだまだお若いですし、中村さんにはこれからもマイペースで活躍してほしいです。
これからも劇場板で、また侑斗とデネブとのコンビが見たいなあ。

そうかー、いまの子供たちにはクライナーに見えちゃうのかー(笑)!
考えてみれば、『電王』はもう8年前のライダーですもんねえ・・・。
これをきっかけに、子供たちにも『電王』見て欲しいですね。
イマジンをはじめ、魅力的なキャラがたくさんいるので、きっとハマってくれると思うのですが。
せっかくだから、次の劇場板でトッキュウジャーと電王でコラボすればいいのに(笑)


トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1043-fb7ecbd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。