スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATOYAMAみやげの『いちごカレー』を食べてみた

20150404_221838.jpg





先週ひなフェス&SATOYAMAイベントに行ったとき、お土産で買ってきたのがこの『いちごカレー』。

20150403001.jpg



SATOYAMA & SATOUMI コラボカレー第二弾はなんと「いちご」(カラフル×ハロプロ)

ハロプロメンバーの生写真がランダムで1枚ついて1000円という強気な値段設定に、ヲタってほんと足元見られてるよナアといじけた気分で1個購入したんだけど、ついてきた生写真を開封したらカントリーガールズの島村嬉唄ちゃんだったので、ワイすっかり御満悦。うたちゃん可愛いようたちゃんヾ(*´∀`*)ノ ・・・・・ヲタってほんとチョロい(自省)。

ともあれ勢いで買ってしまったこのいちごカレー。確かに原材料名にはしっかりいちごという文字が記されてるけど、いったいどんな味なのか全く想像つかない。カレーに甘いいちごジャムがかかったような味とか?オエエエエ。いろいろ不安になりつつ、意を決して箱を開けてみる。

20150403002.jpg



箱の中にはなんの愛想も色気もない、おなじみレトルトパウチの銀袋。とりあえず手で銀袋を揉んでみたけど、それで味の手掛かりがつかめるはずもない。あきらめて鍋で茹でることにする。

20150403003.jpg



茹で上がった銀袋の封を開け、カレーソースをごはんにかける。パッと見は普通のカレーと何も変わらないけど・・・。

20150403004.jpg



カレーソースの具を物色してみると、いちごらしい物体を発見。すっかり煮込まれたのか、デロンデロンの麩みたいになってる。

20150403005.jpg



改めてカレーを食べてみる。うーん、やっぱりいちごらしい甘みも酸味も感じない。むしろ濃厚なコクで甘口のなかなか美味しいカレーである。なんだか拍子抜けした気分でカレーを食べ進めてたら、時折いちごのあの香りが一瞬フッと立ち上る。本当に一瞬で、ハッと気付いた次の瞬間にはいちごの香りはもう消えている。そこに追い討ちをかけるように、いちごの種らしいプチプチした食感が。

どうやらこの香りとプチプチが、このカレーにおけるイチゴの自己主張であるらしい。当初の予想よりもはるかに控えめなイチゴの自己主張のおかげで、特に問題なくカレーを完食。ちょっと不思議な感じだけど、普通に美味しいカレーだった。でもじゃあイチゴの風味がカレーに合ってたかと言われると、いや別々に食べたいですと答えざるを得ない(笑)

あとカレー購入時にハロプロメンバーの生写真がランダムでついてくるということで、ヲタに対して「カレーの購入はおひとり様40個まで」という制限がついてたのには笑いましたが、果たして40個買った猛者はいるんでしょうか?・・・・・いるんだろうなあ(震え)。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1050-d414203a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。