スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツムジ父ちゃんの奇跡! 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第16話感想

20150614101.jpg



手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの16 『父ツムジはスーパー忍者!?』 の感想です。






来週6月21日が父の日ということで、今週のニンニンジャーは普段あまり目立たないタカ兄と風花ちゃんの父親、伊賀崎旋風(つむじ)がメインでした。

ラストニンジャの実の子でありながら忍術が使えないツムジ父ちゃん。妖怪と戦う子供たちを支えるため、今日もスーパーの特売日をくまなくチェックするのだった(ちなみに奥さんの消息は未だに謎)。

20150614102.jpg




しかしそんなツムジ父ちゃんを狙って、晦正影が暗躍していた。
「ククク・・・・・、ヤツが特売日にここに来ることは調査済みよ」
ツゴモリさんの口から特売日なる言葉が出てきて、妙に新鮮な気分(しかもあの中尾さんの声だからなおさらw)

20150614103.jpg




ツゴモリの目的は、ニンニンジャーの拠点である伊賀崎の家の場所を見つけ出すことだった。ツゴモリは妖怪カサバケを召喚し、傘に化かせてツムジ父ちゃんに持って帰らせようとするが、タカ兄たちに見抜かれてあえなく失敗。ツゴモリさん、十六夜九ちゃんにいつも嫌味をかます割に、作戦がいつもショボい気が・・・。ちなみにカサバケはキンジとの2ショットにも気さくに応じる、なかなか可愛いヤツ。

20150614104.jpg




自分のせいで家の場所を妖怪に知られるところだったツムジ父ちゃんはさすがに落ち込んでしまう。励ますタカ兄と風花ちゃんに、ツムジはかつて自分も忍者になることを目指していたことを明かす。子供の頃は使えていた忍術が、あるときを境に突然使えなくなってしまい、ツムジは忍者になることをあきらめたのだった。

20150614106.jpg




急に忍術が使えなくなったことについては、結局そのままスルーされちゃったけど、なーんか気になるな。例えばラストニンジャの跡を継げないと悟ったかつての十六夜九衛門が、ツムジに何かして忍術を使えなくしたとか・・・?

20150614105.jpg




タカ兄の提案で、ツムジは忍者となってカサバケをおびき寄せる。ツムジが妖怪に忍術を使おうとした時は、タカ兄たちがこっそフォロー。全てはツムジ父ちゃんに自信を取り戻してもらうための作戦だったが、カサバケは予想以上に強かった。返り討ちに合って絶対絶命のニンニンジャー。息子たちを守るために、ツムジは捨て身でカサバケに立ち向かう。

20150614107.jpg




忍術が使えなかったはずのツムジの手から、竜巻の術が発動!自分でもとまどうツムジ(笑) 
しかしこれはチャンスと、今度はツムジの竜巻の術に乗ったタカ兄が空高く舞い、カサバケを一閃! 父子ふたりの力で、妖怪を撃退したのだった。子供たちに守ってもらうばかりで忸怩たる思いを抱えていたツムジが、はじめて忍者として息子と一緒に戦えたこのシーン、正直グッときちゃいました。子供もいないワタシですが、なぜかツムジに感情移入しちゃって・・・。歳のせいかなw

20150614108.jpg
20150614109.jpg
20150614110.jpg




妖怪は退治したものの、また忍術が使えなくなってしまったツムジ父ちゃん。キンジは「家族を思う気持が、奇跡を起こしたのでしょう」と言ってたけど、いつか好天じいちゃん、ツムジ父ちゃん、タカ兄の親子3代揃っての協力プレイが観たいなあ。

20150614111.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

親子愛(*^。^*) 

わたしも親子愛にぐっときましたー!
大切な子どもを守る為に、お父さんの底力を見た気がしますね☆
親の愛は何よりも強し!
お母さんの話題が何も出てこないのが気になりますよね。
これから明らかになるのかな?

明らかに怪しい和傘を何の疑いもなく差しちゃうお父様がカワイイ(笑)。今時あんな唐傘があるか!

カサバケ可愛かったですよね-。
ビジュアルも全然怖くないし。
ニンニンジャーの敵はどこかしら愛嬌があって可愛いですよね。
幹部も何か憎めないし。
九ちゃんもとうとうツッコむのをやめた見たいですね(笑)

Re: 親子愛(*^。^*) 

> みずきさん

ツムジ父さん、カッコよかったですね。
自分が忍者になれなかったばかりに、子供たちに宿命を背負わせてしまっていることのつらさ。
父親からしたら、なかなかツライ立場だよなーと、ついしんみりしちゃいました。
まさかニンニンジャーでしんみりするときがくるとは(笑)

カサバケは愛嬌があってよかったですね。
その前のフタクチオンナも、沢城みゆきさんの演技も相まって面白かったです。
ニンニンジャーは有名な妖怪を「こうアレンジしてきたか!」と毎回驚きがあって楽しいです。

蛾眉雷蔵さんのときは余裕しゃくしゃくだった九ちゃんなのに、
ツゴモリを召喚させてからは一気に苦労人になっちゃって・・・(笑)
でも九ちゃんが物語の重要な核を担うキャラなのは間違いなさそう。
正体が一体誰なのかも、気になりますね。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1087-83b8ac11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。