シンケンイエローのことはちゃん

20150723_215720.jpg






『侍戦隊シンケンジャー』、面白かったなあ。もうあれから6年経ったんやなあ・・・・(しみじみ)


【画像あり】戦隊ヒロインがフレッシュボディーを極小ビキニで披露


20150723001.jpg



おお、シンケンイエローの"花織ことは"を演じた森田涼花ちゃんもすっかり大人になって・・・・・

って22歳?

すぅちゃん、まだ22歳なんか!?  若っ! Σ(゚д゚lll)



調べてみたら、シンケンジャー出演時はまだ16歳だったんですね。いやー、ことはちゃんは本当に可愛かった。はんなり京都弁で、真面目で、おっとり天然ボケで萌えのツボを突きまくってました。ピンクの茉子ちゃんとのコンビがまた素敵でねえ。

一番好きな戦隊はって聞かれたら、自分は今でも迷わずシンケンジャーをあげます。戦隊シリーズから長らく離れていた自分がこうして再び戦隊を見るようになったきっかけがシンケンジャーだったんですね。最初はあの漢字がペタリと貼られているフェイスデザインに「なにコレ超だせえwwwwww」と笑いながら見始めたらすぐに夢中になり、ブログに感想書きはじめたのが今に至るという感じです。

クールな殿様と個性豊かなメンバー、腑破十臓の狂気とカッコよさ、血祭ドウコクと薄皮太夫のアダルティーな関係、そして終盤の子供おいてけぼり(笑)のハードな展開にも興奮したなあ。始めて小林靖子という脚本家を意識したのもシンケンからでした。






その後、シンケンレッドを演じた松阪桃李くんはいまや超売れっ子俳優となり、最近はシンケンピンクの高梨臨ちゃんもよくテレビや映画で見るようになりましたが、自分にとって松阪くんはいまでもあのクールで陰のある殿様だし、高梨さんは料理が下手な茉子ちゃんだし、他のメンバーもみんなシンケンの役そのもので見てしまいます。

いち特撮オタとしては、シンケンに限らず、ヒーローを演じた俳優さんたちはどうしても贔屓したくなりますし、できれば全員幸せになってほしいと思ってるので、すぅちゃん、いやことはちゃんにも末永く活躍してほしいという願いを込めて、久々にことはを描いてみました。ハリケンジャーやデカレンジャーの10周年記念DVD(10 YEARS AFTER)も出てることだし、シンケンジャーの10 YEARS AFTERを見るまで、あと4年頑張って生きようと思います。・・・・・出してくれますよね、東映様?




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1104-9b3d88cf