スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲキアツダイオー誕生! 手裏剣戦隊ニンニンジャー 第32話感想

20151004001_20151004142744e64.jpg



手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの32「ゲキアツ忍者!アチャー!」の感想です。





十六夜九衛門のカラクリキュウビによってオトモニンが全滅!衝撃の展開を迎え、さらに九衛門に追い詰められる絶対絶命のニンニンジャー。しかしその前に現れたのはラストニンジャ、伊賀崎好天!

20151004002_201510041427539fd.jpg




天晴たちに「今のお前たちはまだ九衛門の敵ではない」と告げた好天。孫たちを守るため、自らの手で九衛門との師弟対決に挑む!・・・・・水しぶきを撒き散らしての激しいアクションはさすが東映と言いたくなるカッコよさ。撮影現場はキャストも水浸しで大変だったろうけど(笑)。

20151004003_2015100414275200d.jpg




でも最後の上級忍法対決では九衛門が好天じいちゃんを押してる感じだったし、さすがのラストニンジャも歳には勝てないのか?あと最後に好天が見せた謎の力は、どうも「終わりの手裏剣」のモノっぽいですね。九衛門が探す終わりの手裏剣は、好天の体内に隠されているのか?あるいはライオンハオーの獅子王のように、好天自身もまた終わりの手裏剣と一体化しており、天晴たちが見ている好天の姿は、終わりの手裏剣の精霊としての姿だったりして。「ラスト」ニンジャって称号も、そう考えると意味深に思えてくるなあ。

20151004004_20151004142746bd9.jpg




そして「オトモニンが全滅したなら、新しいオトモニンを登場させればいいじゃない!」ということで、一気に6体の新オトモニンが登場!オトモニン、増えすぎ!それにしてもホウホウ、セイリュウ、ビャッコ、ゲンブは代表的な日本古来の四神だからわかる。パンダもまあカワイイ系代表ということで許そう。だがマゴイ、おまえはなんだ。ただの魚じゃねーか(笑) 普通そこはクジラとかサメとかもうちょっとメジャーどころを使うものなんじゃ・・・。

20151004005_201510041427459bb.jpg




さらに6体の新オトモニンは、天晴たちが自らそれぞれのオトモニンと同化して生命を得るという、これまたビックリの設定。前回の凪くんの上級忍法がここの伏線になっていたとは。そんな6体が合体し、新巨大ロボ:ゲキアツダイオーが誕生。名前のとおり、コックピットの中も激アツ。

20151004006.jpg
20151004007.jpg




九右衛門から文字通り「背中から刺されて」、妖怪ムジナは死亡。カラクリキュウビとのリベンジマッチが始まるが、ゲキアツダイオーの力は圧倒的で、カラクリキュウビの必殺ファンネル攻撃もビーム砲でことごとく蹴散らす有様。

20151004008.jpg




カラクリキュウビを追い詰めたゲキアツダイオー。「ここまで来たら、最後まで飛び込んでいくぞ!」という天晴の謎理論により、ゲキアツダイオーの胸からニンニンジャー全員が人間大砲で飛ばされてカラクリキュウビへ特攻!って最後は生身なのかよ、もうロボに乗ってる意味ないじゃん!(笑) なんでお前らはこうも巨大ロボ戦で生身をさらしたがるんだああああ。

20151004009.jpg
20151004010.jpg




なにはともあれ、カラクリキュウビを撃破したニンニンジャー。次回では九衛門が行方不明扱いみたいですが、まあ九衛門ちゃんががここで死ぬわけはないし、またどこかで再登場するでしょうね。それにしても、今回で一気に6体のオトモニンが増えちゃったわけですが、シノビマルを含めた、全オトモニン総合体とかあるんでしょうか。さすがにそれは無理か(笑)

20151004011.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1134-dd37f646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。