スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイガン!仮面ライダーゴースト第1話 感想

20151004101.jpg



仮面ライダーゴースト 第1話「開眼!俺!」の感想です。





というわけで、始まりました『仮面ライダーゴースト』。

20151004102.jpg
20151004103.jpg
20151004104.jpg
20151004105.jpg
20151004200.jpg
20151004106.jpg
20151004107.jpg




ノーマルフォーム(オレ魂)だけでなく、ムサシフォームまで登場した、内容盛りだくさんな第1話。主人公はゴーストハンターはの息子で、敵である眼魔はゴーストなので人間には見えないという設定。変態仮面だのなんだの言われていたゴーストですが、さすがにもう慣れてきました(笑) ムサシとか、むしろカッコよかったですぞ。それにしてもユルセンが小生意気でかわいい。ユルセンの声はあおちゃんことY.Aoiこと悠木碧サマ。

ゴーストドライバーはいつ見てもちょいグロめなデザイン。夜中にドライバーと眼が会うとビクッってなりそう(笑)。幽霊というファンタジーな世界観なのに、ドライバーや武器のギミックがけっこうメカメカしいというギャップが面白い。ゴーストがライオトルーパーに似てたり、ゴーストのスーツ上のラインが発光するギミックに、ファイズっぽさを感じました。

ゴーストが眼魔に攻撃を与えると黒い墨(血しぶき?)が吹きだす演出が斬新。そのせいか、ムサシモードでの殺陣シーンがかなりの迫力でした。

あと怪人のデザインを監修してる島本和彦センセイがツイッターで早速実況ツイート連発で盛り上げてくれてましたが、そんなに飛ばしてこの先テンション続くのか不安ですセンセイ(笑)。

そしてゴーストを導く謎の仙人。アドリブなのか、いきなり声色が変わったりするところとか、竹中直人そのまんまやないか(笑)でも海辺に巨大な竹中直人の顔が浮かぶシーンはインパクトでかすぎて夢に出そうです。

20151004110.jpg
20151004109.jpg
20151004111.jpg




いきなり死んでゴーストになっちゃった主人公のタケル君は、99日以内に15個の英雄の魂を集めるために眼魔と戦っていくわけですが、それ以外にもゴーストハンターであった父親が死んだ理由、眼魔を操る謎の黒服の男たち、仙人の正体と真の狙いなどなど、さっそく気になる要素も見え隠れ。

20151004112.jpg




「正義ではなく“切ない”想いを胸に戦うという、仮面ライダー史上初となるストーリーも描かれる」という仮面ライダーゴースト。脚本家もライダー初参加という福田卓郎氏とのことで、これまでとはまた違う新しい仮面ライダーが見れるかもしれません。期待。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1135-6462d056
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。