スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストエジソン魂、登場! 仮面ライダーゴースト 第2話感想

20151011001.jpg





先週から放送がスタートした仮面ライダーゴーストの第2回。黄色の新フォーム、「ゴーストエジソン魂」が登場です。

99日中に15個の英雄の眼魂(アイコン)を集めないとタケルは死んでしまうのですが、今回の第2話では残り94日になってました。この調子だと物語の中盤くらいで99日を迎えちゃいそうな気がするんですが・・・。さて今回の怪人は電気眼魔(でんきがんま)。タケルは発明家・園田に取り憑いていた電気眼魔を見つけ戦闘に突入したものの、電気眼魔の電撃攻撃に大苦戦。早くもゴーストムサシ魂の弱点が電撃ということが判明しちゃいました。ユルセン、なにげに頭いいな(笑)

20151011002.jpg
20151011003.jpg
20151011004.jpg




発明家・園田がエジソンにまつわるモノと思いを持っていたので、ゴーストエジソン魂が登場。仙人いわく、英雄の眼魂を誕生させるには、英雄に関する「モノ」と、英雄に対する「思い」、そしてタケル/ゴーストが持つ眼の紋章の3つが必要らしいのですが、それにしてもただの街の発明家の思いひとつでエジソンの魂が召喚されちゃうのは、えらくお手軽というかなんというか。

20151011005.jpg




近年はニコラ・テスラの再評価とともにエジソンの負の部分(電流戦争や訴訟沙汰など)がクローズアップされ、実業家としてはすごい人だけど英雄とまでは思えない部分もあるのですが、それはさておき、顔に電球のマークが張り付いたエジソンフォームのゴーストは、シンプルだけど仮面ライダーのモチーフはちゃんと生かされてて、けっこう好きなデザインです。その特殊能力はエジソンの名言にちなんで「ひらめき」ということで、電気眼魔の電撃を利用することを「ひらめいて」倒したのですが、それってそんなすごいひらめきか?つーか敵の電撃を自分の攻撃に利用できる方がよっぽどすげえよ!という感じで、ひらめき能力のすごさが伝わってこなかったのがちょっと残念。

20151011006.jpg




相変わらず竹中直人そのものな仙人ですが、今回はコタツに入った浪人生(?)スタイル。おい、俺たちはこれから毎週、竹中直人のコスプレを観ることになるのか?(笑)

20151011009.jpg




ゴ^ーストハンターとして生きることを決意したタケルをこれから支えることになる、寺の住職代理・御成(おなり)と幼馴染のアカリ。性格が正反対なのに、どちらもウザいというあたりが前途多難です(笑) それにしても御成を観てると、やたらタケルの世話を焼こうとしたり、妙にクネッとした仕草に、なんともいえないホモォ・・・な雰囲気を感じてしまうのはワタシだけですか?ホモォなキャラについては、仮面ライダードライブのブレンさんですでに前科を作った東映サマですから、もしかして御成も・・・とつい勘ぐってしまいまうのですが、あかんユルセンの中の人が喜んでまう(悠木碧さんはBL好きで有名)!あと御成がアカリにお茶をブーッと吹いてしまうシーンは、演じる二人とも体を張ってるなあと感じました。まる。

P1090366.jpg
20151011010.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1137-235b1fdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。