ゴーストロビン魂、登場。  仮面ライダーゴースト 第3話感想

20151018101.jpg



仮面ライダーゴースト 第3話『必中!正義の弓矢!』の感想です。




第3話を迎えた仮面ライダーゴースト。今回はまたまた新フォーム:ゴーストロビン魂が登場です。

不当にため込んだ金を盗んで貧しい人に配る義賊:怪盗リトルジョンによる事件が多発。調査に乗り出したタケルは、リトル・ジョンを賞賛したTVレポーターのマリに出会う、という筋立てでしたが、特に何のミスリードもなく、リトルジョンの正体は斧眼魔に取り憑かれたマリ本人でした。それにしても滝裕可里さん美人だあ・・・・(こなみかん)。

20151018104.jpg




一方、マリに取り憑いていた斧眼魔は、胸から巨大な斧を生やし、斧を投げ付けて攻撃してくる斧づくしのわかりやすい怪人。島本和彦先生の昭和ライダー怪人への偏愛を感じるデザインです。

20151018105.jpg




斧眼魔の手で闇堕ちしそうなマリをいきなり抱きしめて、目を覚まさせようとするタケル。前回の発明家のオッサンにはそんなことしなかったくせに、ホントいやらしい子だよ・・・・・(当たり前)。

20151018106.jpg




今回はタケルのサポート役である御成(おなり)とアカリも活躍。御成の暑苦しさ、ウザさにますます磨きがかかってきて良い傾向です。そしてタケルがかまってくれないので、いい所見せようと単独で調査してたら敵に捕まっちゃう御成さんを見て、彼こそが本作のヒロインだと確信しました。一方のアカリは仙人の助けもあって、幽霊を可視化する薬の開発に成功。これまでは主人公のタケルにしか敵が見えないという設定で、そこが斬新だったんですが、さすがにその設定のままでは物語を進めるのがキツイんでしょうな。

20151018102.jpg
20151018103.jpg




新フォーム:ゴーストロビン魂は、義賊ロビン・フッドの魂から生まれたゴースト。正直、ロビン・フッドとウィリアム・テルの区別が未だにつかないワタシです。ちなみにウィリアム・テルは弓矢というよりクロスボウの名手で、頭の上の林檎を矢で落とし、ついでに村の支配者も射殺したスイスの英雄だそうです。・・・・別にゴーストテル魂でも良かったんじゃないですかね(適当)

20151018107.jpg




電話がコンドルに変形するコンドルデンワーとガンガンセイバーが合体して、弓矢になるギミックは面白いと思いました。ロビン魂のスーツデザインもなかなかカッコいいですね。つーかノーマルモードのオレ魂が一番イケてないんだよなあ・・・顔が。

20151018108.jpg
20151018109.jpg




番組を見てる時にいきなり現れた「仙人なりきりコンテスト」のお知らせ。仙人に仮装した写真を撮ろう!だそうです。若奥様が股間から馬の頭を生やしてるコスプレが見れるんですか(興奮)。仙人になりきるって言っても、これまで登場した仙人は本来の姿を除けば、引越し作業員か、おかっぱ頭の受験生か、ハゲの博士しかいないんですが・・・・・選択肢が狭すぎませんか。

20151018111.jpg
20151018113.jpg




そしてゴーストとドライブの冬の映画がついにCM公開されました。おお、もう1年が終わるのか・・・・(絶望)。

20151018116.jpg



そしてここでも暑苦しい御成(笑)

20151018117.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1142-abede272