スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<北海道ぼっち紀行(4)> 旭山動物園へ行ってみよう

20151019001画像





北海道2日目は、旭川にある旭山動物園に行くことにしました。
旭川なのに旭山とは、ちとまぎらわしい。

動物を檻に閉じ込めるのではなく、動物本来の動きがわかる『行動展示』で非常に人気が高い旭山動物園。
しかし世間は本日よりシルバーウィークに突入し、旭山動物園もそうとう混雑するに違いない。
旭山動物園チャンネル(http://www.asazoo.com/index.php?access)という便利なサイトを参考に、混雑を避けるため、朝一番の特急で旭川へと向かうことにした。

札幌駅で6:52発のスーパーカムイ1号に乗車し、8:12、旭川駅に到着。
駅の床にあるバス乗り場への矢印の方向へ向かい、無事8:40分発のバスに乗車。
この日の旭川の気温は14℃。長袖のシャツを着ていても、やや肌寒い。

30分ほどバスに揺られ、終点の旭山動物園に到着。
正門前にはすでに開園を待つ人々の行列がズラリと並んでいる。
チケットを持ってないので、まずは正門前の自販機で入場チケット(大人820円)を購入してから、行列の最後尾に並ぶ。
駐車場にはどんどん車が入ってきて、私の後ろにもどんどん行列ができていく。
開演待ちの間、係員のおっちゃんから園内の地図をもらったり、注意事項などを聞く。
園内は写真撮影はOKだが、フラッシュは動物の目を痛めるので厳禁。

20151021004.jpg



AM9:30、開園。
動物園は全体的に坂道になっており、皆お目当ての施設に向かって坂道を登っていく。

2015102131.jpg



まずは「あさらし館」へ。
水槽を覗いてみたら、いきなりアザラシと目が合う。カワイイ。

20151021006.jpg



しかしやはり人気があるのは円柱水槽で、観客がみんな円柱を取り囲み、カメラを構えながら、アザラシがやってくるのを今か今かと待っている。
やがて円柱水槽の方から「あっ、きたきた!」という声が聞こえたので、自分もそっちへ目をやった途端、巨大なアザラシがスィーッ、と円柱の下から上へと登っていく。

20151021007.jpg



周りから歓声があがる。自分も思わず「おおーっ!」と声が出てしまう。でけー!アザラシ、でけー!
自分の目の前で大きなアザラシがなめらかに水の中を登っていく光景は、予想してたよりもずっと迫力があって感動的。
気づけば自分も円柱水槽の前でカメラを構えて、アザラシが来るのをそわそわ待つようになっていた。
その後、5回もアザラシが円柱水槽を登っていく姿を見れた。
そしてその度に周りの観客と一緒に、「おおーっ!」と叫んでしまった。
水槽を登りきる寸前でこちらを振り返ったアザラシとまた目があった。連れて帰りたい。

20151021008.jpg



あざらし館を出ると、屋外のプールでもあざらしが悠々と泳いでいる。
流線型の体を艶かしくくねらせながら、悠々と泳ぐアサラシを観てると、こちらものんびりした気持ちになる。
ストレスに疲れたら、ここのアザラシをボーッと見てるだけで癒されそうだ。

20151021009.jpg




続いては「ほっきょくぐま館」へ。
「もぐもぐタイム」が始まるとのことで、館の前はもぐもぐタイム開始15分前からすでに大行列。
もぐもぐタイムとは、動物にエサを与える時間であり、エサを食べようとする動物の生き生きとした動きを見ることができるということで、大変な人気がある。
今日も観客が多いので、もぐもぐタイムは10分ごと、3回に渡って行われた。
子供は最前列へ、大人は後列のお立ち台に登り、係員の説明を聞きながらホッキョクグマのお食事風景を観察する。

20151021010.jpg



普段はボケーと寝ているクマさんですが・・・・・。

20151021011.jpg



もぐもぐタイムになると、係員が投げるエサを追いかけて、その巨体に似合わぬスピードで水中を飛び回る。
なんという躍動感!
寝そべってる時は愛らしい印象だったホッキョクグマも、エサを求めて動き回るその姿は、まさに獣(けもの)。
パワーとスピードが段違い。こんなのに襲われたら絶対死にますわ。

20151021013.jpg
20151021012.jpg



そんなホッキョクグマは現在、地球温暖化の影響で絶滅の危機になるのだという。
主食のアザラシを待ち伏せるための氷が溶けてしまうので、十分な食料が得られないのだとか。
そのことを係員の人が一生懸命説明し、訴えているのだが、観客はといえば目の前のホッキョクグマを撮影するのに忙しくて、それどころではないのだった。

20151021014.jpg




続いて「ぺんぎん館」へ。
中は観客を囲むトンネル状の水槽になっており、その中をペンギンがすいすいと泳いでいる。

20151021015.jpg



水泡をキラキラと輝かせながら滑るように泳ぐペンギン。
水の抵抗を一切感じさせない、その造形の見事さ。
なんだか人間がひどく不格好な生き物に思えてくる。

20151021016.jpg



屋外へ出ると、たくさんのペンギンが眠ったり、泳いだり、ケンカしたりと好き好きに過ごしている。自由で良い。

20151021017.jpg
20151021018.jpg



眠るペンギンを生まれて初めて見た。なんか面白い。

20151021030.jpg




そしてカバ。
思ってた以上にデカかった。まるですもうとりのような風格。
怒らせると凶暴という話は聞いたことがあったけど、実際に目のあたりにして納得。
こんなのにブツかったら、50メートルくらい吹っ飛ぶ自信がある。

20151021022.jpg



しかもカバは泳ぐのが得意。すもうとりが水中をスイスイ泳ぐとか、コレもう欠点ねえな?

20151021023.jpg




他にも、サルやら鳥やらライオンやら、たくさんの動物と出会える旭山動物園。
すごく楽しかった。ぼっちのオッサンだけど、結構夢中で楽しんでしまった。また行きたい。
写真をとるときは連射モードで撮りまくり、旭山動物園だけで500枚くらい写真を撮ってしまいましたが、正直ビデオ撮影の方がよかったなと、ちょっと後悔してる。
やっぱり動物は、動いてこそ美しいということがよくわかりました。ワタシは引きこもりですが(白目)。

20151021019.jpg
20151021020.jpg
20151021024.jpg



なにわろてんねん。

20151021021.jpg




海洋堂と旭川動物園コラボの動物フィギュアのガチャガチャがあったので、お土産代わりにひとつ回してみた(1個400円)。
超かっこいいホッキョクグマ。やったぜ。
さすがは海洋堂、良い出来(http://www.asahikawa-dpc.co.jp/3ZooGoods/goodscapsule.html)

20151021025.jpg
20151021026.jpg




さて、せっかく旭川に来たので、昼食は旭川ラーメンにする。
旭川駅から歩いて5分ほどのところにある「梅光軒」という店に行ってみる。
ド派手なのぼりが目立つ。

20151021027.jpg



醤油ラーメン(730円)とライスを注文。
ラーメンはボリュームたっぷり。スープはコクがあるのに油っぽくなく、さっぱりしている。ちょっとしょっぱめ。
肌寒い日にアツアツのラーメンは何よりのごちそうでありました。ごち。

20151021028.jpg
20151021029.jpg



次は函館へと向かいます。
(続く)



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1144-9a3470d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。