第2のライダー・スペクター登場  仮面ライダーゴースト 第4話感想

20151025101.jpg



仮面ライダーゴースト 第4話「驚愕!空の城!」 の感想です。





ニュートン魂と、新ライダー・スペクター登場の巻。

相変わらず御成とアカリ、そして仙人のキャラが濃い仮面ライダーゴーストです。主人公のタケルが一番影が薄いじゃないか、ゴーストだけにな(ドヤァ)。ところで竹中直人仙人のコスプレ写真応募企画はちゃんと応募が集まってるんでしょうか? 

20151025102.jpg

20151025103.jpg




自分の影の薄さを気にしたのか、「オレは男もイケるぜ!」とばかりにヒゲの社長に抱きつくタケル君。美少年の熱い抱擁に、社長も何かが目覚めた表情です。御成さん歓喜!ユルセンの悠木あおちゃんも歓喜!
てな冗談はさておき、このタケル君のハグ浄化能力はいろいろ不思議です。ゴーストの能力というよりは、天空寺の一族が持つ能力なんですかね?

20151025107.jpg

20151025108.jpg




今回は内容がてんこ盛りだったせいで、、怪人枠のブック眼魔も影が薄めでしたね。むしろコイツが倒されてからが本編、といった感じでしたし。

20151025106.jpg




さてゴーストの新フォーム、ニュートン魂です。ニュートンとかどうやって戦うんだ、リンゴでも落とすのかwwwと思ったら、重力操作という予想以上のチート能力でした。ニュートンだけに、マスクの口元がリンゴなのがお茶目。
ニュートン魂は仮面ライダードライブの最終回ですでに回収済みという設定でした。いきなり進ノ介が出てきてちょっとビックリ。ドライブのファイナルステージ大阪公演を日にち間違って見逃した心の傷はまだ癒えてませんことよ(自業自得)。

20151025109.jpg

20151025110.jpg

20151025111.jpg




ゴーストが落下してきた土地に潰されそうになったとき、どうやってこの状態から回避するのか観てて気づかなかったワタシは、ユルセンに馬鹿にされるレベル。他にもタケルが透明になって社長と秘書の会話を盗み聴きしたりと、タケルの透明化能力の便利さが目立った回でした。
ゴーストに変身出来るだけでなく、ハグによる浄化能力に透明化も可能なタケルって、実はかなりハイスペックですね。

20151025112.jpg




さあ、ついにお披露目の第2の仮面ライダー、スペクター。マスクデザインが鬼っぽくて、ゴーストよりカッコイイと思った。響鬼っぽくもありますね。今後しばらくはゴーストとスペクターが互いに英雄の魂を奪い合う展開になっていくんでしょうか。ゴーストもスペクターも、英雄の力を借りて様々なフォームに変身できるだけに、バラエティに富んだバトルが期待できそう。
ドライブの時も魔神チェイサーが出てきてから盛り上がりましたが、今回のスペクターは果たして?

20151025113.jpg




そして悪者な以外は、未だに名前も目的もわからない謎の若者。浮上した土地で、大量の眼魔アイコンをばらまいてましたところを見ると、眼魔の元締めなのは間違いなさそうですが・・・。

20151025114.jpg




スペクターが出てきて盛り上がってきたと思ったら、来週は駅伝中継でニンニンジャーも仮面ライダーゴーストもお休み。再開は11/2からとのことです。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1146-69ae9f3b