御目付役・ジャベル登場! 仮面ライダーゴースト 第9話感想

20151206101.jpg



仮面ライダーゴースト 第9話「堂堂!忠義の男!」 の感想です。





まずは新キャラ、ジャベルが登場。ジャベルは眼魔界の"大帝"から使わされたアランのお目付け役であり、そしてアランが大帝の息子であることも明らかに。眼魔界には、人類とは異なる知性を持った存在がいるようです。ジャベルを演じるはゲキレンジャーにも出演されていた聡太郎さん。マコトとはまた違い、クールでストイックな雰囲気がカッコイイ。

20151206102.jpg




そしてアランに無礼な口を利いたマコトを、さっそく鉄拳制裁するジャベル。つ、強い!ジャベル、かなり強敵の予感です。けしてマコトが弱体化したとかそういうわけでは

20151206104.jpg




一方、10年前に何があったのかを探るタケル達は、タケルの父:龍と一緒に謎の実験に加担していた五十嵐のことを知り、会いにいく。

20151206106.jpg




怯えて10年前のことを語りたがらない五十嵐でしたが、タケルにかつての龍の姿を見て希望を取り戻し、真実を話そうとするも、青龍刀眼魔に襲われ倒れてしまう。まあさすがにドラマ的にも、こんな早く物語の核心は明かしませんわな。でも西園寺が青龍刀眼魔に言った「タケル君をちゃんと導いてくださいね」の言葉からすると、タケルが五十嵐に近づいたのも、真実を告げる前に五十嵐を襲わせたのも、全て西園寺の計画通りなんでしょうね。

20151206107.jpg




タケルは、五十嵐から生まれた15番目の英雄魂、ゴーストベンケイ魂へと変身。「兄貴ムキムキ仁王立ち!」ってどういう変身コールだよ(笑) わざわざ五条大橋という名前の場所に移動して(SHTでよく見るおなじみのダム)、青龍刀眼魔と戦っていたところに、マコト=スペクターが乱入し、またしても眼魔を逃してしまう。別にタケルが眼魔倒してから乱入すればいいのに、空気の読めないマコト兄ちゃん・・・。

20151206108.jpg




そしてゴーストベンケイ魂の必殺技に敗れるマコト。ジャベルにボコられ、タケルに敗れ、かつての強キャラっぷりはどこへやら。これが2号ライダーの宿命なのか・・・(涙)。

20151206109.jpg

20151206110.jpg




タケルとアカリにとって、はじめて見る妹眼魂。中にはマコトの妹、カノンの魂が眠っている。「可愛いのかな〜」とはしゃぐユルエン、お前やっぱりオスだったのか。

20151206111.jpg

20151206112.jpg




タケルの言葉には耳を貸さず、妹を生き返らせることに執着するマコト。

20151206113.jpg




そして人間界と異界(おそらく眼魔界)とをつなごうとしているアラン。

20151206105.jpg




龍への憎しみから、英雄魂を集めて何かよからぬことを企む西園寺。

20151206114.jpg




そして久々に登場の竹中仙人も、最後はかなりのシリアス顔。

20151206115.jpg

20151206116.jpg




さらに次回予告では、ジャベルが変身して、ゴーストとスペクターをフルボッコ!? さらに西園寺が英雄の眼魂を全て手中に収める?物語が大きく動きそうです。英雄の眼魂を全て奪われて、ようやくタケルとマコトが共闘するのかな?でもなんかこの先、タケルの性格からして、自分の命よりもマコトの妹を復活させる方を選んじゃう気がするんだよなあ・・・。

20151206117.jpg

20151206118.jpg




タケルのサポートだけでなく、12/12公開の劇場版の宣伝にも余念がない御成さん(笑) でもポストカードは可愛いと思うので、映画は見に行く予定です。久々にドライブの面々にも会いたいし。

20151206120.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1166-f320f908