スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジュルム田村めいめいの卒業

20151227_190745.jpg






アンジュルム 田村芽実、2016年春をもって卒業 (BARKS)


20151227201.jpg




アンジュルムの田村芽実ちゃんこと、めいめいがアンジュルムとハロープロジェクトからの卒業を発表して、はや1週間が経ちました。めいめいを一推ししていたワタシは、最初に卒業の報を聴いたときはもちろんビックリしましたが、いま現在はというと、それほど落ち込んではいないのです。

かつてカントリーガールズの島村嬉歌ちゃんが辞めたときは、「そうか、アカンかったか」と肩を落とし、そしてモーニング娘。'15の鞘師里保ちゃんが卒業発表したときは「ええええええええ!なんでえええええええ!」と頭が真っ白になったワタシですが、めいめいに関しては「ついに来たか・・・・・」というのが正直な気持ちで。

めいめいの才能および彼女が志向するものが明らかにアイドルではなく、幼少期から続けていた舞台女優の方向であることは誰の目にも明らかで、アイドルというカテゴリーに入らない異質な存在、それが田村めいめいであり、それゆえにトリックスターとか、孤高の天才と呼ばれていたわけですが、にも関わらず、アイドルとは異なる才能を持つ彼女が、あえてアイドルをやっているいう所にめいめいの魅力が生まれ、そしてハロプロ屈指のハロオタである柳原加奈子が言っていたように「めいめいみたいな娘がいるところが、ハロプロの凄さ」ということなのでしょう。

そんなめいめいに惹かれ、めいめい推しになったワタシですから、めいめいが高校3年生を目前にミュージカル女優になるために卒業するというのならば、これはもう笑顔で送りだすしかありません。ないのです、ええ。

とは言うものの、未だに今週のハロステの、めいめい卒業発表の動画は見れてません(笑) 代わりにもっぱら、過去のめいめいの動画を見返していたのですが、マイベストめいめいを強いて、強いて1つだけ選ぶとしたら、やはり自分も劇場へ観に行った「LILIUM 〜少女純潔歌劇〜」のめいめいのソロ、「もう泣かないと決めた」であります。生で聴いたときの、全身に伝わってきた歌声による空気の震えは、今でも鮮烈な記憶として残っているのです。






とここまで書いて、ハタと気づいたのですが、鞘師とめいめいが卒業したら、もうLILIUMの再演は永遠に見れないんですねえ。

・・・。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

うっ、なんか急激に落ち込んできた・・・・・・・・(泣)

2015年、本当色々ありすぎだよーハロプロ。
来年はもう少しオタを心安らかに過ごさせて欲しいものですが・・・・・まあまた、色々あるんだろうなあ(諦念)





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

新年あけましておめでとうございます。 

新年あけましておめでとうございますウツロメさん、NHRです、今年もよろしくお願いします。
しかし、去年のハロはいろいろとありすぎてどこから書いていいかわからないくらいですね、さらに今年も激動の予感がします。
ただ、年始の芸能関係のいろいろな出来事を見ているとハロヲタでよかったと思う次第であります。
それと、私は土曜日東京の国会図書館に行ってから大阪のハロコンに行くつもりです、ちなみに日曜日は仕事があるので土曜の深夜には倉敷の家に帰ります。
あと余談ですが、年始の仕事休みの時に、岡山の古本屋に行ってオーディオ雑誌を見てきたのですが、そこでSTEREO誌の昭和48年1月号にあの大野雄二さんがマッコイ・タイナーの来日コンサートのレビューを書いていました、大野雄二さんといえばルパンⅢ世や星雲仮面マシンマン等の音楽で有名で最近ではつんく♂さんとも仕事をしておられた方です、そのレビューで大野さんは私は曲を分析的に聞くのは嫌いだと書いておきながら結構分析的にレビューを書いておりました、その号では他にもライターは大野さんではありませんがローリングストーンズの来日なども書いてありました。
ちなみに、そのころのオーディオはレコード全盛期でプレーヤーはおろか、針のついているカートリッジ(これがなければレコードは聴けない)だけでも結構高価でした、SHUREのカートリッジがみんなのあこがれだった時代です、アンプはFETはまだ無く、普通のトランジスターアンプが主流で真空管アンプも結構残っていました、テープはオープンリールが主流でオーディオ用カセットデッキが産声を上げて、FM/AMチューナーも電子制御のシンセサイザーチューナーなど当然なくまだバリコンによるアナログ調整の時代でした。
見ていてなかなか興味深かったです。
駄文、長文失礼します。

Re: 新年あけましておめでとうございます。 

>NHRさん

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

ハロプロは娘。13期の募集も発表されましたし、今年も色々ありそうですね。
また新ユニットができたりするんでしょうか?

大阪のハロコンはいかがだったでしょうか?
かなともの体調不良が長引いてるのが心配ですね。
日曜日から大型の寒波が来るそうですので、お気をつけてお帰りください。

大野雄二さんといえば、やっぱり私はルパン三世のあのテーマを思い浮かべます。
大野さんがつんくさんと仕事をしたことがあるとは知りませんでした。へー!

音楽を作るのも聞くのもすっかりデジタル化が進んでしまいましたが、
そんな中で最近はアナログレコードが再びブームになってるようで、
プレーヤーの売り上げも上がってきてるとか。
確かにレコードならではの音や、紙ジャケットの手触りと大きさがコレクション欲を
沸き立たせる気持、わかるような気がします。

中古本は現在有名になってる人と若かりし頃のことが知れたりして、面白いですよね。
ワタシも久々に京都の古書店街を回りたくなりました。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1172-32985720
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。