さらばラストニンジャ、そして始まるラストバトル! 手裏剣戦隊ニンニンジャー

20160131001.jpg




手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの46「終わりの手裏剣、目覚める!」の感想です。





ラストニンジャ、散る・・・・・!

20160131002.jpg
20160131003.jpg



旋風に忍タリティーが戻り、やっと親子3代揃って戦うことができた矢先に突然の好天じいちゃんの死。しかもかつての弟子・九衛門の手にかかって・・・・・。さらに、好天じいちゃんが実は過去の牙鬼幻月との闘いですでに命を落としており、終わりの手裏剣の力を借りて生き延びていたことも明かされました。終わりの手裏剣が好天じいちゃんの体内にあることは予想してたんですが、すでに死んでいたとは。天晴たちにラストニンジャになるための試練を課していたのも、自分がすでに死んでおり幻月を倒せないためだったのか思うと、切ないものがあります。「愚かな九衛門・・・・・いや、ワシもか」という好天の最期の言葉は、終わりの手裏剣という邪法の力で生き長らえることを選んだことへの自省なのか、それともかつて九衛門の本性を見抜けず、弟子にしてしまったことの悔いだったのか。

そしてかつての師を殺し、終わりの手裏剣を奪った九衛門は究極体へと進化し、本当の化け物となり果てたのでした。覚醒前の演出からして、九尾の狐がデザインのモチーフみたいですね。あらまあ、すっかり人相悪くなっちゃって。いや、元からそんなに人相良くなかったけど。

20160131005.jpg
20160131010.jpg




好天じいちゃんの死に、さしもの天晴も打ちひしがれるばかり。しかし旋風が見つけた箱を開けると、好天じいちゃんの幻が登場し、天晴たちを叱咤激励するのだった。ニンニンジャーの6人への好天じいちゃんのメッセージはどれも愛があふれてて泣けるけど、自分が一番グッときたのは、旋風パパへのじいちゃんの言葉でした。「お前の優しさで皆が救われた。・・・・・あとは頼む。頼むぞ。」 という言葉には、孫の天晴たちとは違う、実の息子へならではの愛情と絆を感じます。かつて九衛門に旋風の忍タリティーが奪われたことをずっと悔やんでいた好天じいちゃん。しかし旋風は事実が明らかになっても決して好天を責めなかった。好天じいちゃんもまた、旋風の優しさに救われていたんですなあ。

20160131006.jpg
20160131007.jpg




そして始まったラストバトル。天晴と戦うために復活した(?)蛾眉雷蔵さんでしたが、忙しい天晴の代わりに戦った八雲によって倒され、御臨終。最後はやっぱり天晴と戦ってほしかった。

20160131008.jpg




そして息子の萬月を失い、復讐に挑んだ有明の方もさようなら。ダンナに不倫されるわ、息子は失うわ、しかも最後は不倫していた当のダンナから「オマエはもう用済みだ」と言われて吸収され、華々しい最後さえ見せられなかった有明の方。悪者というより、面白いオバチャン美魔女だったのに、この仕打ちはちょっとヒドすぎない?有明の方も良いキャラだっただけに、総じて出番が少なかったのが悔やまれる。

20160131009.jpg




一方の九衛門ちゃんは、好天から奪った終わりの手裏剣を使い、ついに世界の崩壊を開始させる。この終わりの手裏剣の力が発動するときの演出、一瞬暗転して「終極」の文字が出たあとに一気に爆発するのがすごくカッコよかった(瞬獄殺みたい)。前回の好天vs幻月のバトルの演出もスゴかったし、ニンニン終盤のCG演出はやたら力が入ってる。

20160131011.jpg
20160131012.jpg
20160131013.jpg




終わりの手裏剣の力で、変身を解かれてしまったニンニンジャーたち。最終回はやはり戦隊恒例である6人の生身ラストアクションが観れそうです。本当にみんなイイ顔になったのう。次回、ついにニンニンジャー最終回!

燃 え て キ タ ー !

20160131014.jpg
20160131015.jpg
20160131016.jpg
20160131017.jpg
20160131018.jpg
20160131019.jpg







関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1185-1f7f83dd