スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おそ松さん』18話がクズばかりで楽しかった件

20160207001-2.jpg






おそ松さん18話、面白かった!
2クール目の中で、一番好きな話だったかも。

第18話は「イヤミの逆襲」。「おそ松さん」での自分のあまりの出番のなさに憤慨したイヤミが、主人公の座をかけたレース大会を開催。6つ子をはじめ、主人公になりたいサブキャラ達が本性丸出し&裏切り上等のデスマッチを繰り広げるというストーリー。6つ子たちの日常回も良いのですが、こういうハチャメチャな設定のハナシは、むしろ往年の「おそ松くん」らしいスラップスティックなノリが感じられて楽しいです。

20160213004.jpg
20160213002.jpg




今回のレース勝負は、明らかにルパン三世の「花も嵐も泥棒レース」(アナウンサーの徳光和夫が出演したことで、テレビでもよく取り上げられていた有名エピソード)のオマージュ。そして今回の実況アナウンサー役は古川登志夫さん!な、なんと豪華な・・・。そんな重鎮が「あーっと、コイツはクズです!」と淡々と実況してるだけでもう笑える。

20160213003.jpg




イヤミだけでなく、デカパン、ダヨーン、ハタ坊など久々にレギュラーメンバー勢ぞろいでしたが、やっぱりどいつもこいつもクズばっか。

20160213024.jpg
20160213005.jpg
20160213021.jpg




そんなクズばかりの中で大暴れをしていたのが我らがヒロイン、トト子ちゃん。
トト子ちゃん、本当にカワイイヨ!トト子ちゃーん(白目)!

20160213006.jpg



(注)ヒロインです。

20160213022.jpg



(注)ヒロインです。

20160213007.jpg



(注)ヒロ(ry

20160213008.jpg
20160213023.jpg




トト子役の遠藤綾さんの演技がフリきれまくてて最高!この人、マクロスFでシェリルだった人なんだぜ・・・。

ありがとうゴザイマース!(死亡)

20160213010.jpg




そんなキャラ達のクズっぷりを堪能する30分かと思いきや、終盤は一気に終末もののSF展開に!チョロ松たちが原子分解光線で形が崩れて消滅する描写がちょっとエグかった・・・。生き残ったおそ松とイヤミのバトルのシーンは無駄に作画に力が入ってましたね。

20160213014.jpg




そして壮絶なレ-スに勝ち残ったのは・・・・・聖澤庄之助!第2話で登場した、いまだ正体不明のあの「ひじり↑さわ↓しょうのすけ↑だぁー」がまさかここで!しかも次回の主役も聖澤庄之助!本当誰なんだ、ひじりさわしょうのすけ!なんかこわくない?とチョロ松に問われるまでもなく怖ええよ!第13話に登場した実松さんの続きはいまだやってくれませんが(今回のレースにチラッと出てましたね)、本当に次回は聖澤庄之助のハナシになっちゃうのかッ?

20160213017.jpg




皆がエゴむき出しで主人公の座をかけて争い続ける一方、十四松だけがゴールを目指さずひとり球場へ行き、リリーフカーで運んだ野球選手に「あなたが今日の主人公です」と語らせる皮肉。争いを避け続けた十四松と聖澤庄之助だけが生き残り、勝利するという世の理を表してるんでしょうか(適当)。

20160213016.jpg





あと18話OPだった「おそ松さん」は結婚式のおハナシ。相変わらずの生々しいガールズトークでしたが、引き出物のバームクーヘンってそんなにイヤ?ワタシはアレを次の日そのまま丸かじりするのが好きなんですが。それにしてもいまや男性声優陣の女子演技に何の違和感も感じなくなってきてるのは、声優さんがスゴイのか、自分が慣れてしまったせいなのか。

20160213018.jpg
20160213019.jpg



そして最近、十四子が可愛く見えてきた自分に不安を覚えはじめてます(笑) 誰やファービーなんて呼ぶヤツは!

20160213020.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1192-8fcfabb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。