スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオ、音楽に出会う  動物戦隊ジュウオウジャー 第8話感想

20160403001.jpg




動物戦隊ジュウオウジャー 第8話『サバンナのメロディー』の感想です。






今回のジュウオウジャーは、レオとミュージシャン志望の青年・大輔くんのおハナシ。とことんポジティブで純粋なレオの魅力あふれる回でした。レオ好きだわ~。観ててホッコリします。そして大輔くんも良いキャラでした。大輔を演じた岩井拳士朗さん、演技うまかったですね。NHKの連ドラにも出演されてたそうです(岩井拳士朗 公式プロフィール)。


20160403002.jpg
20160403003.jpg




「触っていい・・・?(意味深)」


20160403004.jpg




と、大輔がレオのシッポに触るシーンの空気感がなんともシュール(笑) 大和くんたちが戦ってる一方で、ここだけ時間がゆったり流れてるのがなんとも。尻尾を触られてるシーンにちょっぴりエロスを感じたのは、間違いなくTo Loveるダークネスのせいなんだからね!


20160403005.jpg




今回のデスガリアンのプレイヤー、その名はヤバイカー。暴走族風なノリで街を高速で走りまわるだけでなく、聴いた人間を凶暴化させる「パラリラノイズ」でジュウオウジャーを翻弄する。「パラリラパラリラ!」と叫びながら暴れる大和くんたちがなんだか新鮮でした。


20160403007.jpg




そんなヤバイカーのパラリラノイズに一番被害を受けてしまうのが、聴覚が鋭敏なセラ。「なら音が聞こえなくなればええんや!」とばかりに立てた対策のおかげで、セラがすっかり変質者に(笑) クールキャラのはずが、どんどん面白キャラになってるセラ。前が見えてないのに「見えてるわよ!」と強がるセラの頭を、アムちゃんがヒョイッと正しい方向へ戻すところも好き。 


20160403008.jpg
20160403009.jpg




音には音で対抗!改造して強力化されたヤバイカーのパラリラノイズも、レオの大声ではじかれて形勢逆転。レオのパンチでヤバイカーさんがやたらと血(オイル?)を噴き出すという、今までのジュウオウジャーには無い激しい演出でちょっとビックリ。ヤバイカーが暴走族メンタルだから、アクション演出もヤンキー漫画風?


20160403013.jpg




巨大ロボ戦では、ジュウオウキングとジュウオウワイルドが初の2機同時登場。ジュウオウイーグル/ゴリラが操縦席にいなくてもロボは動くのね。


20160403014.jpg




そしてようやくヤバイカーを倒してヤレヤレと思ったら、最後はレオの咆哮で完全ノックアウトしちゃうセラなのだった・・・。セラが倒れてピクピクと動くのが魚っぽい(笑) セラの苦労は絶えないようですが、次回はそんな彼女がキーパーソンに?


20160403011.jpg
20160403012.jpg
20160403010.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1209-5432deae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。