スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりの連載再開ッ! 『HUNTER×HUNTER』 No.350「王子」感想

20160418001.jpg






2年の時を経て、ついに。


20160418_001.jpg




ハンターハンター、連載再開ッ!


・・・すみません、白状するともう新作読むの無理なんじゃないかとあきらめてましたが、冨樫センセイはやってくれた!というか本当に腰を悪くされてたんですねセンセイ。どうせまたネトゲにはまってるんじゃないかとか言ってた奴は誰だオレだすみません(土下座)。 それにしても椅子にさえ座れないとか、相当な重症だったんですね。できる限り長くハンタを読んでいたいけど、センセイにはどうか無理はしないでいただきたいものです。

20160418_002.jpg




禁断の暗黒大陸に乗り込まんとするビヨンド・ネテロと、ビヨンドの暴走を止めんとするハンター協会の十二支ん。そこにカキン王国の王位継承戦も加わり、さらにゴンの父親・ジンとパリストンの確執、クラピカの復讐、十二支んの内通者などなど、まだ暗黒大陸への旅も始まってないのに、既にかなりドロドロの様相となっている暗黒大陸編ですが、連載再開となったNo.350「王子」は、No.349のラストで語られたカキン王子からのボディーガードの依頼の話から始まります。

で、冒頭から懐かしいメンツが揃い踏み!

20160418_003.jpg




イズナビは最初見たとき「誰だっけ?」と思っちゃいましたが(笑)。ハンゾーも当初はキルアに並ぶ強キャラだったのに、連載初期のハンター試験でしかその実力を見ないまま現在に至るという、いろんな意味で不遇なヒトですが、ここにきてついに活躍が見れるんでしょうか。そしてキルア直伝のビスケの扱い方(笑) 「仲間を取り戻すためなら、ワタシは何でもする・・・!」とまで意気込むクラピカもヒドいけど、あっさりノセられちゃうビスケもなんだかなあ(笑) 

20160418_004.jpg
20160418_005.jpg




ボディーガード依頼の説明会に向かったクラピカを待っていたのは、カキンの第14王子、ワブルとその母親オイトだった。王子の中から希望者だけが王位継承戦に参加するのかと思いきや、「やがて王になることを信じて疑わないのが王の子」というカキンの教えで、年齢性別問わず全ての王子が参加し、最後の一人まで殺しあうデスマッチであることが明かされる。第14王子のワプルはまだ生まれたばかりの非力な赤ん坊。オイトは子供を守るために、反王政派の第9王子・ハルケンブルグを利用することを企んでいた。

20160418_006.jpg




王位継承戦を左右する重要人物として浮上してきた第9王子・ハルケンブルグ。

20160418_200735-1.jpg



・ハルケンブルグは反王政派でイメージも良く、国内外から急速に支持を集めている

・しかしもしハルケンブルグが王位についたとき、王位継承戦が実は王子どうしの殺し合いであるこが世間にバレたら、一大スキャンダルとなり一気に支持を失う

・ゆえにハルケンブルグは非力な王子の命を奪おうとはしないだろうし、あわよくば命を守ってもらえるかもしれない。

・一方で体制派にはハルケンブルグの命をつけ狙う者も多い

・オイトの狙いは、もしハルケンブルグを狙う暗殺者をボディーガードにすれば、ハルケンブルグを狙う間はボディーガードにワプルとオイトを守ってもらえるハズ

・またボディーガードを介してハルケンブルグの弱みを握れば、彼に対して優位に立てるので、さらに安全度が増す


という、込み入った内容で初読のときは頭がショートしかけましたが、しかしこのハルケンブルグが王子の中でただ一人信頼しているのが、よりによってクラピカの宿敵である第4王子・ツェリードニヒというのがまた。まあツェリードニヒは王子の中でもかなり知能が高そうだし、そこにハルケンブルグが共感してるゆえかもしれないけど、果たしてハルケンブルグがツェリードニヒの人体収集家(にしてド変態シリアルキラー)の面を知った上での発言なのかどうかが気になるところです。



ワブルとオイトを護衛する決意をし、赤ん坊であるワブルを抱き上げるクラピカ。まだそんな優しい表情ができたんだなクラピカ・・・・(泣)。

20160418_007.jpg




しかし王位継承戦に参加するからには、赤ん坊であるワブルもまたNo.349に登場した壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ)を受け、守護霊獣をその小さい体に宿しているハズ。クラピカが守護霊獣の存在に気づいてないところを見ると、まだ守護霊獣は誕生してないみたいですね。というか、王位継承戦に守護霊獣がどうかかわってくるのかもいまだ謎。

20160418_200835-1.jpg



ただでさえ人間関係がクッソややこしい王位継承戦に、さらに守護霊獣も加わったらもうカオスな展開にしかならないような気が。そこに暗黒大陸やビヨンドやパリストンも加わって・・・・・もう物語に関わるファクターが多すぎて読んでるこっちも頭がパンクしそう(白目)。しかし今はまた新しいハンターハンターが読めることが嬉しくてなりません。まずは久しぶりの単行本が出ることを願って・・・・。







関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

単行本 

33巻は6月3日に発売されるみたいですよ。

Re: 単行本 

> あっきーさん

情報ありがとうございます!
6月か〜楽しみです


トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1216-bfa23323
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。