スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジュルム田村芽実という名の奇跡

20160604201.jpg





めいめいがついに卒業です。


「17年間で一番幸せ」アンジュルム田村芽実、笑顔弾けた卒業公演(音楽ナタリー)

【ライブレポート】アンジュルム 田村芽実が卒業。「夢のような毎日を本当にありがとうございました!」(BARKS)



20160604200.jpg



自分は梅田ブルク9のライブビューイングでこの卒業公演を観てきたのですが、「今のアンジュルムには自信しかない」というリーダー和田あやちょの言葉通りの、歌もダンスも演出も最高なライブでした。一番脂がのっていた頃のつんく♂が手がけたスマイレージ時代のカワイイ系の曲からアンジュルムになってからのカッコイイ系の曲まで幅広いジャンルの楽曲に恵まれ、個性的すぎる奴らばかりだけど(笑)誰もが標準以上のスキルを持つというメンバーにも恵まれ、いまやハロプロ内でも一二を争うパフォーマンス集団になったと言っても過言ではないアンジュルム。

そんなアンジュルムの高いライブパフォーマンスを、子供の頃より演劇で培ってきた天性の表現力を武器に、グループを代表する歌唱メンの1人として支えてきたのがめいめいこと田村芽実ちゃんでした。実際にライブへ行けばわかる、めいめいの存在感。聴けば誰もが納得するめいめいの歌唱力。自分には常に厳しく(ひとり滝行)、他人には時々厳しく(鬼軍曹)、でも素は無邪気で子供っぽいというギャップ。ワタシも最初はあやちょ推しでスマイレージのライブを見に行きましたが、現場でめいめいを観た途端に推し変しちゃいました。いや、本当に最初にめいめいを観たときは、なんでこれほどのスキルを持った娘がアイドルやってるんだ?と思ったものです。

そんな、パフォーマンスの要だっためいめいが5/30の武道館公演を最後に卒業しちゃいました。ずっと前から将来は舞台俳優になりたい旨を明言しており、実際に演劇『我らジャンヌ』や『リリウム』で見せつけた演技力の高さから、めいめいの本分は演劇にあると誰もがわかっていたのですが、めいめいがアンジュ卒業を決意したタイミングは皆が思うよりもはるかに早く、あやちょの「ようやくアンジュルムが完成してきたこの時期にどうして!?」いう言葉は、そのまま自分たちファンの気持ちでもありました。しかし、卒業公演で演劇『スマイルファンタジー』のテーマ曲をあやちょ&2期メンバーで歌い始めた途端、演劇モードにギアチェンジしためいめいがまるで水を得た魚のように朗々と歌い上げるその姿を観たとき、「ああ、やっぱりこの娘は舞台俳優にならなきゃいけない存在なんだ」と改めて痛感しました。以前、柳原加奈子とマツコ・デラックスがラジオでハロプロ談義をしていたとき、「めいめいみたいな子が在籍してるのがハロプロの面白さだ」的な発言をしてましたが、まさにめいめいがハロプロに入りアイドルとして活動していたこと、それこそが奇跡的なことだったんだなと。

卒業公演でのめいめいは最後のオーラス以外では涙を見せず笑顔で歌い踊り、最後の最後までメンバーとファンへの感謝を述べ、そしてめいめいを送り出すメンバー達も時々涙を見せつつも、アンジュルムに湿っぽさは似合わないとばかりに最後まで明るく爽やかなライブを見せてくれました。ああでも、普段は滅多に涙を見せないあやちょが泣いた時はさすがに胸にきたなあ。あやちょにとってのめいめいの存在の大きさは、公演後のあやちょのブログや以前のインタビュー記事からも伝わってきます。

日本武道館(あや著/和田彩花オフィシャルブログ)

アンジュルム田村芽実が卒業前にあんな事件やこんな事件の真相を語る!(ハロプロさん)


自分の眼でめいめいの卒業公演を観たにも関わらず、いまだにめいめいが卒業した実感がわかず、この1週間ボンヤリと過ごしていましたが(まあボンヤリはいつものことだけど)、そうしてる間にもめいめいは次の夢へと歩き出し、そしてアンジュルムは新たな8人体制としてすでに活動を始めてます。どれだけの出会いと別れが訪れようと時間は止まることなく、絶えず新しい時を刻み続けるのです。歌唱メンだっためいめいが抜けた後を引き継ぐのは、いまやアンジュの主力へと上り詰めた3期のむろたんか、初の武道館公演でも全く物怖じしない度胸を見せた4期のかみこか、それともメンバーの中でも唯一低音を得意とする中西かななんか。それともダークホースとして3期のあいあいやりかこが覚醒するのか。いや案外りなぷ~が・・・・?いや、りなぷ~はあのままでイイや(笑) 

何度かメンバーの加入&卒業を迎え、そのたびに変化し、そして進化してきたアンジュルム。めいめい卒業後の新体制でどのような進化を見せてくれるのか楽しみ。そして、めいめいの舞台俳優としての新たな活躍にも超期待です。末光健一さんの舞台とか、いつか出演してほしいなあ。がんばれ、めいめい!

ちなみに先に卒業した先輩はすっかりツイッター芸人として活躍されてるようです。ああ、ウゼえ(笑) 自分、ちょっと前に38℃超えの発熱したときはツイッターどころかスマホ持つ気力さえなかったけど、このアザラシはまたずいぶん元気じゃねえか(疑惑の目)












関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

早いものでもう三カ月
めいめいには成功して欲しい
アンジュルムにも成功して欲しい
と、思っていると気付けばまた9人に
今度のアンジュルムも凄いですね

Re: タイトルなし 

> なをさん

コメントありがとうございます!

めいめいが卒業して3か月ですね。
「もう3ヶ月」という気もするし、「まだ3ヶ月」という気もするし・・・。

でもこの間にアンジュルムは笠原ちゃんが加入して新体制になってるし、
めいめいもアップフロントのサイトから名前が消えて、いよいよ新事務所へ移動?という話もありますし、
どちらも新しい道を着々と歩み始めてるのが頼もしい限りです。
(まろ様もまあ、色々楽しそうだしw)

めいめいは本当の天才だと思うので、絶対成功するハズ。
いつか舞台でめいめいが見れる日を楽しみにしてます。




この頃のハロプロ 

お久しぶりですウツロメさん、NHRです。
ここのところのハロプロは、いろいろなことがありました、℃の解散発表とか各ユニットへの新メン加入とかさゆのブログへの書き込みとかいろいろなことがありました、近年と比べても多いくらいです、あと一部では来年に歴代の娘。メンを集めてスーパーモーニング娘。が出きるという噂もあります。
それと、私先々月のBuono!武道館コンに行ってまいりました、感想としては相変わらず上手くてすごいなということと事実上の雅ちゃん祭りだったということでしょうね、ただこれは私の話ですがコンが3時間もあったので東京駅午後10時発のサンライズ瀬戸・出雲に乗り遅れそうになったのには冷や汗をかきましたが。
それと、私明日のびわ湖ホールでのJ=Jコンに参戦に行くと思います、なおこういう書き方になったのは、急に仕事が入ったら行けないためです。
追伸、最近のまろに関して初期のドラクエ風に書くと。
「まろはさとりをひらいた」
駄文、長文失礼します。

Re: この頃のハロプロ 

> NHRさん

お久しぶりです!(=゚ω゚)ノ

℃-uteの解散発表をはじめ、今年も色々ありましたね。
めいめいの卒業からまだ半年も経ってないのに、なんだか1年が長く感じます。
さゆのブログ更新は本当にビックリしました。
たった2行のブログであれだけニュースになるなんて、あらためて彼女の存在の大きさを思い知りました。
近々嬉しいニュースが聴けるといいのですが。

Buono!武道館コン、盛り上がったそうですね。
ワタシもLVに参戦しようか、と思ってたのですが仕事で都合がつかず・・・
DVDで観るのを楽しみにしてます。
地方からの遠征だと、帰りの時間や交通費が本当に大変ですよねー。
東京だけでなく、せめて大阪とかでも公演してくれたら、助かるんですけど(;一_一)
愛理ちゃんもBuono!はずっと続けたいと言ってますし、いつかまたライブを生で見れることを願ってます。

びわ湖ホールでのJ=Jコン、いかがだったでしょうか。
J=Jも本当に実力派グループに成長しましたよね。
実はJ=Jはリリイベくらいしか観たことがないので、そのうちライブに行きたいと思ってます。

まろ様は・・・・・うん、まあ、元気でいてくれればいいや(笑)




トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1234-5a12b6a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。