スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザワールドの人間態! 動物戦隊ジュウオウジャー 第18話感想

20160612001.jpg



動物戦隊ジュウオウジャー 第18話『きざまれた恐怖」 の感想です。





前回、デスガリアンのエクストラプレイヤーとして現れ、たった一人でジュウオウジャーを圧倒しちゃった6人目の戦士・ザワールドが今回も大暴れ。


20160612011.jpg
20160612002.jpg




冒頭からザワールド専用ロボのトウサイジュウオーが登場。キューブライノス、クロコダイル、ウルフの3体合体となるトウサイジュウオーが、8体合体のワイルドジュウオウキングを圧倒しちゃったのはなんか腑に落ちませんが、これもキューブに魔改造を施したジニス様の力なのか。トウサイジュウオーのトラクターモードを観て、超新星フラッシュマンのグレ-トタイタンを思い浮かべたワタシはオッサンですが、フラッシュマンは今年2016年で30周年だったり、アザルドの声を演じる中田譲治さんの特撮デビュー作(サー・カウラーのカッコよさは神!)だったりと、ちょっと縁があるかも?


20160612003.jpg




ちなみにこちらが玩具版のトウサイジュウオー。肩の存在感がすごい(笑)

20160612010.jpg




対人戦でもロボット戦でもザワールドに完敗を喫したジュウオウジャー。そのせいで5人はサイに扮した真理夫おじさんにまで怯えてしまうほどのトラウマを抱えてしまう。驚いたタスクがどさくさに紛れて1人だけジューマン態になっちゃってましたが、よくおじさんにバレなかったな。


20160612004.jpg




ザワールドへの恐怖から眼を逸らすのではなく、自分たちが恐怖していることをしっかり認め、そのうえで自分たちのやるべきことをやろうと諭す大和くん。森田療法の恐怖突入のような克服法ですが(最近それ系の本を読んでたもので)、それ以上に大和くんの「オレは怖い!」という宣言に、ジューマンの4人も緊張がほどけて本音を語り笑顔が戻っていく関係性が良いなー。静かな森の中で決意を固めた5人の後ろ姿が並ぶシーンが好き。


20160612005.jpg
20160612006.jpg




ザワールドが凶悪な強さを見せる分、もうひとりのプレイヤーのトランパスがおバカなのが救い(笑)どうして能力を破る方法を自分からバラしてしまうのか。トランパスを観てると髭男爵のルネッサ~ンスの方を思い浮かべるのですが、やはりモデルにしたんですかね?


20160612007.jpg




トランパスの危機に再び登場したザワールドに、ジュウオウイーグルは一対一の戦いを挑む(SHTではおなじみの川ですねw) スピードに特化したイーグル形態ではザワールドにかなわないと悟り、パワー特化のゴリラで肉弾戦に持ちこむことで善戦したものの、最後はザワールドの野生大解放の前にまたもや敗れてしまう。ちょっとザワールド強すぎんよ~。大和くんもイーグルとゴリラの同時野生解放とかさせてあげたくなるな。 


20160612008.jpg





強制変身解除をくらった大和くんに迫るザワールド。しかしその時ザワールドの体に異変が起き、彼もまた変身が解除され人間態を露わにする。イイ身体してるねえキミねえ(ねっとり目線) 体脂肪率がメッチャ少なそうな彼のことが気になりますが、公式サイトを見たらあっさり名前が明かされててズッコけた。次回はザワールドが自分と同じ人間であることを知った大和くんがなんとか彼の説得を試みるようですが、果たしてうまくいくでんしょうか、と思ったら来週はゴルフで1週休みかー。


20160612009.jpg







関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1240-2a12b578
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。