スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本編完結! 仮面ライダーゴースト 第49話感想

20160918108.jpg




仮面ライダーゴースト 第49話「無限!人の力!」 の感想です。





20160918102.jpg
20160918103.jpg
20160918105.jpg
20160918106.jpg
20160918107.jpg
20160918109.jpg
20160918111.jpg
20160918110.jpg




仮面ライダーゴースト、ついに本編完結です。

タケル殿が突然愛に目覚めたり、ラスボスをゴーストと英雄の16人がかりでフルボッコしたりと色々ありましたが(笑)、タケルが生き返ってからのラストはジーンときたし、ユルセンの正体が猫だった(!)というオチも良かったです。

仙人のおっちゃんが最後まで責任とらなかったのはイマイチ納得いかなかったとか(せめて何かしらケジメを見せてほしかった)、グンダリ無駄使いオジサンはアラン様じゃなく御成をかばってほしかった~とか、キュビちゃんの人間態がチャラい(笑)てな驚きもありましたが、まあ終わりよければすべて良し、かな?

しかし振り返ってみると、デミアプロジェクト&世界アデル化計画が始まってからの終盤の展開がなにかと説明不足だった感はやはり否めない。なんか終盤にいろんなエピソードをあれこれ詰め込んだために、「人の思いはどこまでもつながっていく」という根幹のテーマに関わるところの描写がおろそかになっちゃったような・・・。タケルの死が近づいていくことへのアカリや御成の葛藤や、タケルと母親の絆、アドニスとイーディスがどのように眼魔界を創り上げたのか、フレイア=グレートアイの正体なんかはもっと時間をかけて見せてほしかった。

タケルやアカリ、マコト、アラン様、御成、アデル、仙人のおっちゃんなど、ゴーストのキャラクターはみんな個性的で好きだし、ゴーストからムゲン魂までのフォームデザインも全部カッコよくてお気に入りです(ゴーストのマスクが変態仮面だなんて言われてた頃が懐かしい・・・)。ストーリーもアラン様が人間のすばらしさに目覚めるところまでは特に問題なかったと思うので、ただただ終盤のストーリー構成が色々ブレちゃったことだけが残念。逆に終盤がもっとうまく行ってれば、すごい名作になりえたようにも思うんですよね。惜しいなあ。

あ、そうそう。次の最終話が事実上新ライダーのエグゼイドとのコラボ回なのは毎年恒例なので納得できるんですが、本編の最終話である今回にまでエグゼイドのキャラが出てきて、しかもマコトとアラン様の最後の見せ場を奪っていくのはいかがなものかと。子供を含む視聴者を次の新ライダーに移行させたい気持ちはわかるのですが、今回はあくまでゴースト最終話という位置づけなんだから、そのへんのメリハリはちゃんとつけてほしいなー。マコトとアラン様が巨大グレートアイにはたかれて終わりなんて悲しいやん?(いや正直ちょっと笑ったけど) それにしても次のライダーは自転車に乗るのか。バイクと同じ2輪車なのに、自転車は盲点だったな。

20160918113.jpg
20160918114.jpg




・・・・・なんて好き勝手書いちゃいましたが、仮面ライダーゴースト、惜しいところもあったけど自分は好きな作品でした。西名駿くんをはじめ、俳優さんたちにはこの先も活躍してほしいです。次回は本当のゴースト最終回。最後まで見届けますぞタケル殿!

20160918101.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1272-92a45e6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。