【プリパラ】黄木あじみちゃん中毒ダ・ヴィンチ

20161022あじみ







プリパラのプの字も知らなかったワタシが退屈しのぎに見た動画で、黄木あじみちゃんに出会ってしまったのは果たして運命だったのでしょうか・・・。







キンキン甲高い萌えボイス、早口すぎて聞き取れないセリフ、会話すら成立しないハイテンション、なにより徹底して語尾に画家の名前を入れてくるその姿勢、もはや狂気でしか無いっ・・・・・!はじめて上の動画を見たときは頭痛と目まいに襲われ3分も保たずに視聴をギブアップしたんですが、だんだん電子ドラッグのような麻薬的魅力に憑りつかレンブラント、今では毎日視聴しないと眠れないほどのあじみ中毒となったのでアールデコ。嗚呼、あじみちゃんかわいイーゼル。最高でアンリ・マティス。最近はパニックラビリンス聴くたびに涙がでてくルーベンス。さあみんなもあじみちゃんの動画をミロのヴィーナス!レッツゴーギャン!ダダダヴィンチ!ダダダヴィンチ!(発狂)









・・・・・えー、ちなみに『プリパラ』とは6〰9歳の女児を対象としたトレーティングカードアーケードゲームでして、プリパラ公式サイトによると

み~んなトモダチ!! み~んなアイドル!!

ある日お年ごろの女の子たちに届く招待状。
それはファッションやダンス、音楽といった女の子の夢と憧れが詰まった「プリパラ」の入場チケット。
そこでは毎日のように、歌やダンス、ファッションセンスを競い合うライブが開催され、その様子はTVやネットを通じて世界中に発信される。
今やトップアイドルはこのプリパラから生まれるのだ。



ということで、プレイヤーは神アイドルを目指す数々の美少女キャラから1人もしくは複数を選び、ゲーム(いわゆる音ゲー)をプレイしてライブを成功させ、コーデ(衣装)やプリチケ(キャラクターとプレイヤーの顔が入ったカード)を集めるというもの。んでゲームの宣伝用にプリパラのTVアニメも作られ、現在(2016年10月)も絶賛放送中。っておい女児向けのアニメにあじみちゃんを出してたのかと驚いたのですが、実際大きなお友達界隈ではあじみちゃんが登場するたびに「ヒエッ・・・」と恐怖の声が漏れるそうな。なおアニメではあじみちゃん以外にも女児そっちのけでスタッフがかなりやりたい放題してて面白いらしいので一度観てみようかなと思ってるんですが今からだと100話以上あるんだよなあ・・・。プリパラ公式サイトやゲーム画面を観るだけで目がチカチカするおっさんのワイですが、いつか女児の目を盗んでゲームを遊んでみルノワール!



ちなみにプリパラの始め方についてはこの動画が面白くてわかりやすかったです。









関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1286-58224443