スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の鶏唐ラーメンをレッツ再現

20161103001.jpg






昼食にごく普通のラーメンをもそもそ啜っていたら、ふとむかし大学の食堂で食べていた鶏唐ラーメンのことを思い出した。

鶏唐ラーメン、それは大ぶりの鶏の唐揚げがドドンと3つも乗った醤油ベースのラーメンというまさに名前通りのもので、味よりもボリューム、栄養よりも塩&脂&炭水化物を求めるカロリーに飢えた若者のための食い物だった。さらに学食で300円という値段も貧乏な若者には魅力で、例にもれず貧乏だったワタシも鶏唐ラーメンにはしょっちゅうお世話になった。懐に余裕のある時はさらに80円のライスを足して腹を満たしていたっけ。

そんなことをツラツラ思い出してるうちに、無性に鶏唐ラーメンが食べたくなった。しかし鶏唐ラーメンを食べるためだけに、今ははるか遠くにある大学へわざわざ出かけていくのも面倒くさい。でも食べたい。だったらどうする?自分で作るしかない!

というわけで20年前の記憶を頼りに、鶏唐ラーメンをレッツ自作。といっても所詮は学食のメニュー、そんな上等な材料や凝った調理などしてるわけがない。ということで材料はスーパーのセールで売ってた生麺タイプのラーメンと、冷凍モノの唐揚げを準備。

20161103002.jpg




あとはお湯で溶かしたスープに茹でたラーメンを入れ、レンジで温めた唐揚げに青ねぎ、メンマをポンポンと乗せて、ハイできあがり。

20161103003.jpg



さっそく一口啜ってみると、おお思った以上に学食と近い味に!と言ってもまあ、味はぶっちゃけ「醤油ラーメンに唐揚げが乗った味」としか言いようがないんだけど・・・。ただ食べてるうちにだんだん唐揚げの脂と衣がラーメンのス-プに溶け出して、スープにほのかなトロみがついてくる。このトロみのついたスープが美味い。しみじみと美味い。さらにラーメンのスープを吸った唐揚げを一口かじれば、白ごはんプリーズ!と叫びたくなる。でも今や中年となったワタシのカラダには、唐揚げとラーメンの組み合わせだけで存外にヘビーで、白ごはんまで胃に詰め込む余裕はありませんでしたとさ。嗚呼、青春は遠くになりにけり。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

最近とり天うどんが増えてますよね。時代の先取りだったのでしょうか。

Re: タイトルなし 

> グンタイさん

とり天うどん美味しいですよね。
コロッケうどんや最近はフライドポテトを乗せた蕎麦もあったりして
揚げ物ならなんでも麺類に合うんでしょうねー

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1288-44e05184
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。