レベル5で大暴走  仮面ライダーエグゼイド 第8話感想

20161204101.jpg




仮面ライダーエグゼイド 第9話「Dragonをぶっとばせ!」  の感想です。






前回録画ミスしたので記事が書けなかった仮面ライダーエグゼイドです。BJ先生がレベルUPして空飛んだんでしたっけ?(適当)


さて今回のエグゼイドは、絵夢にとって命の恩人で物語のキーパーソンともいえる衛生省の審議官・恭太郎が登場。重要人物がこんな序盤で登場かーと思いきや、冒頭グラファイトによって恭太郎がバグスターウィルスに感染、病人状態で絵夢と再会を果たすという、これまたいきなりな展開にビックリ。飛ばしてんなーエグゼイド。話の展開早すぎ!

20161204102.jpg




一方、エグゼイド達のレベル3の力を目の当たりにしたグラファイトは、プロトドラゴナイトハンターZガシャット(長い)でパワーアップを果たし、再び絵夢たちに襲い掛かる。しかしグラファイトがプロトガシェットを奪うことも、全てゲンム社長の計算のうちだった。社長とパラドが明らかにグラファイトを捨て駒扱いしててグラさん可哀想。

20161204103.jpg
20161204104.jpg




飛彩がケーキを食べるシーンを見るたびに頑張れと思ってしまう今日この頃(飛彩の中の人が甘いもの嫌い)。飛彩によるとゲーマドライバーの適合手術は、人間にバグスターウィルスを少量入れて抗体を作るものらしい。単純に体内にウィルスの抗体を作っておかないと戦闘中にウィルスにかかってしまうから? でもそれなら一度ゲーム病に感染して回復した人間なら誰でもドライバー使えそうなんだけど(免疫できるだろうし)。でもドライバーの力が実はウィルスによる産物だったとかなら、適合手術が抗体作成ではなく「人間のバグスター化」って意味に変わってきそう・・・。

20161204105.jpg




「研修医は下がってろ」と相変わらず絵夢を邪見に扱う飛彩さん。しかしバトルでは今一つイイところ無し!戦闘中にエグゼイドに剣を奪われ、氷の柱でバグスターを捕えるなど、絵夢の方が剣の能力を上手に使いこなしてる気がする。さすが天才ゲーマー。

20161204108.jpg




ブレイブから借りた剣を投げ捨てる絵夢さん、ぐう畜(笑) でも剣をその場にいったん投げてからパンチで弾き飛ばす投げ捨て方はカッコよかった(小並感)

20161204109.jpg




グラファイトから取り戻したドラゴナイトハンターZガシャット(だから長い)で、エグゼイドが一気にレベル3からレベル5に変身。おいレベル4はどうしたんだというツッコミはさておき、ドラゴンがそのまま張り付いたようなレベル5フォーム、正直カッコ悪い(直球)

20161204111.jpg




しかし一気に2段階レベルUPしたのに加え、4人用のフォームを絵夢ひとりで扱ってるせいで、レベル5のパワーを制御できず暴走状態に。このへんの暴走の描写はいかにも強キャラといった感じでテンションMAXリラックス(プリパラ視聴中) 「研修医が図に乗るからだ」とこれみよがしにディスる飛彩先生の小物感が最高(誉め言葉)。 まあキミでも無理だったと思うよ。

20161204112.jpg
20161204113.jpg




絵夢が適合手術を受けてないのにガシェットを扱える謎を追う貴利矢。その鍵はやはりかつて絵夢を手術した恭太郎が握っているのか?恭太郎は今のところ悪人っぽい感じはしないけど、エグゼイドの展開は本当に読めないからなあ。パラドがやたら絵夢に関心を持ってるところも気になるし(絵夢とパラドは何らかの同じ力を持つ存在とも思える)。次回もガンガン話が進んでいきそうです。

20161204106.jpg
20161204107.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1296-fd2becca

仮面ライダーエグゼイド 第9話「Dragonをぶっとばせ!」 

仮面ライダーエグゼイドの第9話を見ました。 第9話 Dragonをぶっとばせ! 衛生省の大臣官房審議官・恭太郎がCRの視察に来るということで灰馬の指示で永夢はカンファレンス用のレポートがあるにもかかわらず掃除をさせられていた。 「恭太郎先生が!?」 「何故、日向審議官を下の名前で呼ぶ?言葉を慎みたまえ!」 「先生は僕の命の恩人なんです」 視察に向かっていた恭太郎が...