スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながりの真実・・・ 動物戦隊ジュウオウジャー 第46話感想

20170123001.jpg




動物戦隊ジュウオウジャー 第46話 『不死身の破壊神』 の感想です。






前回、覚醒したアザルド・レガシーの圧倒的な力を前に、なす術なく敗北したジュウオウジャー。命からがら真理夫おじさんの家までたどりつきましたが、どう見ても救急箱で治るケガじゃないような(汗) たとえ大ケガをしても病院へは行かずに自分の基地で治すのがスーパー戦隊の掟。

20170123002.jpg




一方、覚醒したアザルドはすっかりオラついてナリアを殴り飛ばすわ、ジニス様を呼び捨てするわ、「オマエもオレを楽しませろや」なんて暴言吐くわとやりたい放題。自分を楽しませるための玩具だと思ってた存在から、いきなり対等だと言われて、さすがのジニス様もピキピキ(#^ω^) つーかここでアザルドがジニス様と戦ってたら、案外アザルド勝てたんじゃね? でもサジタリアーク内ではジニス様のエネルギーは無制限だから(クバル情報)、やっぱ無理だったのかねえ。

20170123003.jpg




アザルドの攻撃で父親が危機にさらされても、なおアザルドとの闘いを優先しようとした大和くんにアムちゃん怒る!「もう二度と会えなくなっていいの?私たちの前でそれを選ぶの!?」 普段怒らない娘が本気で怒ったことのインパクトもありますが、ジューランドに帰りたくても帰れない、家族に会いたくても会えないアムちゃんだからこその言葉は、どんな言葉やビンタよりも効くわな。たった3つの短いセリフに、全ての思いを表現した立石晴香ちゃんの熱演、お見事でした。

20170123004.jpg
20170123005.jpg




父親の元へかけつけた大和くんは、バドの口から真実を知らされる。大和くんの母親が亡くなった夜、父親が遅れてしまったのは、バドの命を救っていたためだった。あの夜に父がバドを助けたから、バドはその恩義に報いるため、山で遭難していた大和くんを救った。そしてその時にバドからジューマンパワーを分け与えられたからこそ、レオ達4人のジューマンと出会い、今こうして一緒に戦っている。大和くんの今があるのは、あれだけ憎んでいた父親のおかげ。しかし大和くんはその事実を受け入れることができない。常に優等生だった大和くんが、ここにきてはじめて混乱と迷いの感情をむき出しにします。

20170123006.jpg





正直、大和くんと父親の話は今回で決着がつくものと思ってたんですよ。だって外野から見れば、大和くんと父親がちょっと話せば解決する程度のケンカじゃないですか(笑) 地球の危機が迫ってるのに親子ゲンカに焦点当ててる場合かい!?とも思ったんですが、これって実は、大和くんのポリシーにしてジュウオウジャーのテーマでもある、『生き物はみんなどこかでつながっている』の負の側面なんですよね。つまりつながるのは自分の好きな人たちばかりではなく、嫌いな人間とも否応なしにつながってしまうということ。

20170123007.jpg




大和くんは生き物はみんなつながっていると言いながら、実は嫌いな人間(=父親)とのつながりから目を逸らし続けてきたんですな。でもバドから真実を知らされ、その嫌いな人間とのつながりを無視できなくなったことが大和くんの混乱と暴走につながっているのだと思われます。結局は、嫌いな人間とのつながりをどう受け止め、乗り越えていくのかということ。果たして大和くんはどんな答えを出すのでしょうか。

20170123013.jpg




さて前回のアザルド戦は火薬ナパームボンガボンガの大盤振る舞いでしたが、今回の街中での戦闘シーンはカメラワークが凝ってて見ごたえありました。主観視点のカメラとか迫力あってグッド。派手な爆発や豪華なCGもいいけど、アクションはやっぱカメラワークが大事なんだなー。

20170123008.jpg




アザルドの肉体が爆発して中からコアが出てきた。今がチャンス!と、そこからカメラがグルーッと回ると、変身音とともにジュウオウホエールがポーズを決めて立っている!このシーンがカッコよくて録画で何度も見返した。

20170123010.jpg




アザルドを倒すのはやっぱジュウオウホエールだよなと思ってたら、最後にキメたのはレオ達ジューマン組の4人。まあ大和くんは父親との葛藤のせいで混乱状態だったし、何よりもジューランドのことはジューマンが片を付ける!という意味合いもあったんでしょう。ワイルドトウサイドデカキングから4人が飛び出し、ビル街を駆け抜けるシーンがこれまたカッコイイ!そして最後は4人のライダーキックでアザルド爆散。グッバイ、アザルド。中田譲治さんはアーカードの旦那といい、なにか不死身の怪物に縁があるのかしら(笑) お疲れさまでした。

20170123011.jpg
20170123012.jpg




「対等なものなど必要ない」と、どこまでも傲岸不遜なジニス様がしかける最後のゲーム。いよいよ最終決戦の始まりです。正直、このままナリアちゃんと一緒に宇宙に帰った方が安泰だと思うんですがジニス様。ただ、いまだに余裕綽々なジニス様が果たして最後にどんな散りざまを見せてくれるのかはちょっと楽しみ(笑) ジュウオウジャー、完結までいよいよ残り2話! 

20170123014.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1310-cd66078a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。