スナイプ、覚悟のレベル50!  仮面ライダーエグゼイド 第20話感想

20170226_121413.jpg




仮面ライダーエグゼイド 第20話「逆風からのtake off!」 の感想です。





黒医者の好感度上がりまくりな仮面ライダーエグゼイドです。


冒頭から大我が雪積もる道の上でorzしてて寒そう(小並感)と思いきや、ニコちゃんと2人で遊園地デートでした爆発しろ。お化け屋敷でニコちゃんにすがりつく大我を見てると、黒医者も本当に丸くなったなあ。

20170226_115311.jpg
20170226_115224.jpg




さて今回のゲーム病患者は高校生の少年。女の子を遊園地デートに誘ったものの、実はジェットコースターが苦手で、そのことが彼女にバレてフラレることへの不安がストレス源になっていた。なら遊園地止めて他の場所にすればいいじゃねえか、というツッコミはさておき、少年の恋の悩みになぜか発奮したピポパポさん、少年を無理矢理ジェットコースターに乗せて恐怖を克服させようと荒療治を敢行。ベッドに上るピポパポさんのスカート、ちょっときわどい。

20170226_120147.jpg




ジェットコースターでの絶叫と、ベンチで憔悴する永夢と少年のショットが交互に切り替わるシーンは笑った。ちなみにジェットコースターのシーンは実際に役者さんとスタッフが本物のコースターに乗って撮影したそうです(東映のプロダクションノートより) ちゃんと笑顔で演技してる松田るかちゃん、頑張ってます。

20170226_120207.jpg
20170226_120009.jpg




ゲーム病発症&消滅の恐怖からエグゼイドに変身できない永夢くんに変わり、前回レベル50への階段を上った飛彩がブレイブに変身してパラドクスと対決。ブレイブレベル50の力はまさにパラドクスと互角で、パラドクスへまともにダメージが通ったのもこの戦いが初めて。パラドクスの身体伸縮化の能力をブレイブの魔法で消し去るところも、ハイレベル同士の戦いっぽくて良い(でもパラドのアレ、伸縮というよりゴム化だよな) このままいけばブレイブの勝ち目もありそうでしたが、大我の読み通り、飛彩の肉体がレベル50に耐え切れずにパワーダウン、結局パラドクスに敗北するのでした。パラドが「まだ力を使いこなしてない」と言ってましたが、飛彩もレベル50を使い続ければいずれ耐えれるようになるのか? (たぶん)バグスターであるパラドとは、ガシャットに対する適応力が違いすぎる気もするんだが。

20170226_115849.jpg
20170226_115756.jpg




傷ついた体で再び戦いへ向かおうとする飛彩を大我が止める。

「失敗知らずのお坊ちゃんが・・・そんな身体でオペを続けて、俺みたいになってもいいのか」 
「オレには失うものは何もない。だから言ってんだ。仮面ライダーはオレ1人で十分だとな」


大我・・・・・(´;ω;`) 前回、飛彩が医者としてのプライドを見せたように、大我もまた免許を剥奪されてもなお医者のプライドを持ち続けていたということか。でもニコちゃんにとっては「失うものは何もない」という大我の言葉はやっぱりショックだろうなあ・・・。冒頭のニコと大我の遊園地のシーンなど、恋とまではいかなくても、少なからずの絆が2人の間に芽生え始めていただけに。しかも大我の仮面ライダーとして戦う決意が自己犠牲の精神から来てそうなのが不安なんだよなー。ニコが大我にとって失いたくない存在になっていくのか、この先の2人の関係が気になりますね。

20170226_120514.jpg
20170226_120456.jpg





そんな悲愴な決意を固めている大我だけど、新しいガシャットを手に入れた時はやっぱり嬉しそう(笑) てなわけで、ようやくスナイプもレベル50に変身です。戦艦と一体化したようなその見た目から、ツイッターの艦これクラスタが一時盛り上がり、早々にコラ画像なども作られてましたが、このブレイブレベル50のデザインを見ると、少なからず艦これは意識してるでしょうね。

20170226_120714.jpg
20170226_120835.jpg




さてスナイプレベル50、文句なしに強いしカッコイイけど、いかんせん火力特化の遠距離攻撃タイプなので、前回のブレイブレベル50と比べるとインパクトが若干薄かったのも事実。そもそもこんなスーツデザインじゃスーツアクターも動きにくいだろうし。その代わりなのか、やたらと爆破が派手でしたね。

20170226_121050.jpg
20170226_120928.jpg





そんな爆発に生身で巻き込まれまくる永夢くん(笑) でもゲーム病の恐怖から変身できなかった永夢くんも、大我の「そうやって一生自分のことだけ守ってろ」という言葉に刺激されて恐怖を克服し、再びエグゼイドとして戦うことを決意する。飛彩といい、大我といい、永夢くんはいい先輩に恵まれてるよなあ。序盤のあのギスギスムードからここまで変わるとは本当に思わなかった。それもこれも貴利矢さんの尊い犠牲があったからやで・・・(ちょっと強引?)

20170226_120902.jpg
20170226_121249.jpg




不死身なのをいいことに、すっかりかませ役が板につきつつある我らがゲンム社長。毎回傷ついた体を引きずって研究室へ帰る社長を見てると、だんだん不憫に思えて・・・・くるわけないだろいい加減にしろ。でも「私のゾンビゲーマーはレベル10にしてレベルX,すなわち無限大だ!」なんてことを言い出して、まだまだ社長は元気。退場されるとそれはそれで悲しいので、なんとか長生きしてほしいものですが、次回はそんな社長の父親が再登場。かつて貴利矢の命が奪われるきっかけとなった秘密がいよいよ明かされる!?

20170226_121502.jpg
20170226_121749.jpg






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

改めて。 

エグゼイドの脚本家さんは、キャラクターを好きにならせるのが上手い!と感じました。好きにならせるというか、キャラクターを魅せるのが上手いというか…
こんなのあかんわ、大我さん絶対に好きになるやん…(笑)。

今回は泣きそうになりました…大我さん…(ノД`)・゜・。
平成ジェネレーションズあたりから、大我さん絶対いい人だろ、単に悪ぶってるだけだろ、と思ってましたが、今回でついに彼の本音が出ましたね。
飛彩くんには、天才外科医としての権威がある、抱えてる患者もいる、慕ってくれるナースもいる、そして家族もいる。
仮面ライダーの戦いに身を投じるには、失うものがあまりにも大きすぎる。
自分は、医者としての権威もない、周りに慕ってくれる人もいない、だから、ずっと頑なに仮面ライダーは俺一人で十分だって言ってたわけですよね。
自分がもし命を落としても、自分という存在が消えるだけ、だから。
大我さんそれはあかんわ…悲しすぎるわ…(ノД`)・゜・。

エグゼイドのキャラクターの中で、実は彼がいちばん自己犠牲の精神が強いんじゃないかなって思ってます。
ずっとガシャットを寄越せだの、仮面ライダーは俺一人で十分だだの言ってたわけは、他の仮面ライダーになった人間を危険な目に遭わせたくないから。
そういった思いも含まれてるんじゃないかな。
バグスターを根絶したいっていう思いは、みんな一致してますものね。

飛彩くんにもああいう言い方しか出来ないっていうのが、また泣かせますよね…。
ほんと不器用にも程があるわ、エグゼイドのキャラクター達は。
貴利矢くんもそうだったしなあ。
もっとお互い素直になれば…って思うんですけど、不器用なところが彼らの魅力であり、愛しい部分なんですけど♥←脚本家の思うツボですw
消えないでよ…大我さん…
絶対にニコちゃん悲しむんだから!視聴者もやけど!

ニコちゃんを途中から登場させたのは、大我さんにとっても大切と思える存在を与えるため、なのかな。
そうだったらいいですよね♡
恋愛というか、「カブト」の風間さんとゴンちゃんのような関係になりそうですよね。大切な相棒というか、そんな感じ。

それにしても、今回は大我さんの可愛らしい部分が見れて嬉しかったなあ♥
お化け屋敷苦手とか何…可愛すぎだろ…そしてニコちゃんに弄られるww
いいぞニコちゃんもっとやれww
変身をためらってる永夢くんに不器用ながらも喝を入れたりと、今回のお話で、きっと大我さんを主治医にしたい女性ファンが増えたんじゃないかと思います(笑)
わたしは貴利矢くん一筋だけどなッ!♡←聞いてないw

グラファイトさんの復活も決まりましたし、またこれからの展開が楽しみになりましたね!
どうやって復活するのかなー楽しみ。
人気キャラクターだから復活させたのかな?東映チョロいぞ(コラ)
演じてる役者さんも嬉しいだろうなあ♥
早くパラドを叱ってあげないと、社長さんの気苦労が…(笑)。

長々と語ってしまって失礼しました;;映画も楽しみですね♪

Re: 改めて。 

> みずきさん

コメントありがとうございます!

エグゼイドもどんどん面白くなってきましたね。
キャラの掘り下げが進んで、飛彩と大我のそれぞれにバグスターと戦う理由、決意、そして覚悟が見えてきました。
序盤ではあんなに性格に問題ありそうに見えた2人なのに(まあ今も問題無くはないんだけどw)

社長も、序盤では永夢の唯一の味方に見えてたときもあったなー(遠い目)
今ではすっかりネタキャラ 狂気を秘めた宿敵になりましたねえ。
やってることは本当に非道なのに、不思議と憎めないのはやっぱり中の人の力なんでしょうかw

私も脚本の高橋悠也さんはキャラの見せ方がうまいと思います。
あとエグゼイドは毎回なにかしら新しい展開があって、中だるみの無いスピード感がスゴイ。
過去の作品では2クールかけてた話を、1クールで一気にやってるように感じます。
この先もずっとこのテンションが続くと良いなー。


大我がこれまでガシャットをすべて奪い、一人だけで戦おうとしていた理由が
「オレには失うものは何もない」からというのはカッコイイけど、このさき悲劇的な予感しかしない・・・
今後の大我にとってのキーパーソンは、やっぱりニコちゃんになるのかな。
ブラックジャックにとってのピノコみたいな存在になってくれるといいのですが。
これで大我まで死んだら、ワイ本当に寝込んじゃいそう。
あ、でも大我の意志を継いでニコちゃんがスナイプに変身する展開も見たいような(アカンやんけ)

おお、グラファイト復活するんですか! これは貴利矢の本編復活も十分あるな!(懇願)
忙しくてバタバタしてますが、ヒーロー大戦は絶対観にいくぞー(*´ω`)ノ



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/1320-b8125dbf