スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話 感想

海賊戦隊ゴーカイジャー 第36話 「相棒カイゾク」

「炎神戦隊ゴーオンジャー」がフィーチャーされた前回からの続き。

ガンマンワールドを救ったゴーカイジャーとゴーオンレッド:江角走輔。
しかしガイアークの害統領(二代目)ババッチードの策略で、
彼らはガンマンワールドに閉じ込められることに。


2011102901.jpg
2011102902.jpg





このままではヒューマンワールドがガイアークに侵略されてしまう!
ヒューマンワールドに戻るには、マシンワールドにいるスピードルと
ベアールVの不良息子:マッハルコンの力が必要。

走輔の手の中でスピードルがしゃべるこのシ-ン、実際は俳優さんが
スピードルを手でピョコピョコ動かしてるんだろうなと思うと、なんか面白い。

2011102903.jpg


マシンワールドにやってきたゴーカイジャーたち。
予算の関係か、もうひとつ殺風景な世界に思えたけど、
アイム姫が「綺麗・・・」とうっとりしてはるから、まあ(・∀・)オッケー!

2011102904.jpg
2011102907.jpg


マシンワールドを暴走する不良息子:マッハルコンを泣き落としで
説得しようとする走輔。


2011102909.jpg
2011102928.jpg


走輔:「おまえが生まれたときは、こんなキレイな目をしていたというのに!」
鎧:「・・・今日、初対面ですよね」

2011102905.jpg


走輔:「先生は悲しいぞおおおおー!」
鎧:「・・・いつから先生に?」
走輔:「うるさいぞ、ヨロイ君!」
鎧:「ガイです」

2011102906.jpg


しかし反抗期のマッハルコンには、走輔の説得など効く耳持たず、
逆にゴーカイガレオンを攻撃して走り去ってしまう。
「海賊にケンカするたあイイ度胸だゴルァ!」
と激怒したマーベラス、問答無用でマッハルコンを攻撃!
言葉でダメなら殴ってみせようホトトギス!
拳でしか、伝わらない愛があるッ!


2011102917.jpg
2011102918.jpg


「海賊は欲しいものは本気で手に入れる!オマエは逃げてるだけだ!」
マーベラスの言葉(と暴力w)で、ようやく目を覚ましたマッハルコン。
「正義の味方」である両親の存在から逃げようとしていただけの自分に気づき、
「オレは海賊の相棒になる!」と宣言。ゴーカイジャーの仲間に。

2011102908.jpg


不良から海賊・・・なんか余計悪くなってる気がしなくもないけれど、
ご両親も安心してニッコリしてるし、まあ(・∀・)オッケー!

2011102911.jpg


世界制服をたくらむザンギャックとガイアークが争ってるところに
マッハルコンの力でヒューマンワールドに戻ったゴーカイジャー。
もちろん今回の変身は、ゴーオンジャー!

2011102915.jpg


さっさと逃げたザンギャックを尻目に、ゴーカイジャーと対決するババッチード。
逃げ遅れたばっかりにバッチードに無理やり戦わされるザンギャックの兵士、カワイソス。

2011102921.jpg


アクションはゴーオンジャーらしい感じが抜群に出てて楽しかった。
アイム姫がゴーオンブラックに変身してたけど、ちゃんとスーツがスカートに
なってるところが、芸が細かい。
あと仮面ライダ-W(ダブル)みたいにゴーオンシルバーとゴールドが合体してたのも
新鮮。こういうW(ダブル)っぽい戦隊も、なかなか面白いかも。

2011102919.jpg
2011102922.jpg
2011102923.jpg
2011102926.jpg
2011102924.jpg


そして最後はゴーオンジャーの大いなる力が発動、
ゴーオンゴーカイオーが登場。
マッハルコンのスピードを生かした力でババッチードを無事撃破。

2011102927.jpg


そして最後まで鎧の名前を間違え続ける走輔(笑)。

2011102925.jpg


ゴーオンジャーらしい、明るい雰囲気のストーリーで楽しかったですね。
さて次回は、ザンギャックのダメ司令官:ワルズ・ギルさんが
いよいよ正念場に立たされそうな予感。
そういえばワルズ・ギルはザンギャック皇帝のひとり息子。
いよいよ大ボスの皇帝が登場してくるのかも。





関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

感想 

遅くなってしまいましたが、投稿します。
この回は色々と頑張っていましたね。

まずマッハルコンの更正ですが、
やっぱりレースになるんだろうなあと
思っていたが、いきなりの艦砲射撃には驚きました。
これには母であるべアールが怒るのも無理ないな・・・

次にザンギャックとガイアークの前面衝突ですが、
ボウケンジャーの回では、戦闘終了後を
描写していましたが、ゴーミンとウガッツの
戦闘員同士の対決だけじゃなく、
幹部の無双ぶりを描くなどいい見物でした。
(殿下もウガッツと戦っていましたねwww)
ババッチードが自己紹介に一々、
『カッコ2代目』と言うのは吹きましたが、
『なぜ、この強さで未だに地球を征服
出来ないのか分からんのであーる。』というセリフは
ある意味、他の所では征服できたのに
なぜか地球では出来ずに全滅してしまうという
過去にスーパー戦隊と戦った敵組織に対しての
皮肉とも思えてしまいます。

最後にマッハルコンについてですが、
タイヤを収納して空を飛ぶところは
なんか見た事あるなあと思って、調べましたが、
ターボレンジャーのターボレッドが乗る
巨大メカ、ターボGTでした。
ゴーオンゴーカイオーは捕まえる際に
偶然完成していたようですが、
何より原典でお馴染みのソウルセット再現には
嬉しかったです。

次回については発行時に記します。

Re: 感想 

>トライデルタさん

いつもコメントありがとうございます!

マッハルコンとの勝負は、ミニチュアセットと爆発の特撮が
なかなか力が入っててよかったです。
艦砲射撃はマッハルコンへの愛のムチなんてことを
記事で書きましたが、マーベラスは全然そんな気分じゃなく、
単にムカついたから撃っただけですね(笑)。

ザンギャックとガイアークとの戦いも、
演出に力が入ってるなと思いました。
ワルズ・ギルもなにげに戦闘兵と戦っていたのがおかしかったです。
『なぜ、この強さで未だに地球を征服出来ないのか分からんのであーる。』
というババッチードの言葉には、
「おまえらガイアークだってそうだろw!」
と見ていてツッコんでしまいました。
おっしゃるとおり、あのセリフは戦隊シリーズの敵組織への
皮肉めいたオマージュなんでしょうね。

ターボレンジャーは覚えてなかったので、
動画見てみましたが、確かにマッハルコンと似てるかも。
ターボレンジャーのマシンは車なのに、みんな空を飛ぶんですよね。

あとゴーオンゴーカイオーを見たとき、なんか手抜きな合体だなーと
思っちゃいましたが、後にカンゼンゴーカイオーとして
しっかり合体するようなので、こちらも楽しみです。


トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/547-f2606dd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。