スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊戦隊ゴーカイジャー 第38話 感想

海賊戦隊ゴーカイジャー 第38話 「夢を掴む力」。

前回登場したザンギャック最強兵器:グレートワルズに敗北し、
6人散リじりになってしまったゴーカイジャーたち。

一方、ゴーカイジャーに勝利し、意気揚々と帰還したワルズ・ギルは
インサーンの用意したご馳走に御満悦。
ていうか宇宙一の帝国の王子の割にはショボいような気も・・・
鶏の丸焼きなど、なんともわかりやすいご馳走の数々が微笑ましい。


2011111301.jpg





勝利をねぎらう幹部:ダマラスに対しては、まだ怒りがおさまらない
ワルズ・ギル。

2011111306.jpg


そんなワルズの態度にショックを隠せないダマラス。
皇帝からバカ息子のお目付け役をまかされた中間管理職はつらいよ・・・。

2011111302.jpg


そしてゴーカイブルー:ジョーは、かつての仲間であり今は改造されて敵となった
バリゾーグと一騎打ち。

2011111303.jpg


バリゾーグに苦戦するジョー。
しかしマーベラス達にもう一度会いたいという強い思いがジョーを奮いたたせ、
ついにバリゾーグを撃破!

2011111305.jpg


一方、ゴーカイガレオンで気を失っているマーベラスは、
夢の中でかつて自分を救うために犠牲となったアカレッドと再会し、
仲間のために自分ひとりが犠牲になるのではなく、
本当に大切なのは仲間の絆を守るために、最後まで生き抜くことだと諭される。

・・・すごくイイ事言ってるアカレッドさん(中国語なら「赤紅」になるのか?)
だけど、声が古谷さんなのでどうしてもアムロに聴こえてしまう。
あと、コスチュームがもう少しカッコよかったらなあ・・・。

2011111314.jpg


一方、かつての仲間である尊敬する先輩だったシド=バリゾーグを倒してしまい、
悲嘆にくれるジョー。
しかしそんなジョーの前に、かつて人間だった頃のシドが現れ、
ジョーに進むべき道、仲間達のいる道を指し示し、消えていく。

2011111311.jpg


そして再び集結したゴーカイジャー。
離れ離れになったことで、改めて自分達の本当に大切なもの=仲間との絆に
気づいた彼らは、新たな決意の元、ザンギャックに立ち向かう。

2011111316.jpg


ゴーカイジャーが生きていたこと、そしてバリゾーグの死を知ったワルズ・ギル
(肉食ってんじゃないよw)は怒り爆発。
今度こそゴーカイジャーを倒すべく、再び一人でグレートワルズに乗り込む。

2011111315.jpg


グレートワルズに苦戦するゴーカイオー。
しかし「仲間たちとの絆」というゴーカイジャーの大いなる力が発動。
ついに最強形態:「カンゼンゴーカイオー」が完成。
ゴーカイジャーのことだから、てっきりこれまで登場した過去戦隊のロボット全てが
合体するんだろうな、そしたらスゴイ巨大なロボになるんだろうな、
などと思っていたので、意外にスリムなカンゼンゴーカイオーの姿に
ちょっと拍子抜け。まあカッコイイけど。

2011111310.jpg


カンゼンゴーカイオーの前には、最強兵器のグレートワルズも
歯が立たず、とどめのロケットパンチでついにグレートワルズ、倒れる!

2011111312.jpg
2011111317.jpg
2011111313.jpg


死んだか?と思われたワルズ・ギル。
「オレはこのままで終わるのか~」と叫びながら散ったワルズを見ると、
多分まだ生きてそうな予感。
後々、バリゾーグみたいなサイボーグになって復活するんじゃないか?
とちょっと期待。

2011111308.jpg


ともあれ、ワルズをやられて怒り爆発のダマラス。
本当は一途にワルズのことを心配していたみたいで、なんともいじらしいダマラス・・・。
いよいよザンギャックの総攻撃が始まりそうな予感がします。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

感想 

今回で、一つのストーリーが終わりましたね。

ジョーとバリゾーグの一騎打ちはいい見物でしたね。
特に変身解除しながらも受け止めて跳ね返して、
とどめを差すジョーの姿は身震いしました。
倒すことしか救えなかったのですが、大原 丈の言葉通りに
魂だけでも救えて良かったです。

次にカンゼンゴーカイオーですが、
てっきり全ての大いなる力を揃えて発動するのかと思いましたが、
ゴーカイジャー自身の大いなる力だとは思いませんでした。
エンジンオーG12やサムライハオーのような
全パーツ使ったゴテゴテじゃなく、
余分な部分を削ぎ落としたスッキリしたデザインでしたね。
必殺技がロケットパンチと豪快な技でしたねwww

てっきりワルズ・ギルはダマラスのクーデターで
死亡するのかと思いましたが、ゴーカイジャーを
過小評価したが故のしっぺ返しでもマシでした。
そしてダマラスもなんだかんだ言っても忠臣キャラで、
遺体を抱えるシーンは切ない・・・

次回はメガレッドこと伊達健太が登場みたいなので、楽しみです。
特に初の銀色戦士であるメガシルバーの登場や
正体が高校生だとバレたが為に、ヒーローから一転して
嫌われ者になる最終章など印象的でした。
健太が母校で教師をしていたのは驚きました。
そういえば、『ギンガマンVSメガレンジャー』で、
自己紹介の時に浪人と言っていましたが、
このセリフ後の答えだったんですね。
マーベラス達を体験入学させる発想もリョウマたちを
メガイエローこと城ヶ崎千里がいる大学を案内する為に
現代服に着替えさせた時のオマージュを思わせますwww

Re: 感想 

>トライデルタさん

コメントありがとうございます!

ジョーとバリゾーグの戦いは見ごたえありましたね。
バリゾーグの身体から解き放たれたシド先輩の
「いい仲間をもったな」のセリフもグッときました。
ジョー役の山田くんはどんどんイイ俳優に成長してる気がします。

ここ最近のシンケンジャーやゴセイジャーの最強ロボが
もうゴッテゴテの合体で、着ぐるみの中に入ってる人がかわいそうに思えた位でしたが(笑)
それと比べるとカンゼンゴーカイオーはすごくすっきりしてますよね。
でもなかなかカッコイイデザインだと思います。

最初、ダマラスは裏のある奴なんだろうな、と思っていたので、
実はワルズを本当に心配していた忠臣だったことがわかって、
なんだか切なかったですねえ。
この先、ダマラスの壮絶な復讐が見れるのでしょうか・・・。

今週のメガレンジャー編も面白かったですね。
メガレンジャーは未見だったので、高校生戦隊っていうのがなかなか新鮮でした。
(そういえば後番組の仮面ライダーフォーゼも「高校生ライダー」だし)
デジタル研究会の志が今も生徒たちに引き継がれている、という描写もよかったな。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/556-acc6d373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。