スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京までチャージマン研のイベントに行ったったwww

今日仕事やったのに、ズル休みして行ってきたったwww


2011112303.jpg


「チャー研!まつり」
~チャージマン研を愛する人々による1日限りのお祭りイベントだぁ~


「チャージマン研って何?」という人はWikiを見ていただくとして、とりあえず要約すると、

・1970年代に放送された10分間のSFヒーローアニメ
・低予算ゆえに作画、脚本、演出ともチープでグダグダな作品
・しかしそのチープでグダグダな作風が、現在の目で見るとツッコミ所満載。
 1話5分程度というお手軽さも相まって、30年の時を経てニコニコ動画をきっかけにブレイク。

というもの。

ワタシもニコニコ動画でチャー研を見たのをきっかけにハマった口ですが、そんなカルトな人気のチャージマン研のイベントが東京は渋谷で開催される!という情報を聴き、滋賀から日帰りで行ってやりました東京に!

全ては、チャー研のために!






本日の会場である「パセラリゾーツグランデ渋谷」に到着したのは12時40分。店の前にはすでに行列が。

2011112302.jpg



パセラっていわゆる高級志向のカラオケ店なので、本当にココが会場?あのチャー研の?と思ったけど、オサレな内装の店内を通り抜けて地下へ潜り込んでいくと、100人ほどの席が用意されたステージ広場に到着。

2011112301.jpg



観客は、やはりニコ動世代の若い子たちがメインの客層。意外に女の子も多くて驚き。全体の3~4割は女子。

チャー研のくせに・・・。


イベント開始前にチャー研の制作元:ナックの作品「透明少年探偵アキラ」(これまたシュールで笑える作品)が上映されたあと、13時の本編のイベントがスタート。

司会はエレキコミックの今立進と、声優の酒井香奈子、ゲストに元・腐男塾の乾曜子、仮面ライダーフォーゼで女教師を演じてる虎南有香、映像作家のキムラケイサク、さらに「チャー研」製作者の西野聖市と、仕事を選ばなかった なかなか豪華なラインナップ。

チャー研のくせに・・・。



今回のイベントの内容は以下のとおり。

(1)チャー研の主要人物の解説
(2)TVでは放送できないエピソード3編の上映
 (第16話:「殺人レコード 恐怖のメロディー」第36話:「戦慄!悪魔の病院」第25話:「恐怖!精神病院」
(3)「チャー研」製作者:西野聖市へのインタビュー
(4)12月発売予定のチャー研グッズの紹介
(5)チャー研名場面ベスト10
(6)チャー研OPテーマのカラオケ合唱(パセラでチャー研のOPテーマが配信されるらしいw)


興味深かったのは、やはり(3)の製作者インタビュー。司会もゲストも無視して、淡々と思い出話を語る西野氏が色々スゴかった(笑)。以下、西野氏の話の内容。

◯西野氏本人は、チャー研にそれほど深く関わっていなかった

◯チャー研の1本あたりの制作費は当時の金額で10万円。ちなみに鉄腕アトム(30分番組)は1本あたり70万円だった時代。時間で換算しても、チャー研はアトムの約1/3の予算で作られていたらしい。

◯シナリオはOPでクレジットされてる和久田正明、安藤豊弘、玉戸義雄の3名が本当に担当していた(1人が名前をいくつか使い分けてたわけではない)

◯キャラの声を担当している「劇団近代座」には当時、愛川欽也も在籍していた

◯主人公の研の声優は謎。西野氏も知らないらしい。

◯西野氏は虫プロダクション出身。後にガンダムで有名になった富野由悠季は当時絵コンテが下手だったとのこと。西野氏は他にも「有名になった今でもトミノ君は演出が下手で・・・」と発言し、司会の今立さんを慌てさせていた(笑)。



個人的にはこの西野氏の話が聴けただけで十分元はとれたかなー。

チャー研はとにかくツッコミ所満載のアニメなので、大勢であれこれ言い合いながら笑って見るのが一番楽しい見方なので、今回のようなイベントはまさにチャー研の楽しむのにうってつけの空間といえる。

ただ30分に渡った「名場面ベスト10」で、ゲストも観客もワタシもかなり体力を奪われ、2時間のイベント終了後にはなんだか得体のしれない疲労感が残ったのも事実。あらためて、チャー研の恐ろしさを思い知った・・・。。

それにしても、あれだけ盛り上がっていたニコニコ動画から一斉にチャー研の動画が消されてしまったのは、今でも本当に残念でならない。権利者の申し立てによる削除らしいが、その割にYoutubeでは今でも全話見れたりするのが、また納得いかないんだよなー。ニコ動、黒字なんだし、チャー研の権利買い取って放送してくれればいいのに、なんてことを思いつつ、イベント終了後はそそくさと東京を後にしたウツロメでした。



<P.S.>>チャー研グッズは、以下から発売予定とのこと。

メディコム・トイ・・・タンブラー、マグカップ、トリップクッションなど
◯モイスト ・・・チャー研アンダーウェア
◯エポック社 ・・・ろうメンカプセル


トリップクッションとかアンダーウェアとか、いったい誰得なんだ(笑)。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/562-a31ece5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。