スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊戦隊ゴーカイジャー 第40話 感想

2011112701.jpg


海賊戦隊ゴーカイジャー 第40話 「未来は過去に」

って、えーっ!もう40話目かよゴーカイジャー!
あと残り7,8話でゴーカイジャー終わっちゃうじゃん!

まあそりゃそうだ。
今日は11月27日。残り1ヶ月で2011年が終わっちゃうんだもんなあ。
月日が経つのは早いよなあ・・・。

ちょっぴりしんみりしつつ本日も朝早く起きて観た今回のゴーカイジャーは、
2000年放映の「未来戦隊タイムレンジャー」をフィーチャー。
元タイムイエローのドモン(小泉朋英)が現れ、
ゴーカイジャー達に2009年の過去へ行ってとある神社を守れと告げるのですが・・・。




今回なんといっても興奮したのは、過去の行き先が
今年(2011年)の1月に劇場公開された
「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」の1シーンだったこと。
なんか見覚えあるなーと思ったんだ。
(関連記事:「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕」 観てきた!


ゴセイジャーさんお久しぶりです。

2011112704.jpg


殿様もお久しぶりです。

2011112703.jpg


そしてチョーさん、じゃなかったシタリさん、お久しぶりっす!
イカって言うな!イカって言うな!

2011112711.jpg


そして銀幕版でゴーカイジャーが初登場したシーンも、見事に再現!
まさかここにきて、映画の伏線を回収するとは、なんとも粋な演出。
はじめて映画でゴーカイジャーの姿を見たときは、本当に衝撃だったなあ。

2011112708.jpg
2011112710.jpg
2011112706.jpg


一方、神社で語り合う鎧と謎の少年。
彼の正体は・・・?

2011112705.jpg


神社を爆破しようと企むゴセイジャーの幹部:メタルアリスとマトロイドのザンKT0。
ゴセイジャー唯一の敵側の女幹部だったメタルアリス、当時はブレドランの妹
なんじゃないかとか色々思ってたな。結局ただのやられ役だったけど・・・。

2011112709.jpg


マトロイドのザンKTOを倒すため、タイムレンジャーにゴーカイチェンジ!

2011112714.jpg


タイムレンジャー放送当時は、まさにマトリックスが一大ブームだった頃。
変身時のエフェクトもいかにもそれっぽいし、タイムレンジャー本編でも
使われていたマトリックス避け(イナバウアーw)も披露。
鎧だけ避けられず攻撃を受けてしまうのは、タイムレンジャー第1話(だっけ?)で
現代人のレッドがやっぱり同じ状況で攻撃をくらったことへのオマージュですな。

2011112716.jpg
2011112707.jpg

こういうマトリックスのオマージュ&パロディは、今の目から見るとなんだか
微笑ましいものがあるけど、その時代ごとの流行を貪欲に
取り込んできたからこそ、スーパーヒーロータイムがマンネリにならず
ここまで続いてきたとも言える。

ラスト、少年とお母さんを交えて、全員で記念撮影。
少年の名前は未来。
そして母親の名は、ホナミ。

2011112715.jpg


そう、少年は、未来人のドモンと、現代人のホナミとの間に生まれた子供だったのだ。
タイムレンジャー本編では、子供が生まれたことを知らないまま未来へ帰ってしまったドモン。
しかし今回、ついにホナミと自分の子供の存在を知り、ドモンは涙を流す。

2011112712.jpg


ウツロメは昔から「バックトゥザフューチャー」や「時を駆ける少女」といった
タイムトラベルものが好きなので、
タイムレンジャーをリアルタイムで観ていなかったにもかかわらず、
今回のラストは胸がジーンとしてしまいました。
未見のワタシでさえこうなんだから、リアルタイムでタイムレンジャーを
見てた人は、さぞ感動しただろうな。

さて次回は、ついにザンギャック皇帝:アクドス・ギルが本格的に登場。
アイム姫のシリアスな展開が見れそうです。
いよいよクライマックスに向かっていくゴーカイジャー、見逃せません!



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

今回の感想 

タイムレンジャーはリアルタイムで見ましたが、
ちょっとストーリーが難しかった為に
所々しか覚えていませんwww
ですが、初のもう一人の赤戦士である
タイムファイヤーの登場やタイムロボ発進シーンなど
アクションシーンが良かったのは覚えています。

次に過去編についてですが、劇場は行ってないので
DVDで確認しましたが、まだ地球に来ていないはずの
ゴーカイジャーがなんでいるのだろうと思いましたが、
そういうことかと膝を叩きました。
また、日時が『2010年10月2日』という事で調べましたが、
ゴセイジャーがマトリンティス帝国と戦う一日前の
出来事(2010年10月3日)になっていました。
ゴセイジャーはウォースターと戦って以来、連戦でしたね・・・

またドモンと相思相愛の関係であるホナミは、
アバレンジャー(第27話)でも登場していました。
この時の未来君は3歳だから、仕事と家庭を
掛け持ちしてましたから、苦労していますね。
でも、今の彼女を見ているとそんな顔はしていませんでした。
やっぱり、ドモンの面影がある息子がいるから
頑張れるんだと思います。

最後に爆破を阻止した神社ですが、
祭られている壺を見て、思い出しましたが
あれはカクレンジャーの協力者であるニンジャマンが
封印された壺に似ていました。
だから、カクレンジャーの大いなる力については、
渡す人がニンジャホワイトこと鶴姫で、
鍵を握るのがニンジャマンだと思います。

次回でアイムの過去話と皇帝出陣など
最終回にむけて怒涛の展開になるのではと思います。

Re: 今回の感想 

>トライデルタ さん

コメントありがとうございます!

タイムレンジャーの脚本は小林靖子さんだったんですね。
だからちょっと大人向けの話だったのかもしれません。
(シンケンジャーもオーズも大人向けだったし・・・)

劇場版とのリンクはよかったですよね。
ツイッターでも、みんな「おおおおお!」と興奮してたのが印象的でしたw

ホナミさん、アバレンジャーでも登場してたんですね。
今回のゴーカイジャーでも、素敵な笑顔を見せてくれました。
タイムレンジャー放映から10年を経て、やっとドモンが自分の子供の存在を知る、
というのがジーンときました。
35周年記念番組ならではの、粋なはからいだと思います。

そうそう、神社の謎が今回明かされなかったので「?」だったのですが、
おっしゃるとおり、カクレンジャーの大いなる力のことなのかもですね。
ハリケンジャーは登場したけど、カクレンジャーはまだ登場してませんしね。

次回は皇帝も出るし、アイムの過去も明らかになりそうだし、
楽しみです!

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/565-b3f2a7bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。