『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 ついに始動

20120113_235707.jpg




エヴァンゲリオン新劇場版の公式サイトで、ついに次回作「Q」が
ついに公式アナウンスされましたね。

エヴァンゲリオン新劇場版:Q 公式サイト





まあ今のところ(1/13)、「2012年秋公開」の他にはまだ何の情報も無いわけですが・・・。

もう2012年に入ったのに、未だに公開日が未定っていうのはどうなの?
本当に大丈夫なの?という気もしますが、大盛り上がりを見せた前回の
「破」がまだTV版のエヴァのストーリーに準じていたのに対し、
今回の「Q」からは間違いなく新劇場版完全オリジナルの展開になるし、
製作もかなり困難を極めてるだろうことは予測できるので、ファンとしては
とにかく庵野カントクはじめスタジオカラーのスタッフの奮闘を願うばかり。



ところでこの前、エヴァ旧劇場版(Air/まごころを君に」を久々に
再見したんですが、もう徹底的にスリリングで狂った映像とセリフの
オンパレードで、やっぱりムチャクチャ面白かったんですね。
今でも「旧劇場版」は私にとって最高の映画の1つです。






でも旧劇場版の徹底的に内省的なドラマは、やっぱり1990年代だからこそのモノで、
大震災や放射能漏れに経済危機で揺れるこの2012年に
「僕はここにいてもいいんだ」なんてやられても、
「そんな悠長なこと言ってる場合じゃねえんだよ」という気持ちになったのも事実。

アスカの復活、マリの正体、エヴァ六号機とカオルの目的、月の秘密
といった「破」からの伏線、そして「Q」のサブタイトル、
"you can not redo" ・・・「あなたはやり直すことができない」
の意味深な言葉などなど、新劇場版がこの先どういう展開に進むのか
検討もつきませんが、とりあえず現在の不安と停滞の日本をグァッと
盛り上げてくれるような前向きな大活劇を個人的には期待したいところです。
まあポジティブなエヴァなんて想像つかないのも確かなんだけどさ。



あと「Q」の続編の最終作「?」は2013年公開予定とのことですが・・・
無理でしょうね(笑)。2015年くらいに見れれば御の字じゃね?







関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/592-95b86724