スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンター×ハンター』 No.332「喝采」 感想

20120124_004043.jpg



週刊少年ジャンプ2012年08号掲載のハンターハンター No.332「喝采」。

いよいよ大詰めの会長選挙に、なぜか巻き込まれてしまったレオリオは果たして?

そしてついにゴンの元へとたどり着いたキルアとアルカは?



何の準備もできず、そもそも自分がなんで会長候補になってるのかも
よくわからないまま、演説台の前に立たされたレオリオは、
投票者の聴衆の前で、ゴンとキルアに対する思いを率直に告げる。

12012301.jpg



ハンター協会をめぐる政策やら権力やら権謀術数などで凝り固まっている
他の候補者と違い、ダメな自分だけど、それでも仲間を助けたいという
誰もが共感できる言葉で、結果的に聴衆の心を、そしてチードルの心をも
つかんでしまったレオリオ。

それはイイとしても、こうしてレオリオが舞台の中心になることを
見抜いたのはジンであり、思えば今回の会長選挙の方式を決めたのも、
パリストンの企みをいち早く見抜いたのもジンだったことを考えると、
ここまでの流れは全てジンの思うままに進んでいるのだろう。

しかし前号で、「会長選挙がを終わるまで投票者も候補者も会場を出れない」
というチードルの考えたルールに対し、ジンが「まずいな・・・」と
つぶやいたトコロを見ると、この先ジンが懸念している何かが起きるということ。

そして笑顔が消えたパリストンは何を思い、何を企むのか。
次回のパリストンの演説で、全てが明らかになる。



そして、ゴンのもとにたどり着いたキルアは、ついにゴンを元に戻す
願いをアルカ(=ナニカ)に託す・・・。

12012302.jpg



このシーンも含め、眠りから冷めたアルカと話しているキルアの表情が、
どこか寂しそうで、それでも何かを覚悟しているように見えてしまう。

「このお願いを最後に、もうナニカに何もお願いしないことなんだろう」
そして、その前にキルアがアルカに語った
「これからはずっといっしょだよ 約束だ」という言葉が、なんだか引っかかる。

まだわからないけど、キルアは確実に何かを覚悟しているような気がする。
ゴンを救った代償として、何らかの形で自分が犠牲になることを・・・?



そして・・・

12012303.jpg


ゴンさんがエライことになってるよう(´;ω;`)


以前に嘘ネタで話題になった、ゴンの身体がどんどん老化していってるような
イメージで思ってたのだけど、むしろどんどん身体が崩壊していってる
ように見えるのだけど、果たして・・・。

物語はクライマックスに向かっているのか?
それともこれは何かの始まりに過ぎないのか?
いよいよ目が離せなくなってきました!



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

レオリオさんのスピーチは非常に良いです!
Leorio san's speech is very good! (*>3<*)/

Uwaa... I wanna cry again.... QAQ *sob

Re: タイトルなし 

>Hozumi san

Thank you for comment and I'm sorry for late reply.

It has been said that Leorio san's speech is the author's thoughts(Togashi sensei) could not do anything when "the East Japan Earthquake" occurred last year….

So, I was very impressed his speech(´;ω;`)


トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/597-a0a07271
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。