スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンター×ハンター』 No.337「懺悔」 感想

20120228_203304.jpg





週刊少年ジャンプ2012年13号掲載のハンターハンター No.337「懺悔」。





2012022801.jpg



今回は絵がかなり残念な感じで、あちこちで「冨樫もう限界か!?」などなど
騒がれているけど、サブタイトル通り「懺悔(=贖罪)」をテーマにした
今回の内容はかなり哲学的で奥が深い。

やっぱり一番胸に来たのは、元殺し屋のコアラ(キメラアント)の懺悔に対する、
(少女に生まれ変わった)カイトの言葉。

>お前はあたちと来い
>お前が撃ったあたちのそばで
>これからずっとだ これからずっと「これしかない」って生き方をするんだ
>これはお前の義務だ 選択の余地なんか無い
>自ら死んでリセットなんて誰が許すか 毎日あたちに謝りながら生きろ
>二度と「このままでいいのか」なんてヒマでクソな考えがもたげない位こきつかってやる
>あたちに謝りながら あたちの言う通り働いて あたちのために生きるんだ
>もしお前がちょっとでも今の覚悟を忘れて堕落したら
>あたちが殺してやる 安心して生きろ



なんという凄みのあるセリフ。何度読んでも鳥肌が立つ。


カイト=少女を軸にして、ゴンとコアラは対象的な存在として描かれている。
どちらも少女=カイトを死なせてしまった二人。

コアラは自分が傷つきたくないばかりに、言葉を重ねて自分の罪から逃げようとした。
一方のゴンは死なせてしまったカイトと正面から向き合い、謝罪した。

コアラは少女を殺したことをに罪悪感を覚えながら、結局それから何も行動しなかった。
ゴンはカイトを死なせてしまった罪悪感を抱き続け、自らを死の淵に追い込みながら
敵であるネフェルピトーを倒した。

懺悔とは、言葉でも後悔でも自己満足でも無い。
懺悔とは、贖罪とは、罪をあがなうべき相手に対して自分を捧げ尽くすということ。

カイトがコアラに「逃げるな」と言ったのは、
コアラが贖罪の相手である少女の気持ちを微塵も考えようともせず、
懺悔しただけで自己満足しようとしたことへの怒りだったのだと思う。

そしてそれは原発問題で被害を受けた人々に対して、
懺悔する態度が全く見えない東電や政府に対する作者の怒りともとれるし、
数々の罪悪感をごまかしながら生きてきた私にとっても、耳が痛い言葉である。


などなど今回は絵を補うかのように、終始セリフやモノローグが秀逸で、
個人的にはここ最近の中では一番好きな回だったりします。
(それだけに絵が余計に残念に感じるんだけどw)


関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Im sorry, I late to give a comment.... ;__;

物語は何ですか? What is the story on this chapter tell about?? ;A; I don't really understand...

Re: タイトルなし 

>Hozumi san

コメントありがとうございます!

I summarize the story of this chapter.
But I'm sorry the sentences is very long…(´・ω・`)

<Story>
------------------------------------------------
Koala is a man who was a killer when he was a human
He was eaten by the queen of Kimeraant, and he was revived as chimera-ant.

Previously, Koala killed the red-headed girl and he has regretted it.

On the other hand, red-hair girl and Kite has also been eaten by the queen of the chimera-antt.
And now they are revived as a little girl.
Her body is the red-hair girl, and the soul is Kite.

Koala meet her, and he talks about why he killed red-hair girl.

At that time, red-hair girl was being chased by other chimera-ants.
Koala want she run away .
He did not want to see that she was tortured and suffered by them.
So he killed her.

But Koala realized that what he really should do is to protect her from other chimera-ant.
So now, he confess his sin to red-hair girl(=Kite) who was killed by him, and he try to leave alone from her.

But red-hair girl(Kite) get angry and tell Koala.

"Don't Escape!
 Come with me, apologize to me, and work for me in all your life!"


At that time, Gon come.

Gon apologize to red-hair girl(Kite) about Gon did not be able to rescue Kite from Nefelpito.
But red-hair girl(Kite) forgive Gon because Kite has known that Gon has regretted Kite's death and he fought Nefelpito to risk his life.

Koala know that Gon fought for Kite, and he make up his minds to live with red-hair girl(Kite) in his all life.

------------------------------------------------


When I read this chapter, I feel it is very important that making up for one's sin is not only word of apology, but also action for a person・・・

I like the story of this chapter!

 

Ooh.. I see (/O▽O)/ そうか~

Im sorry, I've bother you... (;__;) I was so stupid in english, but when you explain the story to me, I understood :D Thank you very much!!

This chapter has a good story (; v ;)

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/611-e5572ffc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。