スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission4 感想!

(ラストで非情な面を見せた司令官が、EDのダンスで軽やかに踊ってるこのギャップw)

20120318_183412.jpg




特命戦隊ゴーバスターズ Mission4「特命と決意」

ゴーバスターズと特命部司令官:黒木のスタンスの違いが明確になった今回。
敵の強さも相まって、終始緊張感あふれる回でした。





13年前に亜空間へ転送され行方不明になった家族を助けるため、
1日でも早く亜空間へ突入したいヒロム達。
しかし黒木は亜空間に生存者はいないと冷酷に言い放ち、
自分たちの目的はあくまでメサイヤのシャットダウンであることを告げる。

2012031805.jpg



黒木の言葉に多々秋のモチベーションが下がったかと思われたヒロム。
しかしヒロムは黒木の言葉を全く気にしていなかった。
「亜空間に飛ばされた人たちは、必ず生きてる」

2012031806.jpg



どこまでも自分の信念を貫こうとするヒロムに、
リュウジとヨーコも同じ決意を固める。

2012031810.jpg
2012031808.jpg
2012031803.jpg



ワタシのなかでヒロムの株が一気に上がったシーン(笑)。
ヒロムはどこまでも自分に正直で純粋な男なんだなあ。
だからこそ時にKY発言をしてはヨーコに殴られるんだけど。




さて、今回もメチャクチャカッコよかった巨大メカ戦。
今回のメガゾードはバリアを張ってバスターズの攻撃を
跳ね返すという、まだ4話目なのにかなり強力なヤツ。

2012031807.jpg
2012031804.jpg



メガゾードの攻撃に絶体絶命のゴーバスターエース。
まさか戦隊モノで「メインケーブル破損!」「出力○○%低下!」
なんてリアルなセリフが聞けるとは思ってもみなかった。
そしてゴーバスターエースの残りのエネルギーを腕と足に集中させ、
コクピットの気圧制御も解除し、ギリギリの状態で敵に特攻する
流れの盛り上がりはもうお見事!

2012031802.jpg



コクピットを貫き刺さった敵の刃が落下し、その切れ目から
光が差し込む・・・。

2012031801.jpg



ああ、これだ。オレはこういう特撮をずっと見たかったんだ!

ロボットアニメ(特にエヴァ)の演出を実写に取り込んだ、と言われれば
その通りなんだけど、それでもこれまでの戦隊モノは等身大戦がメインで
巨大ロボット戦はどちらかというと
「シリーズのお約束だしオモチャも売らないといけないからまあやっとくか」
くらいの感じしか受けなかったのが正直なトコロ。
しかし今回のゴーバスターズは、明らかに巨大ロボ戦がメインで、
ロボット戦がストーリーにしっかり関わっているし、ロボット戦だからこそ
できるカッコ良さを製作陣が追求している。
まだ始まったばかりだけど、ゴーバスターズはこのロボット戦だけで
この先歴史に残る作品になるんじゃなかろうか。



そして敵も倒してメデタシメデタシかと思いきや、
ラストで黒木が今回の作戦でゴーバスターズを利用していたことが
発覚し、一瞬触発の雰囲気に。あわわわわ。

2012031809.jpg



黒木の非情な面もさることながら、
クールで優しいリュウジが実は怒ると見境がなくなる一面が明らかに
なったのがショック。これが次回のストーリーにつながっていくのだね。
いいぞいいぞ面白くなってきたぞゴーバスタ-ズ!
でもこのハードな展開、子供はついてけてるんだろーか(笑)?
オレはついていくけども。


関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/620-0063e186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。