スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハンター×ハンター』 No.340「特命」 感想

2012032002_20120320231709.jpg

2012032004_20120320231708.jpg




ついにこの日が来てしまった・・・・('A`)

というわけでついに休載となってしまった週刊少年ジャンプ2012年16号掲載の
ハンターハンター No.340「特命」の感想と、今回連載が続いた29話のなかで
特に印象に残ったシーンを振り返ろうと思います。





まずは今号のNo.340「特命」ですが、前回の引きからしてクラピカ編がスタート
するのかと思いきや・・・


2012032001_20120320231709.jpg


いきなり登場してきたネテロ会長の息子:「ビヨンド・ネテロ」!
三国志の関羽と張飛が混じったような、あまりにも濃い中華風の風貌で、
「行こう!新世界へ!必ずオレが連れていく!」と宣言。
どうやら前々回ジンが語っていた「この世界の外側の世界」=「新世界」
を巡っての物語が始まるみたいですね。

正直これからは終わりに向かって、未完の伏線(クラピカとかジャイロとか
パリストンのキメラアントとか)の話が進んでいくのかと思っていたので、
まさか新たな舞台、新たなキャラが登場してくるとは。もうビックリ。

でもここにきて新しい大風呂敷を広げてきたからには、冨樫先生も
ハンターを終わらせるつもりは無いということ。
ていうかこの新世界編、舞台があまりにも広大だし、今から10年くらいは
続いてもおかしくないんじゃないか?

新世界を目指すビヨンド・ネテロ。
それを阻止しようと動く十二支ん。
十二支んを抜け、ネテロと共に新世界を目指す(?)パリストン。
そしてネテロとも十二支んとも別に、一人で行動を起こそうとしているジン。
ネテロVS十二支んの様相を呈してきてますが、パリストンがネテロ側に
ついたのがなんとも不気味。
パリストンが有している大量のキメラアントの繭が、この件になに
からんでるような気もするんだが・・・。
さらに会長の遺言からビヨンド・ネテロがいずれ表舞台に姿を表すことを
知っていたようだし、100歳を超えてたネテロ会長の息子にしては
若すぎるような気もするし、息子というよりはクローンなんじゃなかろうか?

などなど妄想はつきませんが、まだ始まったばかりでなんともいえない。
しかもここでしばらく休載というのが、またなんとももどかしい。
冨樫先生の言うとおり、「ヒキがヒキなので」、なんとかできるだけ
早く再会して欲しいトコロ。南無南無。




さてNo.311「期限」からNo.340「特命」まで、29話連載されたわけですが
この間にキメラアント編、そしてアルカ・パリストン編か終わり、
物語としてはかなり起伏があったように思えます。
特にアルカ・パリストン編になってからは十二支、そしてジンが登場したりと、
新キャラも多かったですし。これまでを振り返ってみると・・・



○キメラアント編 完結
20120320_225731_20120320231708.jpg


いま思い出しても伝説級の、キメラアント編の結末。
コムギがあそこまで重要なキャラになるなんて全く予想できなかったなあ・・・。
結局キメラアント編って、さまざまな愛のカタチを描いたドラマだったんだと
改めて思います。単行本でもう1回読んで泣きたい。



○アルカ登場
20120320_225712_20120320231707.jpg


そのキュートなルックスとお兄ちゃん大好きキャラで、たちまち人気を博したアルカ。
でも「3つの願い」のルールがかなりエゲつなくて当初はどうなるかと思いましたが、
意外にあっさりとゴンは助かり、キルアもアルカも救われてハッピーエンドという
展開は正直ちょっと物足りなかったかも。もっと色々なドラマを期待してたのに。
あそこまでルールがありながら結局キルアの言うことならなんでもOK、みたいに
なっちゃったのも残念。
キルアがゴンの友人ではなく、自分にとっての「守るべきもの」を見つけたのは
これまでのキルアを知ってるだけに感慨深かった。大人になったのねキルア・・・。



○十二支ん+ジン登場
20120320_225607.jpg


最初に十二支んが登場したときは何が始まるのかと思いましたが・・・。
パリストンとジン、そしてチードルだけが目立ってたものの、
残りのメンバーは登場する意味があったのか・・・?
と疑問だったのですが、おそらく「新世界編」で十二支んひとりひとりの
キャラが今後掘り下げられていく予感がしますね。



○カイト復活
20120320_225549.jpg


復活というよりは輪廻転生といったほうが近いのか?
この回は冨樫先生のインフル&腱鞘炎のせいで絵がかなり荒れていた
ことばかり話題になってたけど、実は魂と贖罪をテーマした話が非常に深く、
特にカイトがコアラに対して「逃げるな」と語る一連のセリフにはすごく
感動しました。この回も単行本で読み返したい話(絵はちゃんとなってるのかな?)。



○ゴン復活!
20120320_225619.jpg


そして忘れちゃいけない主人公:ゴンが無事復活!
ジンを前にした時のやたら子供っぽくて可愛いゴンが新鮮でした。
この新世界編でも、ゴンはからんでくるのかな?まあ主人公だしね・・・。




というわけで、また次回、連載再開されるその日までしばしのお別れです。
皆様、御機嫌よう (`・∀・´)ノシ

(あ、ブログはまだ続くよw)




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Im sorry, I late to give a comment!! (;3;)ノ

ふあーーー!!こわい!!
S-so, that man.... He was really, son of Netero? (っ・w・;|||)

Re: タイトルなし 

> Hozumi san

Thank you for your comment!

Don't worry about it.
I'm very happy you watch my brog! ( ^ω^)

Netero's son is very flashy looks!
Is he the great charisma or terrible devil?

Oh, I want to read next chapter early! ヽ('A`)/

 

えへへー(*ˊワˋ*)ノ

Uh, yes, of course...。
I think he's terrible devil。 (つ・ω・;)

私もー!(*ᗒᗊᗕ*)ノ

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/621-93f82e77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。