『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission5 感想!

20120325_161822.jpg




特命戦隊ゴーバスターズ Mission5「キケンな熱暴走!」。


リュウジ兄さん、まさかの二重人格。





ついに明らかになったリュウジ兄さんのウィークポイント「熱暴走」。
長時間パワーを使い続けるとダウンしちゃうのかと思いきやその逆で、
身も心も凶暴化、FFでいうところのバーサク状態になっちゃうことが判明。
敵怪人を前半パート、一人であっさり倒しちゃうバーサク兄さん、
直接見せてないけど止めを刺すのに背中に刺さったナイフをグリッと
ひねるトコロがなかなか鬼畜。

2012032602.jpg



暴走は止まらず、ヨーコにも手を出しかけてしまうリュウジ。
でもヨーコを殴らなかったってことは、暴走状態でも一応記憶は
残ってるっていうことなのかな?うまく力を制御できないってだけで。

2012032607.jpg



普段温厚なリュウジとのギャップにショックを受け、泣き出しちゃうヨーコちゃん。
その後も司令官の命令を受けたときに、「やだー、ワタシもう戦えない~」みたいなこと
言ったらイラッときただろうけど、涙を拭きながら一人戦場へ向かうヨーコの姿は
ちょっとグッときた。

2012032608.jpg



ニックやウサダからすっかりKYな奴として扱われ、ちょっと拗ねるヒロム君(笑)。
ヒロムたちにとってバディロイドは友人というよりは保護者的な存在みたいだ。

2012032605.jpg



自分の「熱暴走」のことをみんなに知られてしまったリュウジ。
でもその後のヨーコとの和解シーンでは特にリュウジはヨーコに謝らず、
「これがオレなんだ」と述べる。
ヨーコもまた今まで自分のウィークポイントを隠し通してきた
リュウジの思いを汲み取り、謝罪も要求せず、振り切るかのように戦いへ望んでいく。

2012032606.jpg
2012032611.jpg



いくらでもウェットな展開にできそうなのに、あえてそうせず
ドライに描ききることで、リュウジとヨーコの深い信頼が浮かび上がってくる。
なんというかゴーバスにとどまらず、小林靖子さんの脚本に登場するキャラって
みんな「大人」のような気がする。そこがまた小林作品の魅力なのかもね。


そしてロボット戦。
今回はバスターアニマルRH-03ラビットが登場。
素早い動きで敵を攻撃し、耳をドリルにして地面にも潜れる粋なヤツ(笑)

2012032609.jpg



ラビットの後ろ蹴りで吹っ飛んだ敵メカがゴーバスターエースに激突!
はじめてゴーバスのロボット戦でコミカルな演出を見たような気がする。
前回が特にハードな戦闘だっただけになおさらそう感じるのかも。

2012032610.jpg



次回は敵が司令部に侵入、そして3体合体のゴーバスターオーがついに登場!
これは楽しみ!

2012032612.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/623-3175fac0