スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission8 感想!

20120415_184629.jpg




特命戦隊ゴーバスターズ Mission8「マシン設計図を守れ!」






ブルーバスター:リュウジと高校時代のクラスメイト・カズヤの再会と葛藤、
そして新バスターマシン設計図を巡っての攻防戦が展開された今回。


2012041505.jpg
2012041501.jpg


普段ヒロムとヨーコに見せる優しい兄貴の顔、
友人の裏切りに対して見せた熱い怒り、
そしてたった一人でドリルロイドをねじ伏せた実力などなど、
全編通してリュウジ兄さんがとにかくカッコよかった。

あとドリルロイドの「人間かキサマ!?」と言われたときに
リュウジが返した「だぶんね」という言葉が切なかったなあ。
13年前の事件によって人外の力を得た代わりにエンジニアの夢を捨て、
戦いの運命を受け入れざるを得なかったリュウジの万感の思いが
込められている気がした。




2012041503.jpg


エンターはすっかりコスプレ要員になってるな(笑)。
ゴーバスターズの宿敵であるエンターだけど、シリアス面の強い
ゴーバスターズの物語を和らげるコメディ役にもなってる。
エンター役の人もかなり楽しんで演じてる感じが出ててイイ。




2012041504.jpg


さて今回あちこちで物議を呼んだラスト。
結局カズヤのせいで新バスターマシンの設計図はエンターに奪われたのに
ハッピーエンドっぽく締めちゃったのは確かに見てて違和感が残った。

バスターマシンの設計図という人類の存亡が掛かってる機密データを盗んで
エンターに渡しておきながらまたエンジニアとしてやり直したいとのたまう
カズヤに同情の余地は全く無いし、それ以前にもうエンジニア永久追放だろ。
そしてバスターズも完全に任務失敗してるのに特に悔しそうな顔を見せなかったし・・・。

もちろんこの新バスターマシンがヴァグラスの手に渡ったことが
今後の物語の伏線になるんだろうし、ひょっとしてカズヤがまた登場して
汚名挽回な展開になるのかもしれないけど、せめて少し設計図を盗まれた
ことに対する感情や緊迫感を見せて欲しかった。
どう考えても小林靖子サマらしからぬ脚本のミスなんだけど、どーなのかなー?



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/631-03ae6372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。