スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーペンハウアー『幸福について』がいま売れてるらしい

20120521_221412.jpg



ひきこもり最高!
人づきあいとかマジ面倒くせえ!
名声とか名誉とか超ダサい!
夢見てねーで、足るを知れ!

「ショーペンハウアー、オマエはオレか!」と言いたくなるような喪男全開の幸福論。




20歳の頃に読んだ時はピンとこなかったけど、
三十路になった今読むとやたら心地よく言葉が身にしみる。

もちろん自分も歳をとって色んな経験を経たから、というのもあるけど、
リア充と非リアの格差は広がり、不景気で金は無い、先行き不透明で未来に希望が持てない、
こんな閉塞感ただよう今だからこそ、あくまで個人個人の幸福を追求しようと呼びかける
ショーペン先生の言葉がしっくりくるのだろう。

下手な自己啓発本を読むくらいなら、この一冊を繰り返し読んだ方がよっぽどいい。
特に5章の「訓話と金言」は色々生活のヒントになる言葉がいっぱい。

でも忘れちゃいけないのは、これはあくまでショーペンハウアー自身の「幸福論」。
結局ここに書かれているのは、孤独で人ぎらいなショーペン先生自身の自己肯定で、
いわば「みんなオレみたいに生きろ!オレ最高!」って言ってるだけともとれる。

いくら「孤独であれ」と言われたって、オレみたいな凡人がひとりぼっちじゃ寂しいしツラい。
「嫉妬は罪悪だ」と言われたって、街でイチャつくカップルを見ると「死ね!」とつぶやいてしまう。

だからこの本読んで
「これはそうだ、でもこれは違うと思う、これは無理だからせめてこうやって自分なりにやり過ごそう」
なんてあれこれ考えながら、自分でできる、自分だけの幸福論を探していくのが一番イイ読み方なんだろうな。

そういえばショーペン先生も別のところで
「読書とは、他人にモノを考えてもらう行為である」なんて言ってたりして
センセイったらホント嫌味。






やっぱり名曲。



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

新幹線男。 

勿論ショーペンハウアーは大好きですよ。

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/649-a917e1bb

まとめtyaiました【ショーペンハウアー『幸福について』がいま売れてるらしい】 

ひきこもり最高!人づきあいとかマジ面倒くせえ!名声とか名誉とか超ダサい!夢見てねーで、足るを知れ!「ショーペンハウアー、オマエはオレか!」と言いたくなるような喪男全開の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。