スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission16 感想!

20120610_174343.jpg




特命戦隊ゴーバスターズ Mission16「亜空間から来た男」の感想です。






前回、亜空間からやってきた変人コンビ:陣マサト&ビート・J・スタッグの正体は、
陣は亜空間にいる本体の分身として人間世界に転送された「アバター」、
そしてビート・J・スタッグは陣を人間世界に送り届けるための目印「マーカー」であることが明らかに。
とりあえずあの「マトリックス」でネオ達が人間界から仮想世界(マトリックス)に転送されたのと
逆パターンと考えればいいのかな。

実際今回ミサイルの爆発に巻き込まれても陣もエンターも生きてたところを見ると、
人間界で何度やられてもしょせん分身だから陣はいくらでも復活できるみたい(そしてエンターも)。
こう書くと、ますます「マトリックス」のエージェント・スミスっぽい二人だな(笑)。
もっとも陣が転送されるにはエネトロンが必要で、かつビート・J・スタッグがいないと
人間界にたどり着けないという制約もあるけれど。

そしてついに登場したビートバスターとスタッグバスターの乗る新メカ、
「BC04 ビートル」と「SJ-05 スタッグビートル」。

2012-06-10 18.06.23



カブト&クワガタらしく、敵のエネトロンを吸収して奪うというのが斬新(笑)。
事前に紹介されていた時はビートルの方がどうしても目立ってたけど、こうしてみると
ジェット機が変形するスタッグもなかなかカッコよい。
ただビートルのロボットへの変形は次回に持ち越しか。

亜空間に転送された陣以外の人々の行方は結局わからないままだけど、
ラストで生存の可能性をほのめかして終わった今回。
陣がなぜリスクをおかしながらも人間界に現れたのかも、そのあたりに
目的があるんじゃないかと思うんだけどなー。それもおいおい明らかになっていくんだろう。




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/657-5a4180ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。