スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ公開迫る!バットマン最新作 『ダークナイト・ライジング』

2012061002.jpg




7/28、ついに来るゾー!











バットマンとジョーカーの壮絶な死闘を描いた世紀の大傑作「ダークナイト」の続編、
「ダークナイト・ライジング The Dark Knight Rises 」の公開が7/28とのことで
いよいよ近づいてきましたヨ!








今作の「ダークナイト ライシング(以下ライジング)」の敵はマスクの大男「ベイン」。
日本人には馴染みが薄いうえに、北斗の拳でケンシロウにすぐヤラれちゃいそうなそのルックス。
前作の「ダークナイト」のジョーカーがあまりにも強烈なキャラクターだっただけに、
ベイン大丈夫かいなと思ったけど、原作では知性が高く、バットマンの背骨をヘシ折って
引退に追い込んだかなりの強キャラなんだとか。

ストーリーはベインが登場した原作「Knightfall」シリーズをベースにしているようで(私は未読)、
「ベインがアーカム収容所から囚人を脱走させ、その対応にバットマンを引っ張りだし、
事態の収拾でバットマンが疲れたところを狙ってバットマンを倒す」という原作の流れは
予告編でも随所にそれらしいシーンが確認できる。

ただその後、原作ではベインに背骨を折られてブルースはバットマンを引退、
代わりに新たな二代目バットマンが登場して最後にベインを倒すのだけど、
さすがに映画ではブルースが途中で引退しておしまい、てなことにはならないだろう。
あるいは予告編で登場してる若い刑事が二代目バットマンになるのか?

あとバットマンといえば夜の闇と共に現れ、孤独に闘うダークヒーローだっただけに
「ライジング」の予告編で、バットマンが白昼の街中で大勢とともにベインと闘うシーンがかなり印象的。
バットマンがついに表舞台に登場し、人々のシンボルとして仲間とともに闘うことを選ぶのか?
これがタイトルの「ライジング」につながるのか?などなどもう気になるトコロ満載。

個人的にこの2012年は「ダークナイトライジング」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」が観れるのを
心の支えにして生きておるのですが、ヱヴァの方は6月を過ぎても公開日が明らかにされないあたり
なんだか雲行きが怪しくなってきており(泣)、もはや期待できるのはこの「ライジング」しかありませぬ。

シリーズのパート3は駄作に終わるジンクスを、果たしてこの「ダークナイトライジング」は
打ち破れるのか、上映時間2時間45分(!)というこの夏の超大作に、そなえよつねに!




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/658-e381b2c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。