スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission20 感想!

2012-07-08 16.10.51



特命戦隊ゴーバスターズ Mission20「5体結集!グレートゴーバスター!」 の感想です。






サブタイトル通り、全バスターマシン5体がついに合体した新ロボ「グレートゴーバスター」が登場した今回。初見のときはずいぶん思い切ったフェイスデザインにばかり目がいったけど、実際に動く姿を見ていると顔はそれほど気にならなくなってくる。それよりも3体合体のゴーバスターオーとは違い、さすがに5体合体となると体全体のこの重々しいゴテゴテ感!さぞ実際のスーツも重いに違いない。こういうロボットのスーツアクターさんは毎年とロボの合体数が増えていたびに憂鬱になってるんじゃなかろーか(笑)。ロボのスーツアクターさんは等身大戦と比べると目立ちにくいけど、もっと評価されていいはず。

前回のバスターヘラクレス初登場に引き続いてのグレートゴーバスターだっただけに、これじゃヘラクレスの印象が薄くならない?なんて思っていたけど、グレートの方はあくまで「亜空間での戦闘に特化したロボット」という位置づけであり、その上メイン操縦者のヒロムに多大な負荷をかけてしまうという制約もあるため、どうやら通常の地上戦はいつも通りゴーバスターオー&バスターヘラクレス、そして亜空間での戦闘はグレートゴーバスターという形の役割分担になりそう。エンターが最後に「この手(=人間世界へ擬似的に亜空間を作り出すこと)は今後も使いましょう」って言ってたし、亜空間でのバトルは今後も続いていきそうだ。

2012-07-08 16.19.31

2012-07-08 16.18.16



さて、今回のメインはグレートゴーバスターだったけど、そこにヒロムの精神的成長をからめることで物語に深みを与え、非常に感動的な展開となった。フィルムロイドによって生き別れになった家族の幻を見せられ、戦意を喪失してしまうヒロム。序盤の司令部に来たばかりの唯我独尊なヒロムなら、きっとそのまま家族の幻にしがみついていたかもしれない。しかし今は違う。ヒロムの最も弱い部分を突いたフィルムロイドに対して怒りを爆発させるリュウジとヨーコという仲間の存在。そしていま現在不眠不休でグレートを開発中のマサトや司令部の隊員達。そんな彼らの「絆」の描写があったからこそ、ヒロムは「俺には帰らなきゃいけない場所がある!」と自力で家族の幻を断ち切ったシーンに強い説得力が生じた。そしてヒロム自身が己の弱さに気づき、それを克服したからこそ、グレートゴーバスターを操縦できる精神的な強さを勝ち得たというこの展開。人間のドラマをしっかり新メカ登場に結びつけたのはさすが小林靖子サマ、相変わらず上手い。

2012-07-08 16.06.59
2012-07-08 16.09.01


ついに完成したグレートゴーバスターが発進するシーン。バスターズの5人が揃ってグレートに向かって走り、黒木司令官の「グレートゴーバスターの発進を許可する!」とともに徹夜で頑張ったエンジニア達が全員で了解!のポーズを決める、この一連の流れのテンションの高まりは異常。もうこれ最終回レベルの高まりじゃん(笑)。ありがちなシーンではあるけど、やっぱり泣ける、燃える。これで燃えなきゃ男じゃねえぜ!ああ、あとその前の黒木がマサトとエンジニアたちに向かって「みんな徹夜で疲れているだろうが、もうひと頑張りしてほしい」の言葉も何気にグッときたなあ(俺がサラリーマンだからかな?)。今回の裏MVPはクロリンだったんじゃないか(笑)。それくらい、久々に黒木さんがカッコよかった回でもありました。

2012-07-08 16.08.11



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

こんにちは 

いつも拝見しています。
ろくでもないテレビ番組の洪水の中で、サブカルがんばってますよね。
ゴーバスは、エネルギー問題という重たいテーマで発進しただけに、視聴率とかで苦労しているようですが、名作になると思います。
特に今回の、陣マサトが初めて司令部で公式デビューした意味はドラマ中では大きいと思います。
ヒロムもはじめて年齢相応の姿を見せて、かわいいと思いました。
毎回楽しみです。

Re: こんにちは 

>ラピュタ さん

いつも見てくださってありがとうございます!

そうか、言われてみればMission20でマサトははじめて司令部に入ったのか。
グレートゴーバスターで5体合体も果たし、ついにマサトとJも正式にバスターズの一員となったわけですね。

序盤のゴーバスは登場人物もみんな真面目でシリアスな展開も多く、子供にはちょっと重めかな〜と心配してたのですが、マサトとJの登場によって、物語が一気に明るさと軽さが増しました。またマサトとヒロム達のやりとりを通して、ヒロム達のキャラクターがより掘り下げられて親しみやすくなりましたし、ゴーバスにとってマサトとJの投入は大成功だったと思います。
ゴーバスはこれからもっと面白くなる!小林靖子サマならやってくれる!と信じてます。



トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/668-8eefb1f9

まとめtyaiました【『特命戦隊ゴーバスターズ』 Mission20 感想!】 

特命戦隊ゴーバスターズ Mission20「5体結集!グレートゴーバスター!」 の感想です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。