スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gamekids meet Love! 押切蓮介『ハイスコアガール(2)』

20120708_213132.jpg



1990年代、ストⅡをはじめとした格闘ゲーム全盛の頃に青春を過ごしたワタシにとって、この押切蓮介「ハイスコアガール」は懐かしくもどこか切ないマンガである。


20120708_215532.jpg





ストⅡ、餓狼伝説、サムライスピリッツ、ヴァンパイアハンター・・・カプコンとSNKが次々と繰り出す格闘ゲームに夢中になったワタシ達。毎日放課後ゲーセンに繰り出してはキャッキャッと遊び倒していたあの頃、集まるのはワタシのような今で言う非リア充男子ばかり。女の子とはいつだって無縁、それどころかゲームに夢中になる僕らはいつも女子から軽蔑の眼差しで見られていたもんさ。一緒にゲームに付き合ってくれる女の子なんて存在しなかったし、僕たちもそんな女の子がいるなんて全く考えもしなかった。別にそれで構わなかったし、男同士で遊んでる方がぜんぜん気楽だったけど、それでもお年頃の男子、心の片隅のどこかで「あー、一緒にゲ-ムで盛り上がってくれる女の子っていないかなー」なんて思ってしまったりもした。きっと全てのゲーマー男子なら、誰しも一度はそんなこと妄想しちゃう瞬間があったはず。

そんなかつてのゲーム少年だったであろう押切蓮介センセイが描く「Gamekids meet Love!」な90年代アーケード・ラブコメディー、それがこの「ハイスコアガール」なのだ。

ゲームに夢中なバカ小学生:ハルオと、凄腕のゲームプレイヤーで無口でワガママなお嬢様:大野さんとの淡い初恋と別れが描かれた第1巻。そして先月末に発売された第2巻では中学生編に突入し、新ヒロインの小春ちゃんが登場。真面目で人づきあいが苦手な小春が、相変わらずゲームに夢中で自由なハルオに次第に惹かれていく過程が描かれる。ひたすら無口な大野さんと違い、小春ちゃんはちゃんと喋るので(笑)わかりやすく、小春ちゃんの片思いっぷりに胸がキュンとなるシーンも多々。

2012-07-08 22.11.34



しかし2巻後半、中学3年生になったハルオと小春の前に、再び大野さんが帰ってくる。ハルオと再会するもどこかぎこちない雰囲気で何を考えてるのかわからない大野さん。しかし2巻ラストで大野さんが決してハルオを忘れていなかったことが明らかになり、いよいよラブコメの王道にして華、三角関係に突入していく予感。
(しかしゲームやってるだけなのに二人の美少女(しかもゲーム好き!)に好かれ、しかもそのことに無自覚なハルオ・・・・・・憎い、オレはハルオが憎いッ!)

2012-07-08 22.08.16



それにしても、押切センセイの描く美少女は本当に可愛い。頬の柔らかさ、表情の色気、そしてどこか儚さの漂う瞳・・・まさに押切センセイにしか描けない美少女だと思う。ひそかに本作のアニメ化を希望しております!




関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/669-de83ca2b

まとめtyaiました【Gamekids meet Love! 押切蓮介『ハイスコアガール(2)』】 

1990年代、ストⅡをはじめとした格闘ゲーム全盛の頃に青春を過ごしたワタシにとって、この押切蓮介「ハイスコアガール」は懐かしくもどこか切ないマンガである。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。