スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ももクロ夏のバカ騒ぎ IN 西武ドーム』へ行ってきた!

20120810.jpg



行ってきたよ・・・。

8/5(日) ももいろクローバーZの西武ドーム講演!


2012-08-05 15.40.07





ここ最近雑誌やTVでの露出も増えており、いよいよ本格的にブレイクしはじめた感のももクロ。ワタシはお笑い芸人のキングオブコメディのパーケンこと高橋健一のあまりに熱狂的なももクロ最高トークから興味を持ち、周囲からすすめられて聴いた「いくぜ!怪盗少女」で見事にヤラれ、ライブ動画を観てなるほどこれはスゴいと思い始め、試しに買ったアルバム「バトル&ロマンス」の全編名曲というその完成度に唖然となり、クイックジャパンのももクロ特集を読んでメンバーの5人にがぜん興味がわき、ハロプロ好きのワタシもこれは一度ももクロを生で観なきゃならんのじゃないかと思いながらも、いまや人気急上昇とともに熾烈となったチケット争奪戦に入り込む度胸も無く、日々悶々としていたところに私のツイッター仲間である雅趣さんから「西武ド-ムのチケットあるけど行く?」という神のごときお誘いを受け、これはもう「乗るしかない!このビッグウェーブに!」と頭をモヒカンにするがごとき覚悟を決めて、ももクロの緑こと有安杏果ちゃん推しの緑Tシャツを着こみ、8/5早朝の新幹線で一路、滋賀から東京へ特攻したのである。

雅趣さんとの待ち合わせ場所である池袋へ向かう電車に乗り込むと、いきなりワタシの目の前に緑色のももクロTシャツを着たモノノフ(=ももクロファンのこと)が! 思わずお互い目が会うと、「ほう、君もか・・・」とニヤリと笑うモモノフさん。さらにその後赤とピンクのモモクロTシャツを着た男女グループがワイワイと乗り込んできたり・・・。東京はすでにモノノフ達に占拠されている・・・・!

東京何かの容赦無い炎天下の東京で無事雅趣さんと落合い、最寄駅の西武球場前行きの電車に乗る。電車はすでにモノノフ達で埋めつくされており、混雑した車内で漂うただならぬ熱気にクラクラしながら「開場2時間前でこんなに電車が混んでるんだから、こりゃ今日のライブはすごいことになりそうだなあ」なんて思ってたワタシは、西武球場駅に降り立った瞬間、そんな想像がどれだけ甘かったかを思い知ることになる。


2012-08-05 15.21.07
2012-08-05 15.25.29
2012-08-05 15.27.56



なんじゃこりゃあああああああ!


西武ドーム周辺を埋め尽くす人、人、人の波!各人が着込んだ赤黄桃緑紫のTシャツによって色とりどりの花畑のようにさえ見えてしまう。本当に歩くのも一苦労するくらいの大騒ぎ。本日の西武ドームに来場した観客、3万8000人。いや、ももクロ人気のことは聞いていたけど、実際この場にいる人の数を目の当たりにして、ももクロがはもはやこんな次元にまで来ているのかということを肌で実感。

そして会場入り。球場って広いんダナー。一応モニタはあるけどこれじゃ舞台上のももクロちゃん達は点にしか見えないなーと思ったら雅趣さんがオペラグラスを貸してくれる。何から何まで本当にすみません。ドームなので直射日光は当たらないものの、じっとりとまとわりつく暑さと汗をふきふきしつつ、ライブ開始を待つ。

2012-08-05 15.52.57



17:15、ついにライブ開始。冒頭、吉田兄弟の三味線演奏から始まり、登場はまだかまだかと観客をジラしつつ、ついに登場した面&袴姿のももクロ5人衆。三味線の音色とともに舞った後、面と袴を脱ぎ捨てるや「CONTRADICTION」からスタート。もうすでに杏果ちゃんが泣いている(笑)。そこから先はもう怒涛のももクロナンバー。新曲の「ニッポン笑顔百景」も初披露。ゲストになぜか林家ぺー&パーが登場したのはいいがペーの声がガラガラで全く聞き取れねえ(笑)!一瞬いなたい雰囲気になるも次にまたまたゲストに松崎しげるが登場しておなじみ「愛のメモリー」を高らかに歌い上げ(正直、しげるの生歌を聴いたときはかなり感動した)、12/24&25のクリスマスイベント決定の報で一気に盛り返した後はまさかの「サンタさん」でうおおおおお!となり、スクール水着&スカートというヘンテコな(笑)ももクロちゃん達が「スターダスト」を歌いながらゴンドラに乗ってスタンドの観客席を回って手を降ってくれたり、「ココ☆ナツ」のBGMにのせて高いクレーンに乗って観客席に放水して舞台前のアリーナ席をビショビショにしたりの大騒ぎ。暗転した開場の中でアンコールとともに揺れる数万のサイリウムの美しさに見とれ、再登場したももクロにまたまた熱狂、3時間以上歌って踊って笑ってバカ騒ぎしたももクロ5人、最後は涙涙で感動の幕切れ。


いやー、確かにすごかったっす、ももクロ。

ももクロの彼女達を観て思ったのは、この娘たち本当に健気だなーということ。確かに可愛くて歌も踊りもうまい、でもそれだけではももクロの魅力の半分も語れていない気がする。ルックスやライブパフォーマンス以上に、本当に新参の新参者であるワタシにさえ伝わるくらいの、彼女たちの観客に対するどこまでも真面目で健気に頑張ろうとするひたむきな姿勢、そこが魅力的なのだ。今回の西武ドームでも少しでも遠くの席の観客と触れあいたいからとメンバー全員で企画を考え、360度の舞台と球場中を走り回った彼女達の姿には口だけじゃない、嘘も打算も無い、ガチのサービス精神が感じられた。だからライブ最期でメンバーが流した涙にも素直に感動できるし、この娘たちをもっともっと応援したいと思えるし、男だけでなく女子からの人気が高いのも、さらには箱推し(メンバーの誰かではなく全員が好きというファン)が多いのも、そういった彼女たちのスタンスに惹かれるからなんだろうな。

それにしても、ももクロがここまで台頭してくると、ハロプロやAKBなど他のアイドルグループ達もうかうかしてられない。正直ももクロによって、今後アイドルに要求されるモノ(歌や踊りのパフォーマンスに加え、ファンサービスや観客との共有体験、ストーリーの作り方などなど)のレベルは間違いなく上がっていくように思う。これからのももクロの活躍にももちろん期待大だけど、それ以上にアイドル業界全体がももクロの登場によってどんな風に変わっていくのかにも興味がわいてくる、そんな西武ドーム、ももクロ夏のバカ騒ぎでした。

貴重な機会をあたえてくれた雅趣さんに、並々ならぬ感謝を。




【1発KOのキラーチューンにヤラれろ!】



【彼女達の可愛さにヤラれろ!】



【胸が熱くなる歌にヤラれろ!】






関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

お疲れ様でした 

もう、私に出来る事は無いようですね…フフフ

SSAでまた会おう!

Re: お疲れ様でした 

> 雅趣さん

本当にありがとうございました!
いえいえ、まだまだよろしくお願いしますよ〜
また、ももクリで!

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/680-c597fcda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。