スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上に楽しめた! 映画『るろうに剣心』 感想

20120826_162044.jpg




観てきました「るろうに剣心」実写版 (`・ω・´)。









いや、頑張った。よく頑張った。
人気マンガ原作の実写化という高いハードルを相手に、よくここまで善戦したよ本当に。


まず剣心を演じた佐藤健が役にバッチリハマってた。優男なルックス、華奢な肉体、憂いのある眼差し。マンガとはまた少し違う、現実にいたらきっとこういう感じなんだろうなという剣心を体現できてた(まあ「おろろ」「ござる」といった原作通りの口調は違和感あったけど)。この佐藤剣心が観れただけで、この実写化の価値はあったかも。

話のプロットは武田観柳編をベースに、敵役に鵜堂刃衛を中心に据えた形で進む。原作の各編のエッセンスを抽出した上で映画オリジナルの脚本に練り直したのは正解だったと思う。剣心の登場、ヒロイン薫との出会い、剣心の人斬りの過去(後ろ姿だけだけど巴も登場)、武田観柳邸への殴り込み、そして鵜堂刃衛との決闘まで、2時間ちょっとの映画の中によくこれだけのエピソードをテンポよく詰め込んだもんだと感心。なによりるろ剣のテーマである「人は変わることができるのか、過去の罪を贖うことができるのか」というテーマがきちんと物語に生きていたのがよかった。原作の観柳編で登場した人気キャラ:四乃森蒼紫は登場しなかったけど、このボリュームなら、それもしゃーないダロ。

剣心以外のキャストについては、もう過剰なほどノリノリで演じてた香川照之演じる武田観柳がインパクト圧勝(笑)。特に原作でも登場したガトリングガンのシーンの悪ノリっぷりは必見。江口洋介演じる斎藤一も雰囲気出ててなかなかよかったけど、アクションシーンは少なめで、おなじみの必殺技:牙突が1回しか出てこなかったのが残念(しかも人間相手にじゃなく、シャンデリアに対して・・・)。綾野剛演じる外印(パンフ見るまでは般若だと思ってたw)の短刀での殺陣もキレキレでカッコよかった。

そして「るろうに剣心」の要ともなる剣撃アクションだけど・・・剣や動きの「速さ」はすごく出てたけど、剣撃の「重さ」が足りなかったような気がする。剣心の飛天御剣流は神速だけでなく、速さから生まれる剣撃の威力もまた一つの要素だとワタシは思っていたので、映画を見ててなんか軽いなーという印象を持ってしまった。あとアクション中に剣心がひたすら動き続けるせいなのか、かえって何が起こってるのか、剣心がどう人を斬っているのかが終始わかりにくかったのも残念。リアル指向もいいけれど、せっかく時代劇なんだからもう少しひとつひとつの動きにタメがあってもよかったのでは?

ワタシの青春時代ド真ん中なマンガが原作だったので、観る前はかなり不安というか正直あんまり期待してなかったけど、制作陣がちゃんと「るろうに剣心」の原作をリスペクトしていると感じられたし、この出来ならワタシとしては文句はない。十分及第点だと思う。続編作ることを許してやるぞ、つか作れ、作ってくださいお願いします(土下座)。2作目は「志々雄真実&四乃森蒼紫」編、3作目は雪代縁&巴の「人誅編」でいけば綺麗に3部作になりそうだし、期待しております!




剣心がせっかく人斬りの過去を捨てて真人間になろうとしているのに、足を引っ張る斎藤と刃衛の構図。映画見てて剣心が不憫に思えてきたのも事実(笑)

20120826_155227.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://utsurome.blog23.fc2.com/tb.php/687-1b21de7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。